<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ご近所めぐり

b0057679_8285660.jpg
昭和
友達のブログで昭和レトロと銘打った写真が載せられていたので、こちらも

私の人生、昭和の方が平成より圧倒的に長いので昭和に対して懐古的なイメージはまるで無い、住んでいるところも昭和のままだし(笑)

仕事柄色々と昔を模したデザインも関わってきたが、レトロという言葉は体験的に知っている風俗・文化に反応するのでは、なぜならば明治あたりになるとレトロという感覚が無くなる、現在の生活に何処かで繋がっているところが一種のタイムカプセル的な意識のショートカットが行われる面白さだろう

何処にでもある風景で写真的には「?」である、こんちゃんと言う名も遙か彼方へ、小さいときに一番面白かったお笑いタレントがこんちゃんこと大村昆である、番組的には「番頭はんと丁稚どん」がたまらなく面白かった

中でも芦屋小雁の細かい演技が大好きだったが、スポンサーが狸が出てくる便秘の薬と言うところも時代を感じさせる、その後「やりくりアパート」や「とんま天狗」と全国区へ躍り出たが、急にお笑いから姿を消してしまったのが非常に寂しい

昔、梅田の映画館の幕間に寸劇をやっていたのがこの番組の始まりで生でお芝居をみている、一番最初にいとこいさんが大きなサイレンを持って「う〜う〜」とバカでかいサイレンの音を鳴らし登場する、幕前に現れちょっとしたコントをやってから幕があいた

調べて初めて知ったのだが、有名なオロナミンCの宣伝だが阪神ファンだった大村昆は巨人編の次に阪神編を作るという約束で出演したらしいがずっと巨人ばかり、確かにあのころの巨人は異常に強かったことが認めるが・・・今だったら直ぐにタイガース編を作るやろなあ

このお好み焼き屋が気になったのは、こんちゃんもそうだが下の「発長芽」という言葉、最初「長」が付いているので日本酒か何かの名前かと思ったがどうもそうではなさそう、頭のなかで「はつながめ」「はっちょうが」「はつちょうめ」と繰り返していたら、「電球!」(←電球のカットを連想されたし)

早速町内の地図を調べたら「ピンポン」で正解は「8丁目」でした、答えを見つけた瞬間あまりのバカバカしさに腹が立ってきたのであります

局番が3桁というのも時代を感じさせるが、その割にはテントが痛んでいないのが不思議?西向きなのでもっと退色しているはずなのだが、あまり汚れていないのは時々クリーニングしていると傾斜角度が垂直に近いからと思われる

b0057679_828581.jpg
『もさくとまいまい』猫も朝食を済ませると軽い朝練の取っ組み合いが始まる、その後とんでもないことになるのだがバカデジでは勿論撮影不可能で、ストロボとかなりの動体視力と反射神経が無いと撮影できなくなる
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-09-30 08:41 | 写真 | Comments(3)
b0057679_98199.jpg
秘め事
本当に久しぶりの雨宿り、朝食が終わったら上手く雨がやんだのでいつものウォーキング、途中でウウウ〜カンカンを見学し、公園に着いたら突然の雨、空を見ると結構明るかったので公園で犬仲間と雨宿りというわけ、10数分で上がり殆ど濡れずに帰宅、どちらかというと私のシャツは汗で湿っておりました

政府が変わるとこうまで変わるのかと思われる一つがこれ、岡田氏は野党時代から追求していたが、以前から既成の隠し事として代々葬られてきた、これからの外務省の対応が見物だが条約相手のアメリカが認めていることをずっと隠していることの方が不思議

密も「あんみつ」だの「蜜豆」だの甘味処なら楽しみなのだが、これが「密使」や「密議」「密約」「密売」「密会」「密書」・・・になるとろくなことはない

これが個人の趣味ならば楽しみもあろうというものだが、国同士となるとはなはだ問題である、秘めておくなら何も残らないようにすればよいものを、「密約」という限り表沙汰に出ない条約として結んでいるところが「?」

書類に残せば発覚するおそれがある訳で、1960年の日米安全保障条約改定の際に「核の持ち込み」は橋本を始め小渕には伝えられていたことが明らかにされているが、ずっと外務省は否定してきている

テレビの政治系バラエティに出てくるどうしようもない売名行為の政治家達はあまりにもレベルが低すぎるのだが、なかでも元与党の自民の議員達の発言がひどい、先日までの勢いは何処へやら民主党政策に賛成する議員も現れる始末

この密約問題も、今までの全否定から一転して「発表したかったがどうしようもなかった」から「それはそれで密約は必要だった」などの肯定者まで、バラエティに出てくる政治家などはこの程度のものなのだろう

一番怖いのは民主右派と自民が結びついて、またぞろアメリカべったりのネオコン族が息を吹き返し、日本国憲法のもう一つの心である「核兵器を持たず、作らず、持ち込まさず」の「非核三原則」が保護にされることである

たちの悪いのはネットアンケートに見られる若者達で、完全に右傾化していて憲法問題も武装問題も極右に近いのが心配なのであります

b0057679_9241542.jpg
『もさくとまいまい』サブのポージング!寝ていたのだが私の物音に気づいて起きてしまった、猫というもの高いところや隅っこがどうも好きなのだが、寝返りを打つと落ちる場所でよく寝れるものである
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-09-29 09:24 | ご託&うんちく | Comments(2)

エコナ問題報告

b0057679_8482498.jpg
企業の対応
花王のエコナと癌についてブログに載せたのが9月17日、新聞に返却に応じると書かれていたので電話で問い合わせ着払いの返却先を聞き送付したのが9月23日、なんと対応の早いことに謝罪文?と商品券が送られてきたのが9月26日と言うから驚異的なスピードである

グリシドール脂肪酸エステル含有の記述は合ったが、癌との関連性には何も書かれておらず、安全性についてはやはり最初と同じで問題ないことを明記していた

エコナの主成分であるジアシルグリセロールがやはり問題で、通常の食用油は数%だがエコナは80%台と圧倒的に多い、そのジアシルグリセロールが中性脂肪の除去に役立つと言われていた、しかしこの主成分が発ガン性物質(carcinogen)を生成するという研究結果が次々と出てきたのだ

販売自粛についてはあくまでも「安心感」のためとだけ書かれている

東京では全国消費者連絡会が25日に食品安全委員会・厚生省・消費者庁・花王を呼んで集会が開かれ新聞やテレビで取り上げられていたが、急いで検査結果を出すとの発言で終わってしまっていた

何年も前から騒がれていたのに、国は最初に「特定保健用食品」のお墨付きを与えていただけに、なんだかいやいや調査をしているような気がしてならない

「体に脂肪がつきにくい」このコピーがくせ者というか出来すぎで、気にしている方なら少し高くても間違いなく手が伸びてしまう、前にも書いたが私自身ダイエットだの健康だのというコピーには頭から疑ってかかるので買うことはまずない

贈答の常連商品のエコナだけに私の場合も頂き物、それを商品券に交換したのはいささか気が引けるのだが、廃棄処分するほどのアホさもない、楽なダイエットにはそれ相応の危険がどうもつきまとうようで、儲け話とまるで一緒ではなかろうか

教訓:ダイエットには「適度な運動と贅沢な食事厳禁」これだけで出来る・・・かな

b0057679_850441.jpg
『もさくとまいまい』何処にでも行ける環境にあると猫や犬の寝床は難しい、ちゃんとベッドルームを作ってもそこで寝るとは限らないからで、前の楽学などはあり得ない場所を探し出しては寝床にしていた

これは犬猫用のバスタオルの収納ワゴンで最近舞々のお気に入りなのだが、面白いことに模作はここに上がることはない
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-09-28 08:53 | ご託&うんちく | Comments(2)

ど快晴の下で

b0057679_9142.jpg
b0057679_912038.jpg
運動会
朝から中百舌鳥まで運動会の撮影係、0歳児がいてるのでお弁当のおかずをフォロー、おかずと言ってもちと贅沢なローストビーフとローストチキン、前日に作り食べるときに薄く切って出したら大好評

買い出しにスーパーへ出かけたら牛肉より鶏肉の方が高いという昔では考えられないくらい輸入肉が安くなっている、おまけにローストと言っても下ごしらえは時間がかかるが焼くのはフライパンという手抜きレシピですが充分すぎるぐらい旨かったのだ

日差しが真夏並みに強烈で午前中は雲一つ無くじっとしているだけで暑い、午後から少し雲も出たがやっぱり暑く家に戻ったらきっちりと腕時計の跡が残っていました、日差しは強烈だが木陰や雲の下では涼しくなるのはやはり9月末

昨年までは運動会とは日曜日と決まっていたのに今年から土曜日、考えられるのは万が一雨が降っても明日の日曜に振り返ればなんの問題もなく父兄が参加できるからでは無かろうか

時代は変わり屋外のグランドといえ禁酒禁煙なのであります、グランドの隅っこの方で見つからないように飲んでいるお父ちゃんを何人か発見いたします(笑)
折角のお休みの運動会参加、テンション間違いなく高く飲まずにいられないからだろう

今朝の散歩で近所の小学校の前を通ったらこちらも運動会、丁度父兄の開門時間だったが並んでいたのは50人も充たない、大阪と堺市の人口増加の差をまざまざと見せつけられたのと、父兄の運動会に対する意識の違いを感じたのであります

ちなみに中百舌鳥の1年生は5クラスでこちらは2クラス、私の住む周辺も高層マンションが次々と建てられているのでもう少ししたら間違いなく増えそう

中百舌鳥ではグランドに出入り自由だが、こちらの学校では校門を入ったところにインフルエンザ用の消毒薬がずらりと並べられておりました

b0057679_927023.jpg

『もさくとまいまい』摸作と舞々とでは行動パターンがまるで違う、雌の舞々の方は冒険心旺盛で少しの隙間を見つけると躊躇無く突っ込んでいく、私が猫用のフェンスに隙間があろうものなら直ぐに飛び出す

雄のサブちゃんは暫くしてから用心深く出てくる、しかし私を見つけると直ぐに戻るのだが、舞々の方は逆に逃げ回るので戻すのに一苦労・・・と言うのを先ほどまでやっておりました
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-09-27 09:15 | 私事 | Comments(3)
b0057679_748418.jpg
意識
先日、箱入りの美味しいシラスを戴きました、ふと摂取量のことがよぎってしまった

少し前に検査で悪玉コレステロール発覚の話を書きましたが、それ以後どうも料理の時にちらりと食品のコレステロール含有量が頭をよぎる(笑)

外でみんなと食事するときはなんの気兼ねもせずに好きなものを注文するのだが、自宅となるとちと問題
その代表が玉子で週3個までとか、以前だと食べたいときは3個ぐらいあっという間で食べてしまう量だ、おかげで出汁巻き玉子だのオムレツを作るのが危なくなってきたのだ

玉子だの肝だの脂っこいものなどは何となく感覚的に理解できるが、尿酸値が高かったときのプリン体と同じで、食品を見ても感覚的に理解できないものがいっぱいある

極端に高いのは玉子を筆頭に、鰻・アン肝・タラコ・和牛(輸入肉は意外と少ない)・鶏の肝

そして不可解なのがアワビ・輸入肉の場合はロースよりもも肉・生のイカにスルメ・蛸・ホタルイカあたり

勿論頂き物のシラスはなんの問題もなかったわけで、手作りの美味しいポン酢で昨夜も戴くことが来ました、残りは小分けして冷凍庫で少しずつ戴くのが楽しみです

気になるのは医者の言葉で「食事療法で悪玉コレステロールを下げるのは難しい」というのが今も頭に残っているのが気にくわないのだ

余録:しらすに「お」を付けるとまるで違ったことになりますな

b0057679_7495998.jpg
『もさくとまいまい』舞々は洗濯物が好きである、干す前の少し湿った衣類の入ったカゴの中で寛ぐ、そのカゴの穴から出ている尻尾にサブがじゃれる

一日の終わりに取り込んだ洗濯物の山、ふと見ると下の方からずるずると潜り込み暫くすると横っちょから顔を出した、結構な山なので重いと思うのだが満足げである
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-09-26 07:56 | うまいもん | Comments(2)

社交→射幸

b0057679_9183338.jpg
パチンコ亡国
私の家を出ると直ぐにパチンコ屋がある、平日の開店前にもかかわらず沢山並ぶ、ひどいときには真冬でも2時間以上前から集まり始める、この風景を見るたびにガックリすると同時に色々と考えてしまう

昔パチンコ屋に並ぶのは日常生活服のおっさん連中と水っぽいおばちゃんが主流だったが、今は20代の若者が多いのが非常に気になっておるのであります

b0057679_934828.jpg何度かこのブログにパチンコの話を書いている、つまり「パチンコ亡国論」、私自身賭け事が大好きで公のものとしては競馬、何故か競輪と競艇はやっていないと言うか人力の場合は博打性が希薄なような

個人的には毎週末の麻雀を筆頭に、カブに本引きに丁半、チンチロリンにブラックジャックにページワン・・・とあらゆるゲームに小銭を注いでいたのだがよくもまああれだけ時間があったものかと今更ながら感心するのだが、それだけ博打というものが面白かったからだろう、勿論余分なお金を持っているわけではなく生活に支障をきたすほどのめり込みはしなかったが

賭け事から遠ざかって久しいが、公の博打のシステムがややこしい、競馬競艇競輪などの国営のものは俗に言う寺銭が25%最初からさっ引かれるいる、私設競馬の飲み屋は寺銭が10%、もちろん違法だが賭ける方としては15%もお得なのでこの商売が成り立っている

賭場というものは昔から所場代(寺銭)は1割だったので飲み屋の方が伝統を守っている、世界的に見ても日本の競馬の25%は異常に高く最初から百円が七十五円の価値しかない訳だ

これが宝くじになると換金率が45パーセントで国の丸儲けになる、サッカーの場合は換金率が確か50%を下回っているので、馬券のようにサッカー券と呼ばずに宝くじと同じ「くじ」と言う呼び方をするらしい

とココまでは一応国が管理しているので国以外は上前をはねることは難しい、よう考えたら競艇なんぞは笹川という民間の賭け事を国が承認していることに?

いまTVCMでも異常に露出しているパチンコだがそれだけ資金が潤っていると思われる、パチンコが人気があるのは勿論換金できるからでゲームとして成り立っているわけではない、この換金が公に認められたものではなく競馬の飲み屋と同じで違法性がある

パチンコ玉→特殊景品→現金買い取り(古物商)→パチンコ屋=3店方式
玉を即換金すると違法なわけでわざわざ面倒なシステムを作り上げているのだが、誰の目から見て違法なことは明かである

問題なのはこの換金システムの組織が警察OBが天下りで運営されていると言われ、表沙汰になってこないらしい、違法なら取り締まるかそれともパチンコ屋での換金を合法として法整備するかの必要がある

なんだったら10円玉を直接打ち上げ当たると100円玉が落っこちてくるような遊器具を作ると誰にでも分かり易いのだ(笑)

平日の朝早くから並ぶ彼・彼女たちの職業が非常に気になるのだが、いずれにしても経済的にも文化的の非生産的行為であることは間違いない

b0057679_919489.jpg
『もさくとまいまい』食事の支度を始めると、どこからとも2匹の猫が飛んでくる、待つ間がたまらないのか私のズボンをよじ登ってくるのがサブちゃん、餌を床に置くと9割方以上右に模作左に舞々で私の食事の時に膝に乗ってくるのもほぼ同じ、非常に不思議である
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-09-25 09:28 | ご託&うんちく | Comments(0)

どつぼ

b0057679_8395722.jpg
パソコン修理
連休なので友達のデザイナーの問題だらけのMacをチェックしに出かけていたのだがかなりの重症!
持ち込んだ色々なユーティティーソフトで修復するもらちがあかず、仕方がないので仕事中のデーターを外付けのHDにコピーしようと作業を始めたが5G弱で5時間の表示?

これは問題なので深夜作業にすることにして帰宅、で次の日の午後私の手持ちのOSの入ったHDを持って再度挑戦、しかし深夜作業がなんのトラブルがあったのか殆どコピーされていない

でも持ち込んだHDは正常に作動するのでとりあえずそちらにOSXをインストールし仕事が出来る環境作りに入る、無事OSも入り問題なく立ち上がり初期設定をすます

お次が何種類のアプリケーションのインストール、最後のインプッドメソッドのATOKのインストールの前に念のために再起動かけたら突然パソコンがクラッシュ!!!!

さあそこからが大変、持ち込んだHDも動いていたもう一つのHDも全て動かなくなったのである、最後はユーティリティソフトを使ってもHDを認識すらしなくなったのだ

壊れたなら買い直せばいいが問題は外付けのHDに落としていない作業中のデーターが、なんという疲労感、今朝の目覚めも最悪でまだひこずっておるのであります・・・・・あ〜あ

今日、Macに詳しい製作会社の友達に色々とご教授願ったのだが、再起動の時に16年目にして初めて聞いた「ば〜ん」と言う音はMacのHDがぶっ壊れるときの音らしい

b0057679_852122.jpg
『もさくとまいまい』ちゃぶ台の上に新聞を置いておくととんでもないことになる、物音がするので私が覗くと少しは申し訳なさそうにしているのだが離れると直ぐに格闘、2匹とも広告の紙が大好きなようである

滅多にデジカメのストロボは発光しないようにしているのだが、余りにも暗いのでフラッシュ、猫の目は日本人と違って独特の色をしていますね
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-09-24 08:59 | 私事 | Comments(2)

天然色

b0057679_8554513.jpg
b0057679_8555915.jpg
カラー写真
あああああああ、あ・・・あ、あ〜あ・・・連休も今日でお終いやんけ

今時写真でカラーという文字は死語なのかもしれない、昔の映画だと総天然色などという凄いネーミングもありまして、カメラのフィルムも「何とかカラー」というのをホン最近まで売り物にしていたような気がするのだが、そのフィルムさえ絶滅の危機に遭遇しようとしている

印刷もテレビも写真もカラーと言うことが当たり前になり、モノクロということが特殊な存在として認識されだした、おかげで写真のプリントでは白黒写真の方が高いという逆転現象が起きてしまっている

かっての印画紙のモノクロ写真を再現すべく、黒系の色が何色もあるプリンターが販売され、それ専用の用紙が1枚千円前後したり、モノクロも大変なのであります

小学校の記憶では水色からきみどり色が好きだった、中学時代は今で言う社会主義リアリズ全盛期で素朴な写実と民衆をテーマにした絵画多かったが、やはり暗いのでだんだんと廃れてしまったがその時はモノトーンが好きだった

大学で美術をお勉強する頃はアメリカンポップ全盛期、今まで赤色とかに抵抗感が合ったが現代美術に傾倒するする間に、誰もやらないこと目立つこと・・・蛍光ピンクから真っ赤まで大好きになったのである

その影響かどうか知らないが映画が千円になった今も真っ赤が大好きで、かなり派手目の衣装で町をウロウロとしております、たしかに二十代からずっと色的には目立っておりますなあ

b0057679_8562416.jpg
『もさくとまいまい』我が家に猫が来てから三ヶ月ほど経つ、体も倍ほどになったのでもうブログにアップした箱には入れないと思っていたら、摸作が体を折り曲げて入りご機嫌さんである、それを外から舞々が攻撃を仕掛けるのであります
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-09-23 09:02 | アート・デザイン | Comments(0)

大阪、福島界隈

b0057679_9181510.jpg
ど快晴につきついウロウロと
今私の住む福島区は劇的に時代が押し寄せ良い意味でも悪い意味でも変化している

大型連休の最初、姪がやってきたので福島界隈をウロウロと、JR福島駅の高架下にAnniversaryという美味しいプリン屋さんがある、一坪弱の小さなお店なのだが注文してからプリンの上に砂糖を載せてカラメルを焼いてくれる、確か映画「アメリ」でそのカラメルを割るシーンが印象的だった記憶がある

その横が同じ経営の珍しいワインの立ち飲み、ずっと以前の真冬にホットワインを飲んだのが一番最初だった、その上でランチが出来るようになったとの姪の情報でお出かけしたというわけだ、12時を廻っていると行くのにシャッターは下りたまま、丁度寡黙な兄ちゃんに会ったので聞くと「今から準備します」と返事

早速2階へ上がってワンメニューのランチを戴く、安く内装されているが若者向けに上手くまとめられている、ランチはミネストローネ?+ミートパイ+キッシュ+パテっぽいパン+フレッシュサラダ+フルーツ=800円、見たときは軽食と思ったのだが食べ終わると結構お腹がふくれておりました

b0057679_9191070.jpg
食後の散歩でチャリで中之島へ、タイミング良く堂島川のロイヤルホテルの前の遊歩道が開通していてイベント開催中、4棟の建物はイベントスペースになっているが来春完成する「中之島バンクス」のプレイベントらしい、アートにデザインに音楽にそれらしきおしゃれな若者達が一杯

イベントは昨日までだったかさてこの箱物、ロケーションもスペースも快適で楽しいのだが上手く機能するかそれが心配でもある

b0057679_9193828.jpg
『もさくとまいまい』先ほどまで取っ組み合いで暴れていたのだが、温和しくなったので覗くとお互いの毛繕い、私の手とか直ぐ舐めるのも同じ感覚なのだろうか?
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-09-22 09:24 | 私事 | Comments(4)

護岸壁のからくり

b0057679_9242155.jpg
見慣れたもの
変体→変態→擬態、日常で使われる「H」は変態の頭文字、と言うことはSEXって変態なのかしら(笑)
そういえば好きだったコメディーグループに張り扇の元祖チャンバラトリオというのがあるのだが、そのギャグに全員が並んで歩きながら「1,2,3,4,ヘンタ〜イ止まれ」と言うのがあるのだが、何度見てもオモロかったのだ

朝の散歩の「ふなつはし」から「せうわはし」廻りの時にはいつも見ていたのに、半年目にして遊歩道の護岸の仕上げを意識したのだ

それは護岸の壁の模様である、写真を撮ったのは壁面に何故に船のハッチのような扉が取り付けられているのか、それとハッチの塗装が気になったからなのだが

写真を撮った瞬間気づいたのが扉も護岸壁も同じ塗装なのである、つまり壁面は石風の吹きつけで目地は手書きのラインと言うことになる、コンクリートの護岸壁にわざわざ石を張ったように見せかけていたのである、さすが中之島界隈だけにコンクリートままではダメだったのだろうか手が込んでいる

遊歩道の道路面は木目風で、これは見た時からコンクリートのマチェールのある彩色と判っていたのだが・・・

よく見ると石風の手書き目地ラインは不揃いでどちらかと言えば下手なのに何故に今まで気づかなかったか、しかも撮影したハッチ風の扉がなんのためのものか結局判らずじまい、護岸壁の向こうは道路なのでこの扉を開けると何処へ〜、まさかこの扉も装飾だったりして・・・

人間の記憶というものはええ加減で、意識しないと景色もないに等しい、近所の家にしてもお店にしても毎日通っていても意識していない場合、更地になったときそこにどんな家があったのか全く思い出せないのである

b0057679_925348.jpg
『もくとまいまい』舞々は雌猫なのだが口の周りがでかいので、顔の柄もあって時々ライオンの赤ちゃんに似て見える、おかげで欠伸をするとまるでおっさん猫になってしまう
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-09-21 09:30 | アート・デザイン | Comments(0)

きりっとカメラ目線ののらら


by PUSH-PULL