<   2009年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

b0057679_8581167.jpg
谷崎ならぬPUSH-PULLの「鍵」
猫の介抱をしながら我が半珍キャッツを応援していると、なんと出口調査とかでとんでもない数字がでている、まさかと思いながら時々チャンネルを切り替えながら選挙結果を見ていると出口調査通りに当落が決まっていった

やっとこさ国民も世の中がおかしいことに気づき始めたのかしら、共産党と社民党がかろうじて現状維持で一安心、選挙制度を変えないことには増加を望むのは無理なのかなあ

どうも小選挙区と比例重複と言うのが納得がいかない、小選挙区制度そのものに問題があるのだがこれだと弱小政党がさらに押さえつけられてしまう、今朝の新聞を見て知ったのだが重複がないと現職の大臣がモノの見事に落っこちていたのになあ〜

久しぶりである銭湯話を書くのは、前回が6月13日だからかなりあいてしまった、ちゅうか普段は同じ時間の同じ銭湯なのでなかなか珍しいことに出会わないのだ

b0057679_8584377.jpgということで今日はなんと四条畷、土曜のライブの後一緒に行ったM田君と軽く一杯と駅前あたりをウロウロ、実は行く途中にめっこをつけておいた左の狸、こんなにバカでかいのに石を彫っているのだ

帰りに寄ろうと考えていたのに花の土曜の夜8時にもう閉まっているではないか、信じられません

駅まで下りていくがなかなか気に入ったお店が見つからない、線路を渡り反対側でやっとこさ少しましな居酒屋を見つけ突入、生ビールを飲みながら炭焼きを楽しむ、M田君の提案は驚く事なかれ銭湯!しかもタオルを持参してきている、勿論私はそんなもの無しだが心地よいアルコホルで直ぐにその話に乗ってしまった

私の銭湯話の半分近くは彼と一緒に場所が多い、彼も私に負けず劣らず銭湯マニアで日常生活を楽しんでいるだが、ライブの帰りに銭湯に入っているのは間違いなく我々だけだろう(笑)

飲み屋で教えて貰った駅の近くの大和温泉へ、なかなかこざっぱりした風呂で一安心、私の銭湯選びのポイント
・綺麗
・空いている
・サウナあるいはスチームバス
・露天風呂
・水風呂
この条件を全て満たしていたのだが、最初の写真を見て頂きたいのだがこんな脱衣箱の鍵は初めてである

銭湯を知らない人のために説明しておくが、普通下足箱は大きめの木の札が多く脱衣箱はアルミの鍵にゴムを通しプラスチックの番号札が取り付けられている、このゴムは足首または腕に通し盗難予防というわけだが、驚くことなからゴムの輪っかの直径が2センチぐらいしかないのだ!「どないせいっちゅうねん」

M田君曰く「指に架けておいたら・・・」、仕方がないので彼の忠告どうり左手の指に通すが1本では大きすぎるので、人差し指と中指2本に架けたがなんか変なのだ、よく柔道選手とか指を束ねてテーピングしているのを見るがこんな感じなのだろう、だんだんと指のゴムが気にならなくなっていったのが不思議である、四条畷の銭湯話もこれが最初で最後かしらね

『もさくとまいまい』昨日投票から戻ってきたら家中がおかしい、トイレの紙砂が一杯まかれ床がネタネタしている、直ぐに調べたら座布団の上にネズミ取りの厚紙がべったり

やっとこさ隠れていた舞々を見つけたら憐れなことに体中ねずみ取り用の強烈な糊だらけなのだ、これは水や石鹸では落ちず可能性としてはシンナー、片づけている間に私の手も糊だらけになってしまったのでシンナーで何とか拭き取るが、猫のシンナーに対する拒否反応が強烈

仕方がないのでぬれタオルと紙とハサミを用意し、私の近くに寄るたびになだめながら少しずつ毛をカットしていくのだが、夜になってもまだまだべたべたなのであります・・・可愛そう
b0057679_8592987.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2009-08-31 09:11 | カルチャー | Comments(2)
b0057679_9241610.jpg
古くて新しい
二日続きのライブである、昨日は大学時代からの友人である陶芸家石田博が主催する舞踏とジャズのイベント、舞台装置の方はこれまた二十代からの美術仲間の三喜徹雄

場所は四条畷の山の麓にある「えにし庵」、聞くところによるとイベント用のためにスペースで庭と母屋があり一種の宿坊のような体をなしている

昼からジャズバンドのイベントがあったのだが連チャンということもあり最後だけ拝見、舞踏の麻呂赤児もジャズの梅津和時も見るのは久しぶりある、フリージャズならではのセッションでサックス一本に麻呂の舞踏が緩やかにからみついていく、不思議な時間と空間が綴られ日没と共に雲の合間から月が顔を出し大阪市内では聞くことのないヒグラシが鳴き、薄暗くなると虫さえ鳴き始めたではないか

てな情景に浸っていると芝生のステージに上半身裸のオッさんがのろのろと這って出てきた、一瞬酔っぱらった観客が出てきたのかと思った、直ぐ横にいた西部講堂のボスでもあった青ちゃんに「あれ誰?」と聞く、青ちゃん曰く「白藤」「?」「昔天才の舞踏家と呼ばれ、日本維新派の創立メンバー」
b0057679_9253421.jpg

私の知る松本勇吉はその後を引き継ぎ「維新派」を作り上げたのだった、ずっと這いずり回っている上半身裸の男に今度は麻呂がコンタクトを取りながら舞う、これはこれでまた奇っ怪なズレが生まれ始める

這ったまま彼が引き下がった後に聞くと元々片足が不自由だったそうだが、その後元気な方の足もダメに車椅子生活とか・・・しかし歩けぬ体で舞踏に参加してくるとはある意味不気味でもあり先ほどまでの緊張感はまるで違った世界へ投げ出されてしまう

酒に酔ったおっさん連中のヤジと大向こうが、緊張感を切ってしまい折角のライブが学祭の乗りになってしまったのが非常に残念である

案の定帰り道の路上でへたり込んでいる男がいる、そばで奥さんらしき女性と泣きじゃくる女の子をみてしまったのが非常に情けなかった、どうも舞踏とジャズはどうも破滅型の人間が多いような気がするのだが・・・

今から衆院選の投票に行ってきます
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-08-30 09:31 | カルチャー | Comments(7)
b0057679_9282547.jpg
b0057679_9284040.jpgフラワートラベリンバンドライブ
久しぶりに京大の西部講堂を訪れてビックリした、東山通りから講堂が殆ど見えなくなってしまっている、すぐそばに新しい建物が次々と建てられ埋没し始めているではないか・・・
かって学生運動のシンボルとして存在した学生自治の西部講堂もなんだか寂しそうだった

遡ること30数年前、西部講堂での毎月1回のロックコンサートも一段落した後、1973年に裕也さん率いるロックバンドのフラワートラベリンバンドのラストライブを円山公園でやることになった、それまでキーヤンがプロデュースする「MOJO WEST」ライブをずっと手伝っていたこともあり、ライブのためのオブジェ、ショッキングピンクのバカでかいマンモス象を仲間と九条山で制作したのである

その時のライブはいまも語り継がれるほどで面白いイベントとなった、そして38年ぶりにそのFTBが復活、そして京大西部講堂でライブをやることになったのだ,
ボーカルのジョー山中は60歳を越えているのにあの高音はいささかも衰えず、キーも変えていないというから凄い

下の写真はたまたま8ミリの映像が残されておりそこからとったもの、この映像の続きに九条山時代の私の姿が映っている、ロン毛でパンタロンでサングラスで今とは比べものにならないほどスリムで動く自分を見ていると、なんだかこそばゆくなりその頃の思い出が一度にどっと出てきた
b0057679_9292384.jpg

久しぶりの体を揺さぶるような音量は気持ちの良いもので、毎日毎日ロックに浸っていたんやなあ〜と感無量なのであります

『もさくとまいまい』猫に餌をやってから私の食事は始まるのだが、模作と舞々は自分の食事もほどほどに済ませ、掘り炬燵に座る私の膝にのりちゃぶ台の様子を窺うのだ、おかげで私の食事が非常に不自由なものになりちゃぶ台の手前には魚や肉を置けなくなるのであります
b0057679_9301033.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2009-08-29 09:35 | カルチャー | Comments(5)

ある日突然に

b0057679_8473160.jpg
目撃
ちょっと涼しくなったとたん急に蚊が大量に登場、あまり蚊取り線香の世話にならなかった夏だっただけに不思議、今朝も朝行事のときおいどを4カ所も刺されてしまった、ちなみに我が家の厠は濡れ縁を歩いた母屋と別にある和式である

昨日自転車で梅田に材料の仕入れに向かう途中の信号待ち、「ボム!」の鈍い音が響いてきた、丁度交差点の対角の場所に真っ白な体が自転車ごと前のめりにゆっくりとつんのめっていく、地面にたたきつけられたまま動かない

前を見ると信号が青になったので信号を渡る、自転車と接触した軽トラが直ぐ先で停車し小太りのおっチャンが小走りに戻ってきた

路面には黒のミニベロの横に白のパンタロンに白いブラウスの女性が横たわっている、少し頭を持ち上げたかのように見えたが直ぐに落ちる、おっチャンは彼女に声をかけているが反応は無し、直ぐに携帯を取りだし電話を始める

私も信号が変わったらそちらへ行こうとしたら、私より先に近くにいた女性とさらに私の後ろから携帯で現在の場所を報告中の女性が追い越していく、さらに若い兄ちゃんも駆け寄ってきたので私は結局近寄らず

最初事故を見た瞬間カメラで撮影と思ったが、誰も助ける人が表れる前の事故現場をどうしても撮影することが出来なかった、大勢の目の前で先に駆け寄るというのは勇気の要ることだとつくづく思い知らされました・・・反省

梅田での買い物をすませ戻ってきたらパトカー数台に警察官が現場検証をしていたので、お節介かもしれないが私が見たことを報告しに行く、住所・氏名・電話しかも携帯まで聞かれるがポリと話すだけで昔から嫌悪感が起きるのだが我慢して報告

私の記憶では信号の変わる直前の赤信号で渡り始めた自転車に、これまた黄色点滅で突っ込んできた車が衝突したようだ、K察に「彼女は?」と聞くと「病院に運ばれたがたいしたことはなく路面に少し頭を打ち付けたようだ」少しだけホッとした
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-08-28 08:55 | 私事 | Comments(1)
b0057679_8511767.jpg
「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」
もうすぐ衆院選である、若い頃は積極的に政治に関わりながら選挙なんぞというものは無視していた、と言うより議会制民主主義を否定してたと言っていいかもしれません

少し大人になったあたりから俄仕込みの思想は薄らぎ本来の自我が少し判り始めた、選挙の必要性もある程度理解できるようになったのだが入れたい人物が皆無に近い、ならば始めに投票ありきで消去法で参加することにしている

・マニフェスト合戦を繰り広げているが、政党ならば本来毎年発表すべき政治思想であり方針である、選挙ごとに取り繕うように出してくる思想のなさが笑ってしまう、普段の活動を見ていればある程度政党の方向は理解できるもので、今回もマニフェストをしっかりと読んでおりません

・「100年に1度の危機の中に現れた100年に1人のバカ」と揶揄されているお人だが、就任して以来やることなすこと皆さんご存じのように全て裏目に出た
最近馬鹿話がでないと思っていたら、先日学生の対話集会に参加し「金がないなら結婚はしない方がいい」では若者の希望を摘み取るようなもの

・官僚と密着し組織的に金儲けをしている企業なら自民党詣でと献金だろうが、一般市民がこれだけコケにされてもまだ自公に入れるのが不思議である

・かといって少しはましな民主党自体も半分以上元自民党、一番怖いのは自民・民主の連立で右派同士が結託し憲法改正に走り出すことで、最悪にシナリオになる

・東京都議選で民主が圧勝したにもかかわらず共産党の議席が減ったのが不気味、社民党と同じようにもっと議員が増えて欲しいのだが、今回の選挙でも苦戦が予想されている

・国会議員レベルの選挙活動が握手と連呼では恥ずかしい限り、本人の政治思想や活動などはとりあえずどうでも良いらしく、まさにゴミ溜め・どぶ板と呼ぶに相応しいのかもしれない

・国会を正常化する方法の一つとして議員数をもっと増やし議員報酬を一般サラリーマンに並にと言う考えがあるが非常に面白い、実現すると本当になりたいひとだけが議員を目指し、利権目当ての2世議員はたちどころに無くなるのでは

・今回我が家にかかってきた電話はコンピューターによる事前調査が2回、共産党と民主党が1回、驚く事なかれ幸福なんちゃら党が1回、貰ったチラシが珍しく社民党1枚・・・あまり昼間で歩かないので

・投票をしないことは自己発言放棄でなすがまま、投票すれば変わる可能性は僅かながらあると信じている・・・さて来週月曜の新聞が楽しみである

『もさくとまいまい』私の留守中猫の世話をしてくれていた姪が買ってくれたおもちゃがいたくお気に入りである、前の大きなねずチャンは少し遊んだだけで飽きてしまったが、今度のちっこいのはいつまで遊んでくれる、口で運べるところがいいらしい、そのうち前の猫のように本物をくわえて見せに来るようになるだろうなあ〜
b0057679_90361.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2009-08-27 09:03 | ご託&うんちく | Comments(8)

茗荷がでけた!

b0057679_995383.jpg

b0057679_9101254.jpg
収穫祭
この茗荷は久利須村のものではない、我が家の庭に出現した茗荷である、この春友人のハチさんから茗荷の苗を戴いた、茗荷の苗と言っても地下茎の繋がりなので適当に切り分け庭のあちこちに植えたら、陽当たりの悪いところほど育ちがよかった、私にプレゼントしてくれたご本人はベランダ栽培なのだが地植の方は数倍も成長が良かったようだ

今まで庭に食するものを植えた記憶がほとんどないのだが、一度だけ何故かとんでも無い間違いをしたことがある、ライチ(レイシ)とツルレイシを間違って買って植えてしまったのだ、夏になり花が咲き実が出来たのは良いが細長い
そう、それはツルレイシことニガウリだったのだ、小さいけれどちゃんとしたゴーヤだったので勿論チャンプルにして頂いたのだが庭で出来たものを食するのはそれ以来では無かろうか

b0057679_9141661.jpg悪玉コレステロール退治にはゴーヤがよろしいようで只今レシピ研究中、で左の写真はその中の気に入ったレシピのゴーヤの佃煮です、苦みと甘辛さがよく合いご飯が進みます

調べて判ったのだが茗荷はショウガ科ショウガ属、と言うことはこれも悪玉退治に効きそうだ、また茗荷は外来種のようで人の住むところにしか自生せず野生のものは存在しないそうである
茗荷を食べると馬鹿になる言う話の元ネタを見つけましたので転載します(Wikipedia)

<釈迦の弟子である周利槃特(梵語:しゅりはんどく他)が、自分の名前を忘れてしまうため、釈迦が首に名札をかけさせた。しかし名札をかけたことさえも忘れてしまい、とうとう死ぬまで名前を覚えることができなかった。その後、死んだ周梨槃特の墓にいくと、見慣れない草が生えていた。そこで「彼は自分の名前を荷って苦労してきた」ということで、「名」を「荷う」ことから、この草に茗荷と名付けた>
この説は「物忘れがひどくなる」という話とともに、民話「みょうが宿」から一般化し、人口に膾炙(かいしゃ)するようになったもので、学術的な根拠はない。

『もさくとまいまい』得意の猫キック合戦、夕食後寝ころんでいる私の体の上を障害物競走宜しく走り抜けるのだが、腹は直ぐにひっかき傷ができる、猛烈にキック合戦をしたら傷だらけになりそうに思うのだが苦にならないらしい
b0057679_9144445.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2009-08-26 09:20 | うまいもん | Comments(1)

「ことこ」

b0057679_8381192.jpg
初診と
8月頭の人間ドッグで問題のあった悪玉コレステロールの次は問題ありの心電図、先週は待ち時間が長すぎたのでキャンセルし、改めて昨日再出頭

循環器内科・心臓血管外科問診票に書き込みをしてからキャンセルだったがちゃんと私のファイルは保存されていました、受付で看護婦さんの指示通り心電図とレントゲンを受けるため病院を上がったり下がったり

ここまでは順調だったが、それから待つこと1時間強ずっと待合いで持ち込んだ本を読む、どうもこの科は医者の数が少ないようで待合いはどんどんと人が増えてくる、やっとこさ名を呼んで貰い医者とご対面、心電図もレントゲンのデーターも私の目の前で見られるようになっている、パソコンと同じで検査も昔と違ってデジタルの進化はめざましく精度は上がり早くなった

心臓の方は右ボックスに少しムラがあるようだが現状ではさほど問題なし、判りやすく言えば微細な不整脈だろうか、レントゲンも何の問題も無しでホッとする

伝票ならぬ受診表を持って支払いの窓口へ、貰った番号を見ると待ちが20人強、誰もがそうだがじっと待つのは精神上体に良くないので地下の休憩所へ向かう、以前は食堂があったのだが今はなくガランとしたスペースにテーブルと椅子、そしてお隣にコンビニ

肝炎治療後の定期検査通院の時にこの休憩所にある自販機の百円コーヒーが旨いことを知った、豆を挽いてからだすコーヒーで缶コーヒーより圧倒的に美味しく砂糖もフレッシュも自分で加減できるのが嬉しい

b0057679_8454122.jpg
自販機の前で操作をしていたら私のTシャツが引っ張られる、驚いて左を見ると車椅子に乗り眼鏡をかけた少女が私を見て「あ〜あ〜」と声を出している、直ぐ横にいた若いお母さんがあわてて子供をたしなめながら謝りはじめた、私は「良いですよ、おいくつですか?」「小学校五年です」

一瞬にして私の小五がフラッシュバックする、近所の子供達と有刺鉄線工場の歩道に積み上げられた鉄線の上で遊んでいたとき、積み上げた鉄線の固まりが倒れ私だけが逃げ遅れ大腿骨骨折で40日も入院していたのだ、最初は一般病棟だったが落ち着くと子供ばかりの部屋へ、私以外はみな小児麻痺などの長期入院で病院内の学校に通っていたのだ

親子の直ぐ隣のテーブルに腰を下ろし話しかけた、彼女は先天的な精神障害だそうで赤ちゃんの時から色々病院を廻ったらしいが結局原因は分からなかったとか、ずっと車椅子生活で言語の方も無理だそうだ

小児科に通院しているのだが時間待ちで休憩所に下りてきたとか、娘さんを落ち着かせるべく時々おやつを口に運ぶ、彼女は飽きるとまた自販機にやって来たひとの体に触れ、そのたびにお母さんが謝っているのがおかしい

色々な病院の話になり、私の姉も入院していた鴫野にあるリハビリでは著名なボバーズ病院の話が出た、彼女も小さいとき入院していたとか、今は小学校に上がるまでで小学生の年になると退院で地域の学校のお世話になるらしい、思いっきり苦労していると思われるのだが明るいお母さんであることが嬉しい

姪の4人目の年の離れた姉弟の話をすると、お母さんも9歳離れた妹さんがいるとか、姪は8歳だから上には上がいるものだ、でも産むのに勇気が必要だったのではと後から思ったりもした

どちらも時間になったので席をたつ、彼女にさよならを言おうとお母さんに名前を聞いた
「ことこ」
「え?」
「楽器の琴に子供の子です」
「ことこちゃんバイバイ」
「あああ・・・・・」
何をしようとしているのか判らないが彼女はしきりに胸の前で指をこねている、私の頭の中には別れた後も何故か「ことこ、ことこ」の響きがずっと残っている
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-08-25 08:55 | 私事 | Comments(2)

入居者があったなんて!

b0057679_8582658.jpg
あり得ない話
7月3日に3面図というタイトルでこのとんでもない面積の話を書いたのだが、その時の写真に入居者募集の看板が写っている、絶対借りる人はいないと思っていたら・・・

僅か一月ちょっとで借り手が現れ建て増し改装しているではないか、ビックリである、今のところ何屋さんになるか定かではないが、世の中には色々な人がおるものであります

今朝の新聞の見出しを何気なく眺めていた
バラマキは社会主義・・・何としても政権交代・・・投げやり・・?
よく見たら世界陸上でやり投げで胴を獲得していた、丁度新聞が折り曲がるところ

昨日驚いたことに「幸福なんたら党」からの電話、待ってたとばかりに政教分離の選挙違反だのぼろくクソに言おうと思ったが丁寧なおばはんの声で断念、一言だけ「オタクのようなアホな党にだけは絶対投票しません」ガチャ

高校野球を見ていたら代打で出てきた選手の名が「ショートでしょうと」だった

友人から最高裁判事の国民審査に関するアドバイスが届いた、昔私は全員に×をつけたことがある、一度送られてくる公報で関わった裁判をチェックしたこともあるが大変だった、彼のアドバイスは私も時々覗いている天木直人氏のブログからでイラク派遣を推進した責任者の竹内行夫判事と、もう一人が問題だらけの裁判員制度を作り上げたときの最高裁長官である竹崎博允判事、この両名が今のところやり玉に挙がっている

今から初の循環器見学に行って参ります、空いているかしら?
[PR]
by PUSH-PULL | 2009-08-24 09:02 | 私事 | Comments(0)

病院マニア

b0057679_8524832.jpg
人間ドッグその後
8月の2,3,4日と連続して検査話を書いたがその結果が届いた、予想通りに生化学検査のGOTやγーGTPが少しだけ高かった、高いと言ってもC型肝炎が発覚したときの数値に比べれば嘘みたいに低い

今回引っかかったのはLDTコレステロール(脂質代謝検査)の数値が高く要注意を超して要治療、病院オタクとしては放っておけないので仕事の合間を見て1年ぶりに15年以上通った厚生年金病院へ出向く

医者は持ち込んだ私の検査結果を調べてから「悪玉コレステロールが多いので精密検査をしますか?」の問いに二つ返事で受諾、コレステロールを調べるには超音波検査で首筋の動脈の調べるのが一番判りやすいそうでその検査の結果を見てからと言うことになった、早速来週の超音波検査の予約を入れる、他にも腎機能検査が逆に低い数値で問題ありだがコレステロール検査をすませてからに

悪いと言っても自覚症状はなく直ぐにどうこうと言うことは無いのだが、そんなことより煙草も止め半年以上毎朝歩きお酒も控えていただけにかなりショックである、やっぱり手作りの旨いもんをしょうっちゅう食べてたから?(笑)

他にも心電図検査も問題があったので循環器へ移動するがこちらは初診扱い、初診の時の書き込みを終えたところで待ち時間が2時間近いとかで検査をキャンセル、改めてもう一度病院へ行くことにした

問診など1時間弱病院にいましたが支払った費用は締めて210円、予約で行くときは待ち時間も長くても30分以内だが、初診だととんでもな時間がかかるのには驚いた、病院通いも大変なのであります

来週の循環器と心電図が楽しみなのだ・・・ってなこと書くとまたまた変人扱いかしら

『もさくとまいまい』猫は1匹の時と2匹では行動パターンがまるで違う、2匹だとどうも同じことをやりたがるようだ、前の楽学の時とは違う行動が多くそれはそれでなかなか楽しい
b0057679_853776.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2009-08-23 08:58 | 私事 | Comments(2)

今度は野菜の花

b0057679_8362899.jpg
花もいろいろ
名古屋風手羽先に脂ののった〆鰯に焼酎の炭酸割りなど色々ちゃぶ台に並べ、居間にどっかりと腰を下ろしTVをつけたら0−7・・・お〜い、の〜み・・・がっくり
8時まで見ていたが我が半珍キャッツは1点も入らず、仕方がないので20世紀少年を見ることにした、まあ豪華な出演陣でお笑いタレント満載

面白いストーリーなのだが、必然性があまりにも希薄でなかなか入り込めない、リアルタイムでライブを見たTーREXが頭から流れ昔話として私が仕事をした記憶のある万博が語られていく

二日連続で野菜を載せついでに野菜の花も載せることにしました、どの花もポピュラーな野菜の花なので名前は伏せておきます、何故か野菜の花は黄色が多いなあ
b0057679_8365950.jpg

b0057679_83713100.jpg

b0057679_837258.jpg

b0057679_8374194.jpg


『もさくとまいまい』猫の寝姿は考えられないスタイルをとる、摸作の寝姿なのだが室温30°でも爆睡、まるまるした体型がだんだんと細長くなっていくのだ
b0057679_8383165.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2009-08-22 08:42 | 写真 | Comments(5)

公園で久しぶりに会ったミニピンの太郎君、商店街に昔からあるお茶屋さんのわんこ、気が向くとこうして飛んでやってくる


by PUSH-PULL