<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

極上メニュー

b0057679_8314333.jpg
格安鯛料理
スーパーに行くと必ず覗くのが鮮魚売り場の「あら」、アラと言ってもクエの仲間の高級魚のアラのことではなく魚の身と内臓を取った残り、時々ビックリするような美味しい食材が見つかることがある

いつもあるのが養殖の鯛、養殖物は少し脂がのりすぎているのが難があるが、調理さえしっかりすれば天然物の域に近づけることも可能である、勿論刺身だの塩焼きだと天然物がやはり旨い

ラップされたトレーにはまるまる鯛1匹分のアラが入っている、以前は鯛の皮は入っていなかったのだが最近は嬉しいことにきっちりと2枚一緒に入っているだ

以前友人と京都の寺町の割烹で飲み会を開いたことがあるのだが、「箸休め」って何だろうと言う、そこで私は「だったら、箸休めを注文したら?」と提案即実行、暫くして出されたのが鯛の皮の湯引きだったのである

さっと熱湯をくぐらせ冷水を通し包丁を入れる、以前このブログ(10/15)でお披露目した自家製ポン酢が出来上がったので一緒に戴くと絶品の味付けになりました

残りは定番の「鯛のあらだき」でこれも熱湯でさっと茹で冷水へ、この時に指で洗うと鯛の頭に残っている鱗が簡単に取れます、私はお醤油とお酒と味醂ベースに少しお砂糖を入れゴボウと一緒に煮付けました、よく「腐っても鯛」と言いますがまさに養殖でも鯛なのであり淡泊ながら独特のうまみと甘みがあります

同じ料理法で大根とニンジンなどを入れた「鯛の潮汁」も作ることが出来る、鯛のアラ298円なりで、豪華な料理が一杯出来上がりました
b0057679_8431018.jpg

追記:10月29日に取り上げた62億の麻生の家を見に行くツアーで不当逮捕された3人は今も拘留され、面会さえままなりません、全国どの警察も無茶苦茶だがあの都知事のお膝元だともっとえぐいのだろう、その後の経過が詳しく書かれていますので是非「麻生出てこい救援ブログ」をご覧の上応援宜しく
http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com/
逮捕されるべきは麻生の方かもしれない
[PR]
by PUSH-PULL | 2008-10-31 08:49 | うまいもん | Comments(9)
b0057679_8183228.jpg
映画と薬膳粥
音楽好きならギターの代名詞でもあるレス・ポールの名前をご存じではなかろうか、`07年に作られた映画で彼は90歳を超えてもまだ現役で頑張っているのである、音楽はジャンルに関係なく大好きなのだが残念ながらご幼少の頃の音楽環境及び音楽教育に恵まれず音楽的才能はゼロに近い(笑)

エレキギターの代名詞でもあるギブソンのレスポールモデルはあまりにも有名であるが、彼が自分で多重録音を最初に始めたり電気ギターだのを自分で作っていたとは知りませんでした、単なるギタリストの演奏の枠を飛び越え常に今までにない音を求めて時代の1歩も2歩も前に進んでいたことになる

カントリーに始まってブルースからジャズ、スタンダードナンバーからポップスにロックまですべてこなし、その演奏法は神業に近い早弾きである

奥さんメリー・フォードとの「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」を始め、チャット・アトキンスと組んだ「チェスター&レスター」、全編彼の曲が流れるのだが意外と知っていたのには驚きました

最近の映像だと思うがキース・リチャードやB・B・キングとのセッションは涙ものである、しかし残念なのはレスポールをもう一度有名にしたエリック・クラプトンの存在が語られていない、ロックシーンにおけるマーシャルアンプとの関係もない、ビートルズを登場させるならベーシストのポールより絶対ジョンを出すべきでは

映像で少しだけ流れた史上最高のロックギタリストのジミー・ヘンドリックスはフェンダーのストラストキャスターもレスポールも使っていたが、やっぱりロックの主流はソリッドのエレクトリックギターのフェンダーなのかなあ、いずれにしてもド素人の発言と聞き流してくださいな

b0057679_8192598.jpg上映時間の都合で朝一番に見たのだが、出来うればこの手の映画は一杯引っかけてから夕方から見たい、そして映画の余韻に浸りながら観賞後は飲みに行きたかったな〜!

映画が終わったのが丁度お昼、シネ・ヌーヴォの女性に聞いて出かけた九条商店街の横っちょにあるカフェ「アーキンエルベ」、薬膳粥のお昼ご飯が抜群でなんとお値段が380円!
椎茸、塩昆布、大豆、ピーナッツ、カボチャ・・・絶妙の組み合わせと味付け、薬膳と言えばあまり美味しいイメージが無かったのだが改心いたしました

いつものことながら美味しそうな物を出されるとすっかり写真撮影を忘れてしまう私でございます
[PR]
by PUSH-PULL | 2008-10-30 08:24 | カルチャー | Comments(0)

青空・・・何故か逮捕

b0057679_925223.jpg
天気良し
今朝のブログはトラブル続き、サーバーが通勤ラッシュでログインできずで眺めているだけだった

淀川を渡るのは久しぶりである、青空に吸い寄せられ電車の予定を変更してチャリでJR尼崎駅近くのタムタムまで模型材料を探しに出かけた、上の写真は帰る途中に見事なランドスケープな風景にしばし自転車を止め見とれていた

矢印はここ数年で出来た、あるいは建築中の私の家の近くの高層マンションである、こうして遠目で見ているにはなんの違和感もなく当たり前の風景なのだが・・・
このブログで何度も取り上げているが、高っかいマンションという物は側で見るととんでもない威圧感があり数メートル先の長屋には工事中からとんでもない邪魔者なのである、どうしてここまで建築基準を緩和してしまったのだろう

大阪は今や地盤沈下真っ最中で緩和してまで詰め詰めに高層ビルを造る必要がない、大阪駅北ヤードも緩和のおかげでビルは高くなったが容積が増えすぎてしまいテナントが集まらないと言う笑うに笑えない現象が起きている

ず〜っと昔に開発された大阪駅前企画ビル1〜4もテナントが一杯になったことは一度もない、大阪駅から徒歩で行ける立地にもかかわらずだ、ましてやあの豊田商事が入っていたので有名になるぐらいで・・・地下街はまだ少しはましだが、上の階になると一人で歩くのがちょっと不安になるぐらいゴースト街

WTCへの府庁移転が話題になっているが、この大阪駅前企画ビルは昔から府の関係事務所を入居させ何とかお茶を濁している

b0057679_931558.jpg話は変わるが友人からとんでもないニュース飛び込んできた、先日(10/25)このブログで麻生の贅沢話を書いたのがこのニュースは人ごとではない、26日にその62億の豪邸を見学しようというイベントがあったのだが、ただ歩いているだけで3人も逮捕されてしまったのだ!

詳しくは「麻生出てこい救援ブログ」をご覧ください、しかし全国で警察の誤認逮捕だのえん罪だと強制自白だの色々取りざたされているが、知識としてしか知らないが戦中の憲兵のような無茶苦茶な様相を呈しているのではないだろうか
動画もあるので見て頂くと判るがまあ無茶苦茶で強烈です、輪をかけて問題なのは朝日を始めマスコミ関係がまるで調べもせず警察の言われるままに発表していることだ
[PR]
by PUSH-PULL | 2008-10-29 09:32 | ご託&うんちく | Comments(5)

歩行も防止

b0057679_8562474.jpg
車止め2題
堺市で採集、どちらも駐禁用の車止めなのだが面白い、しかし車止めと言うも存在は車を止めると同時に人間の歩行の妨げにもなる

左の円柱は車の片足駐車予防のとしての意味はわかるのだが、はて?この鍵はなんの目的で付けられたのだろう、もし仮に何かの時には車乗り入れ可だとすると、鍵をはずしてからこの石を移動させるには相当の力を要する、FRP性の擬岩ならともかく限りなく重い

右の車よけはよく考えられている、置きっぱなしのスタンドサインには必ず重しあるいは広い面積のベースが必要とされる、昔は鉄板ベースの上にブロックを置いていたが、最近はブロックの代わりに水を入れるウェイトとか砂を入れる物もである

コンクリート製が一番盗難にも遭わず悪戯もされないのだが設置移動が大変、しかし写真を見て頂くと判るが、流し込んだコンクリートの固まりにポール差し込み用のボルトの付いたベースが取り付けられ、なんと言っても一番は、コンクリートベースの一部をかき込み運搬用のキャスターが取り付けられているのだ、う〜ん

しかし関心ばかりしていられない、こんな物が町の至る所にあると言うことはそれだけ住みづらく人様のマナーが悪くなったと言うことだろう
[PR]
by PUSH-PULL | 2008-10-28 09:11 | ご託&うんちく | Comments(0)

涅槃

b0057679_8345156.jpg
お〜い
もうなんがいことこんなポーズを取ったことがない、と言うか一度もないのではないだろうか

私が降りる一つ手前の駅、ドアが閉まる寸前に鞄からバカデジを取り出し、カメラのスイッチを入れストロボをオフにして腰だめでシャッターを押す、一昔前のデジカメなら間違いなくドアが閉まっていたと思われる

いや待てよ、よく考えてみると20代にはあったような気がする、そうそう大学時代に京都でしこたま飲んで京阪の遅い電車で大阪へ、京橋で環状線に乗り換え大阪駅へ・・・の筈が

目を開けると誰もいない暗闇、どうも車内らしき場所にたった一人で横になっていたのだ、だとするとここは何処だろう、おそるおそる窓の外を眺めてみると遙か彼方に見覚えのある梅田の景色が見えてホッとする、しかし私が乗ったのは大阪環状線の筈だったのだが

ぼ〜っと一人で座席に座っていると薄明かりの車両を向こうから足音が近づいてくる、動かずに待っていると車掌さん
「え!まだ乗っていたのですか、もうすぐ折り返しで大阪駅に入りますから、そこで降りてください」
つまり私は大阪駅止まりの環状線に乗り誰にも起こされず、駅のずっと西側の折り返しの待機場所の車両の中に取り残されたというわけだ

大阪駅に滑り込むとホームには人が一杯、電車からたった一人でホームに降り立ったのだ
[PR]
by PUSH-PULL | 2008-10-27 08:41 | 写真 | Comments(0)

お人形ごっこ

b0057679_753355.jpg
ジオラマ
昨日出かける予定が1日延びたので、さて
まずはトイレの掃除から、我が家のトイレは母屋にホンの数センチ離れた所にあり濡れ縁でつながっている、今はもうさすがに汲み取り式のぼっとん便所では無くなったが、それでも足のしびれる和式である

濡れ縁から植木を見ていたら急に遊びたくなってきた、長い間使ったことのない模型用のミニチュア人形を引っ張り出してきてジオラマ風に遊んでみた

人形という存在は想像豊かな感性の方は人形単体で遊べるのかもしれないが、私はやはり人形に合わせたロケーションがあるとよけいに面白くなる、子供の人形ごっこやママゴトはまさにこの感覚が研ぎ澄まされているのだろう、このミニチュアの場合、アイレベルは約20ミリで廻りを見渡さなければいけません

ここんとこ125分の1の建築模型の図面を作図中で、ブツは昔の繊維工場で先日から頭の中はいつも模型材料を探している、日本瓦だの板壁だの窓枠やガラスだの・・・

最終的にどれくらいの緻密さで作るか決まっていないのだが、模型用の図面も旧図面が残された建屋は作図も楽だったが大半が取り壊し前の写真だけ、写真がどの工場のどの部分を撮したのか確認するだけでも大変、百枚以上の写真を頼りにせっせとCADで奮闘中なのであります

模型を作り始めたらまたブログにでもアップいたします

b0057679_7551330.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2008-10-26 07:58 | 写真 | Comments(2)

闇から闇へ

b0057679_8552635.jpg
ガス抜き
・前首相の福田は一見穏やかそうだったが最後の最後にぶち切れてしまった、しかし麻生は早くも連夜のホテル宴会の質問に記者に八つ当たり、若かりし頃あの祖父にこれで祇園と銀座で遊んでこいと壱千万円もらったとか
新聞の社説にも書かれていたがホテルの安全性を言うなら首相公邸の方が費用もかからず遙かに安全

・自称漫画オタクで若者思考を口にしながら、当然のことながら一度も秋葉原なんぞには行ったこともなく、ましてやメイドカフェや漫画喫茶には一度も足を踏み入れたことはない、金持ちの生まれ育ちらしいが顔からは微塵も感じさせないところが凄い!
現在の私邸が2400平米の敷地に述べ床720平米の家、生まれ育った場所が東京ドームより広いんだって、そりゃホテルのバーは安いんやろなあ〜、しかし日本人感覚では嫌われます

・「ホテルは安い」発言を擁護する鳩山、資産発表では鳩1位で麻2位だった、やっぱりなあ〜

・これで選挙に負ければ最短記録樹立か

・「資本主義とはギャンブルである」まさに今の株式はそのものズバリ、儲けた人が「投資」で失敗したら「投機」ってほんまやねえ〜

・半珍キャッツのボスに「真弓」の名が、私はライトスタンドの最上段に長いハッピでミッキーマウスならぬ真弓コールを行ったり来たりしながら踊る連中が現れてから外野の応援を諦めアルプスへ移動、そのアルプスも浸食され渋々内野へ移動、全員同じ衣装でバットを持ち風船を飛ばすようになってから一度も金を払って甲子園に出かけたことはない

・たかじんのトーク番組で次の阪神の監督は?の質問に、コメンテーターの回答の一番多かったのが川藤でその次が掛布やて〜・・・さすが読売、野球知らずのアホばっかりのレギュラー人をそろえていた、やっぱりお笑い番組だった

・私学助成削減で私学に通う高校生が府庁に陳情に出かけた、「母子家庭で、これ以上母に負担を求められない」の訴えに、橋本君の答え「努力すれば、公立に進んで学習の遅れを取り戻せた」だの「高校でなくても学ぶ機会はあるはず」って逆に女子高生を泣かせてしまった

・敗訴に対する弁護士返上の記事、橋本君と朝日新聞対決の第2ラウンドが見たいのだが、どうも朝日の方がやる気無し

・今気なっている歌は、まだ荒削りだが久しぶりの女性ロックバンドのSCANDALの「DOLL」
今までそれほど気にしていなかったのだがこの曲で急に興味を持ったアンジェラ・アキ「手紙〜拝啓十五の君へ〜」
b0057679_85661.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2008-10-25 09:03 | ご託&うんちく | Comments(2)

チャパティ

b0057679_7293675.jpg
インド料理
先週お仕事用の模型の材料を探しにハンズに出かけたら、何でか知らんけど「カレーフェア」なる物を開催していた、松山容子パッケージの懐かしの復刻版ボンカレーに始まって全国のご当地カレーが一杯、もっとも全部レトルトカレーなので買うことはない

インド料理はいまだに知らないことだらけで特にカレーは奥が深い、昔東京は東銀座の「ナイルレストラン」で食べた本格的なカレーの味は衝撃的でいまだにはっきりと覚えている、それまで食べてきた小麦やジャガイモを使った焦げ茶色の甘辛いとろみのついたカレーはなんだったんだろうと思うほどだった

b0057679_7544021.jpgその時に知ったのがインド料理に欠かせない「ギー」、そのギーが色々の香辛料と一緒に売られていたのだ、早速その横にあったインド料理の本(料理本は写真が重要で内容確認済み)とギーを買ってきました

注:世界の料理本は入門編あたりがよろしいようで、専門書になると道具から香辛料に具材まで知らない言葉が一杯で作る気が失せる、料理研究家の丸元淑生の本などはやさしいと書かれていても、まず道具が大変「ビタクラフト鍋の5511番」と「セラミック砥石のシャプトンM24」・・・頭が痛くなりさらに料理になると
「いわしのキャセロール」「リヒート」「ブレイズ」「ベイク」てなあんばい

作りたかったのはバターではなくちゃんとギーを入れて焼く「チャパティ」、以前はレシピ通り全粒粉だけで作っていたが(買った本も全粒粉のみ)、一度トルコ料理を食べたときに注文したパンがチャパティ風ではまってしまったのだ、つまりパンとよく似た配合で作った方が旨いことに気づいた、それからと言うもの研究に研究を重ねお気に入りの配合を発見、そしてやっとギー入りのチャパティを作り上げることが出来たのであります

夏場の朝食は市販品の食パンやバケットで菓子パンはまず買わない
説明しよう、私が菓子パンを買わないのはコンビニやスーパーで売られている菓子パンは全部と良いほど添加物が混入している、大手のYなどは発ガン性物質まで使用され問題になっている、まだ食パンやバケットあたりは少しはましだと思われる

秋頃になると何故かチャパティが無性に食べたくなってくるのであります、朝からパン焼き!と考えると面倒に思えるがネタさえ仕込んでおけば数分で伸ばして焼いて熱々のチャパティが出来上がる

今度買ったインド料理の本で初めて知ったのが無塩バターで作るギーと大好きなラッシの作り方、どちらも至って簡単であっという間に出来上がります、これからギーも買わずに済みそうだ

次は久しぶりに本格的なさらさらカレーかチャパティによく合う挽肉のキーマカレーでも作りますかな

b0057679_7553649.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2008-10-24 08:01 | うまいもん | Comments(11)

はぁと

b0057679_1026134.jpg
LOVE
雨上がりの苔の色は鮮やかで美しい、何処にでもある苔なのだが車道のはじっこで面白い形を見せていた

アメリカのアーティストのロバート・インディアナは何故か「LOVE」と言う文字だけのデザインが爆発的流行った、最後は切手になるは屋外モニュメントの立体になるは・・・ここまで来ると一つのキャラクター商品になってしまっている

b0057679_840452.jpgアンディ・ワホールや造形のドナルド・ジャッド達と同世代なのだが、みんなPOPな作品を沢山残している、象徴的なことは全員の作品が明るい!

日本では愛だの恋だのをモチーフにした作家が存在するのだろうか?
私自身この手のテーマは苦手で面白さを感じる以前にいつも曳いてしまう、左の写真のようなレベルまで文字が組み立てられるとLOVEそのものが別の次元に昇華し面白い

その点、日本語はデザインが難しくグラフィックの成功例は限りなく少ない、大手の社名ロゴも英語文化圏を追随するかのように各社漢字から英文に切り替わってしまい個性がほとんど失われてしまった、漢字が最高とは言わないがある意味デザイナーの無能力さと怠慢であるかもしれない

追記:私のつたないブログを読んでくださる人から写真が送られてきた、ロバート・インディアナの作品で場所はスイスのサン・モリッツ、LOVEでなくても彼の作品は見ると直ぐ判るのが面白い
写真を送ってくれた彼女は現在イタリアで通訳の仕事をされています、言葉も色も形も楽しい作品です
余分なことだが送られてきた写真の拡張子が「jpeg」でした、勿論なんの問題もないのですが(笑)
b0057679_15544391.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2008-10-23 08:44 | アート・デザイン | Comments(0)

人の跡

b0057679_8424661.jpg
こんな所まで
昨日の朝の散歩は快晴で最高だったのだが、朝早くから頭上をヘリが行き交いしていてうるさい、散歩を終えて家に戻ってもまだ飛んでいる、低空飛行なのでとんでもない騒音になる

お昼のニュースや夕刊で事件を知ったわけだが「ひき逃げ」、数日前に大阪の十三方面で中学3年の女の子が軽四でひき逃げ事件を起こしたばかりなのに・・・

今朝2号線に出てみると見わたす限り車で引きずられた跡がず〜っと付いていた、これが遺体の跡だと思うだけで跨ぐのが少々気が引ける、遺体が発見された場所は我が家から少し離れたところ、新聞には書かれていなかったのだが3キロも引きずられた遺体は骨も露出してボロボロだったとか・・・

事件の起きたのは大阪梅田のロータリー、阪神と阪急百貨店と大阪駅の三叉路部分で横断報道はなくすべて陸橋である、昼間は勿論のこと夜間でも交通量は多く自転車でも横断は危険でましてや車道を渡るとは・・・

横断歩道のない場所の運転手はあまり通行人や自転車を意識していない、ましてや朝方の4時過ぎとなるともっと注意力は散漫だろう、しかし朝方まで飲んでいたとはいえよくぞここを横断する気になったものだ

そう言えば数年前阪神が優勝したとき事件のあったロータリーの車道に熱狂的なファンがあふれ出て車がひっくり返された場所でもある

逃げた道をまっすぐ行くと此花区のUSJ方面へ行くのだが・・・
[PR]
by PUSH-PULL | 2008-10-22 08:48 | 写真 | Comments(3)

公園ののらら、仲良く並んでおります


by PUSH-PULL