<   2008年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

めがね、メガネ、眼鏡 

b0057679_9243984.jpg

平日の公園のベンチには雑多な形態が存在する、一番ポピュラーなのだ老人のちょっと休憩とアベック、近場のOLのランチに読書・・・そして仮眠

写真のベンチにはその仮眠というよりも熟睡状態の男が向こう側にいるのだが、写真の目的はそこではない、このベンチはよく見かけるベンチと違って明らかにデザインされている、Sの字に曲げられたスティールパイプに平板が横張りされている、背もたれはちょうど馬のまたがるような状態でおもしろい曲線がでている

自転車を止めサンダルを脱ぎ気持ちよさそうに寝る男、身なりはこざっぱりしているのだが、おもしろかったのはメガネ!写真では少々判りにくいが板と板の隙間にメガネのツルを差し込み、ちょうど宙浮き状態でレンズがこちらを見ていたのである

私も中学時代からメガネをかけているのでメガネは生活の一部となっているのだが、こんな置き方をしたこともなければ見たこともない、ある意味眼鏡屋さんのディスプレイに近い発想ではないだろうか

メガネといえばやっさんのギャグを思い出す「メガネ、メガネ」と探すだけで笑いをとるとはすごい芸である、最近はきざなメガネが大流行なのだがいまいちデザインがよろしくない

眼鏡のことは何度もここで書いているので今日はちょっとだけにしておく、日本のメガネの流通は異常で非常に価格が高い、眼鏡はカメラのレンズより遙かに大量生産されていて、おまけにカメラのレンズの複雑な機構に比べればたったの1枚、それが万単位で販売されるのだから恐れ入る

補聴器といい車椅子といい、人間の体に関わる補助器具は既得権と保護とで流通そのものがほんまにめちゃくちゃなんやで〜!
[PR]
by PUSH-PULL | 2008-05-31 09:29 | 写真 | Comments(0)

ワイヤレス

b0057679_83170.jpg
なんだかんだとありまして
数日前にパワーブックが我が家にやってきた話を書きましたが、またまた続編なのだ

先日ヨドバシまで出かけワイヤレスのマウスを買ったのはいいがすぐに動かなくなったところまで話したと思うが、打ち合わせの外出ついでの帰りにマウスをヨドバシまで持参、今回は地下鉄で行動

ヨドバシのカウンターで動かなくなったマウスを出し説明をしたら、カウンターのお兄ちゃんは私が持って行ったマニュアルを読み始め、何度かUSBの送信とマウスをいじっていたと思ったらすぐに動くようになったではないか

無線の周波数の切り替えが250種類ほどあり取説通りに繰り返してくださいとのこと、そうなんですトラブったときはマニュアルをちゃんと読まなあきまへんのどすえ、少々恥ずかしい気持ちで再びマウスをお持ち帰りと相成ったのだ

家に戻って再びセッティングし直し使えるようになったのが左の黒い方のマウス、左のUSBプラグが発信器で無線でマウスとやりとりしてくれる、しかしいまいちしっくりこない

再度ネットで今度は純正のMacのワイヤレスマウスを探して格安で無事落札、上の写真を見ていただいたら判ると思うが格段にデザインに差があり、Macの方はスクロール機能がついていないが格段に使いやすい、やはり純正の方がパワーブックにマッチしているのである

トラックボールを普段使っているのでケーブルは一切気にならなかったのだが、ことマウスとなるとワイヤレス環境は非常に軽快である、おまけにUSB発信器も不要なのでマウスがぶつからずノートのすぐ側でグリグリ動かせるのだ

出品者を確認せずに入札したのだが、支払った後出品した人がパワーブックG4と同じ人と判明、元々このマウスは私が買ったノートと一緒に使われていたわけで不思議なご縁である

こうなったらベースステーションを購入してネットも完全にワイヤレスにしようかなっと思案中なのだが・・・何せ先立つものがああああ〜!

マウスが2個もあるのも問題なので左の黒い方のワイヤレスマウスは我が家にやってきたI出氏にお安く払い下げと相成りました
[PR]
by PUSH-PULL | 2008-05-30 08:12 | 私事 | Comments(0)

こんなの大好きである

b0057679_7335387.jpg
ある日の夕方
久しぶりにきれいな空をみた、秋口にはよくきれいな夕焼けに遭遇することがあるのだが、この季節は滅多にお目にかからない

ブログを書いていることもあって外出時には忘れずにコンパクトデジカメを携帯している、携帯でも撮影できなくもないのだが、公称の画総数のわりにはノイズが多く少し大きな画面にすると辛いものがある

もっとも明るい場所での撮影だと使えぬこともないのだが、少し薄暗くなってくるとデジカメには一歩譲ることになる、たぶんに受光部の大きさの問題だと思うが詳しくは知らない

デジカメで何枚か写したのだが、秒単位で形が変わる空を眺めて喜んでいたのは残念ながら私一人だった、足早に道行く人は皆忙しそうで上をみることもない

今日は朝早く猫に起こされた、久しぶりの大雨の中ご帰宅したわけで、つまり体はずぶぬれのまま就寝中の我が寝床に入ってきたからである、おかげでブログアップもいつもより早いのだ

数日前から新聞に「クラスター爆弾」の禁止を検討する軍縮会議がダブリンで開かれている、日本の立場が変で何故に全面禁止に賛成しないのだろうか?我が国憲法から考えると真っ先に賛成しなければならないはず、それがいろいろと制限を設け難癖をつけ全面禁止条約に反対している

いくら条件を付けても爆弾であることには変わりなく、今も不発弾による被害が後を絶たない、日本の軍需産業はほとんど報道はされていないが明らかに兵器生産国である、弾薬はもちろんのこと電子機器に至っては日本が生産を中止すれが米軍の最新式の新しい兵器がすべてだめになるとまで言われている

つまりアメリカの侵略戦争に積極的に荷担していることになり、今回のクラスター爆弾の全面禁止に賛成しない理由もそこにあるのではないだろうか

土佐堀川沿いの空き地にはいろいろな花が咲いている、しかし今日の花は見るからに暑そうである
b0057679_7362641.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2008-05-29 07:41 | 写真 | Comments(2)

漂う

b0057679_8394896.jpg
亀の川流れ
何を隠そうここは大阪のど真ん中の中之島の南側を流れる土佐堀川である、橋を渡っているとき魚がはねるのが見えたのでチャリを止め川をのぞき込んだら、ゆっくりの亀が川を流れていた

速度にすれば時速1km以下だろう、天気は100パーセント快晴で言うことなし、橋の上から見る亀の存在は私にとって時代を超えた存在である

昔の漫才師「ラッパひさまる」のネタで「天王寺の奥池に亀がおりましてな・・・」があるが、実際に天王寺の奥池で親亀の上に子亀が乗って、子亀の上に孫亀が乗っている姿を見たときは大笑いしたものだが、こうして川を亀さんがゆっくりと流れていく様は何ともいえないおもしろさがある

町ゆく忙しい人たちは川をのぞく時間も惜しいかもしれないが、私には一日の中でこうした時間の隙間が大好きなのである

ゆっくりで思い出したが、確か魚の中に泳ぐ速度が時速1mに満たないのがいた、それはフグの仲間で全速力で泳いでもミリ単位らしい

b0057679_844011.jpg昨夜久しぶりに新世界はジャンジャン横丁の将棋の王将へ落語を聞きに行った、落語もお囃子が入ると本格的で非常におもしろい

話芸だけのパフォーマンスは時間を忘れさせてくれる、これもある意味別次元の時間が流れているのかもしれない

昨日は月亭八天・桂団朝・笑福亭風喬さんで、所属も吉本松竹米朝と皆違っているのがよろしいですな、昨日の落語のネタの一つに「佐々木裁き」という初めて聞くお話がありましたが、船場から島之内あたりの昔の大阪の地図が蘇ってくる

どの落語家さんも古い話をうまく今風にアドリブを入れながら誰でもわかるよう演ずる、結構それなりにお勉強しているのでしょうな
b0057679_8444371.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2008-05-28 09:04 | 写真 | Comments(0)

猫の手を・・・

b0057679_8123510.jpg
ものづくり
訳あって等寸の猫を作っている、猫の肉球は見慣れているつもりだったが作るとなると話は別で、初めてしっかりと観察することになった、しかしいつもほっつき歩いている我が家の楽学の肉球はあまりにも汚い

哺乳類でも4つ足歩行の動物たちの足の指は不思議で、基本的に私たちと同じで5本あるが、小指?に該当する1本は後ろ側の上の方にあり役目を果たしていない、肉球フェチなる人をよく見かけるが私にはその意味がよくわからない

確かにさわっているとわからぬでもないが・・・先日テレビで肉球の臭いを嗅ぐのが好きというアイドルがいたがここまでくるとある意味変人に近く、猫にとってははた迷惑ではないだろうか、猫好きなら誰でも一度は肉球あたりをぐっと押さえ無理矢理爪を出した経験があるに違いないが、続けていると猫は怒ってさっと逃げてしまう

今回の猫作りは最初塗装だけの予定だったが、なぜか手の型が行方不明で私が作ることになった、粘土で原型作りからという方法もあったが、とりあえずは木を削って作ることにした

屋外に設置するので木部は樹脂の膜を作ってから塗装の予定、猫の胴体は元々FRPで成形されているので問題なし、制作に当たっての一番の問題は眼球、リアルにするため透明の半球の裏側に虹彩の絵柄を入れてからはめ込むことにしている

完成したらまたこのブログに載せる予定だが、今日はスタートラインの肉球の削りだし止まり
[PR]
by PUSH-PULL | 2008-05-27 08:16 | ワーク | Comments(2)

これも窓

b0057679_8384817.jpg
昔の仕事
現場の打ち合わせにチャリで天満まで出かけたのだが、見覚えのある外壁が目に入った、丁度淀屋橋と北浜の間にある証券会社なのだが外壁が他のビルとまるで違うので直ぐ判る

打ち合わせの帰りに自分がデザインし図面を引いた最上階の外壁装飾をあらためて眺めたのである、予算の関係で管理を離れたので仕事をした意識が薄い、建築中に何度か現場に入ったきりで設営からはノータッチである

しかし今考えてみると何故ここにこんな窓飾りを付けようとしたのか、今もって私自身コンセプトがよく判っていないのだ

こうして眺めてみるとちゃんとまともな仕事をしていたので安心したが、制作中は成型会社といささかトラブルがあった、つまり私の書いた図面を制作会社が読み違えると言う珍しいことがあった、ところがその会社の社長はガンと間違いを認めないのでいささか閉口したが、制作費を私が支払うわけではないので話は平行線のままだったが、その会社で実際に働いている若者達は、私の要望をすべて判っていたので安心したものの、会社経営も大変だとつくづく思わされた仕事であった

そう言えば2ヶ月前にやったUSJのイベント装置のデザイン制作も、木工の発注先の製作会社は図面が社長しか理解できず、あらためて簡単なパースを全部描いた記憶がある

立体の制作に携わっていると、建築は別にしても内装や什器などの仕事をする人は誰でも図面を理解できると思っていたら大間違いなのだ(笑)

そう言えば昔の大工さん達は簡単な平面図だけで家を建てていたわけで、施主の要望に合わせその場その場で考え、経験と知識を駆使して作り上げるという素晴らしい日本文化があったのだ、ある意味デザインなんてモノは不要なのかも知れない
[PR]
by PUSH-PULL | 2008-05-26 08:54 | ワーク | Comments(0)

雪虫?

b0057679_7363118.jpg
むしむし
公園でここ数日雪のようにフワフワと漂う極小の物体が木の枝に集まっていた、先日友達と話したばかりのこの白い物体、名前はまだ知らないがこれは植物ではなく昆虫である

名無しでは困るので調べてみた、友達は虫に花粉がついているのだと言っていたが・・・
もちろん虫だから飛ぶ、名前は「トドノネオオワタムシ」といい、アブラムシの仲間である、よく木に寄生しているあのちっこいアブラムシの親戚という訳なのだが、見た目から別名「雪虫」または「綿虫」とも呼ばれる

今年初めて意識したと言うことは昨年まで気がつかなかったというわけだが、今年は大阪市内でどこでも大量にホコリのように舞っている、飛び方がゆっくりなので手を差し出すとふぁっととまることがあるのだが、小さすぎて皮膚の感覚は一切ない
 
b0057679_7415333.jpgところがさらに調べていると先の名前は違っているようで、写真を見る限り「アオバハゴロモ」の幼虫がより似ていた
ミカンや柿や茶につく害虫らしいのだがこのあたりにそんな木はないのだ、よく似た虫にアワフキ(泡吹虫)がいたがこれは虫が出す綿状の泡なので飛ばない

私の大先輩にアーティストの平田洋一氏がいる、私が彼の作品に始めてであったのが「むしむし」シリーズで、小さいかわいい真っ黒の虫?がいろんなところにくっついている作品群である、その後彼とは公私共々つきあうようになり、最後は一緒にヨットを買うまでになった

かなりの趣味人で奥が深い、手作りのヨットに始まってプロ級の渓流釣り、もちろん山や植物の造詣も深く、作家としての作品も非常におもしろい
[PR]
by PUSH-PULL | 2008-05-25 07:50 | 写真 | Comments(1)

撮影禁止!

b0057679_818317.jpg
ビーチバレー
おっちゃんは少々怒ってみた
自転車に跨ったままバッグからバカデジを出した途端、向こうから関係者のおばちゃんが走ってきた
「すみません、撮影禁止です」
そう言えば一つ手前の橋の上も同じユニフォームを着た人が一杯立っていましたな
「ここは公道なのになんであかんの?」
「とりあえず撮影は辞めてください」
「会場の中なら判るけど、こんな離れた橋の上で撮すのがなんであかんのか説明してください」
「私は判らないので向こうに立っているガードマンに聞いて貰えませんか」
「もういい、写真は撮らへんけど、訳がワカラン」

カメラを出した瞬間に撮した写真がこれで、今話題の都会のど真ん中でのビーチバレー会場である,
砂浜がないと出来ないスポーツがオリンピック競技になったのもおかしな話だが、そんなことを言い出したらシンクロや新体操なども同じで、スポーツって感覚の域を脱しているように思う

ビーチバレーがこんなに人気が出たのは浅尾・西堀ペアの影響が大きいと思うが、残念ながら1回線で負けてしまい主催者側は非常に困っているのではないだろうか

これまではヨットを係留していた大阪最南端の淡輪で毎年世界選手権が真夏に行われていて、何度か見たことはあるのだがいつの間にか中止になってしまった

しかし撮影の押し問答の相手がアルバイトのおばさんだったから強くは言わなかったが、今考えてもおかしな話で撮影禁止の理由は今もって不明、肖像権の問題だったらセミオープンの屋外ですること自体問題がある、たとえこちらが1000ミリレベルの望遠を装着してもやはり禁止はおかしい

このような規制をすればするほどファンはどんどんと離れて行ってしまうのにもったいない話である、ちなみに銭湯仲間のおっちゃんは初日に二千円支払って観戦したのだが、彼曰く
「スマートに見えるけど、みんなでっかいでえ〜!百八十センチ以上で身体がごっついわ」でした

世知辛い世の中になったモノである、その点甲子園の野球観戦はなんぼ撮してもだれにも文句言われへんもんなあ〜
[PR]
by PUSH-PULL | 2008-05-24 08:29 | ご託&うんちく | Comments(2)

鳥居

b0057679_8372164.jpg
おまじない
よく腰壁とかに小さな鳥居が取付られているのは見かけるが、木にぶら下げられているのは珍しい、上の鳥居まで届かそうと思うとかなりの角度と勢いが必要で、ヘタすると自賠責になるかも知れないので要注意

いつ頃なのからなのだろう「立ち小便禁止」に鳥居が使われだしたのは、小さいときにぶっかけると根っ子から腐って落ちるととか言ってはやされたモノだが、腐った話も聞かないし腫れたり落っこちたりした話も聞いたことがないが出所がいまいちよく判らない

既製品の鳥居が何種類も売られているご時世なので被害もそれだけ多いのだろう、昔より立ちションの姿は減ったと言えいまだによく見かける、特に飲んだ後の殿方に多く見受けられ近場にトイレがあっても我慢できぬらしい

もっとも人通りの多い場所や明るいところではさすがに被害が少なく、同じ道路でも地下街で見かけることはまず無い、ちょっと入り込んだ薄暗い場所が狙われるようでこれは犬と同じで電信柱のような対象物が必要と思われる、道のど真ん中や公園の真ん中で一物を出す姿は見かけない、これも一つの防衛本能の現れだろうか?(笑)

誰もいない大草原だと判っていても、前に遮蔽或いは目的物が無いと用を足しにくい、小さい頃から狭い場所での専用の容器にするよう躾られているためだと思われるが、広々としたところでの快感は一度味わうと忘れられなくなる

話は変わってオリックスのコリンズ監督が阪神戦が終わると直ぐに辞任を表明した、会社側の立ち会いもなく立ったままのインタビューはかなり異常である、放出した平野の逆転タイムリーのためだとは思わないが印象深い

どうも会社の経営母体が怪しいところほどゴタゴタが多いような気がする、高利貸しのリース屋がそもそも球団を持つこと自体プロ野球の組織自体に問題がある、中村と宮内がどんな手打ちをしたか知らないが宮内は職業柄いろいろな政治家と連み画策しているようで、このあたりは「日本のナベツネ」あたりと似ている

西武の堤と言い先に挙げたナベツネと言い独裁企業の球団はどうも哀れである、楽天もそう言う意味ではいつ問題が起きるかも知れない状態だと思われるが、ソフトバンクだけ王がえらいのか会社が成熟したのか安定して見えるのがイマイチ不思議である
[PR]
by PUSH-PULL | 2008-05-23 08:50 | 写真 | Comments(0)

PowerBookの続き

b0057679_8581626.jpg
裏側
PawerBook が我が家にやってきた、天気があまりにもよさげなので久しぶりにチャリで梅田のヨドバシ迄周辺機器を調べに行った

西梅田の裏側の風景は何度見ても違った景色に見えるのが不思議だが、チャリでもものの10分ほどでこうした都会にたどり着くのもなんだか変

目的は我がパワーブックは一応ブルートゥースが内蔵されているので、ワイヤレスのマウスあるいはトラックボール、お次がケースとバッテリーがへたり気味なのでその価格、ついでに無線LAN、後はお仕事用のA3のプリント用紙あたり

トラックボールは全部1万以上、全部といっても3種類ぐらいしかない、狭い場所だとトラックボールは非常に便利だと思うのだが余り普及していない、わたしはずっとKENSINGTONを愛用している
Macの純正のワイヤレスマウスは八千円以上もする、ということでまるっきり知らないメーカー「TARGUS]と言うUSBに差し込むタイプのワイヤレスマウスを購入、ノートになれてきたらいずれトラックボールは買うつもり

笑ってしまったのは最初は快調にマウスは動いていたのに2度目の使用でもうアウト!電池は問題ないのだが・・・もう一度ヨドバシまでお出かけの必要が出てきた

バッテリーも一万四千円越えで今回はパス、ケースも種類が多すぎて何の時に使うかはっきりしないと問題ありなのでこれも延期
無線LANの方も今使っているデスクトップが対応していないのでこれもいささか問題あり、でつまり買ったのは直ぐに壊れてしまったワイヤレスのマウスとインクジェットのA3プリンター用紙だけ、もっとも所持金も少なく高額周辺機器を買えなかったこともあります(笑)

下の写真は今朝の国道沿いの花、只今ビッシリと満開
b0057679_8584941.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2008-05-22 09:02 | 私事 | Comments(0)

公園ののらら、何故か立ち止まり私をガン見、写真の粒子が荒れております


by PUSH-PULL