<   2007年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

一ノ滝

b0057679_7405878.jpg
マイナスイオン
久利須村から町の方へ降りていくと子撫川があり、川沿いに一ノ滝・二ノ滝があるが数年前に駐車場や川沿いの遊歩道などが造られ観光客もみかけるようになった、どんな滝でも見ていて厭きることはない、スケールがでかくなるとそれだけで恐れおののき感動してしまう

写真のように滝の側に寄ってみると川底の岩が板のようにせり出しなかなか風情があるので何枚か採集した、滝の直ぐ近くでじっと見ているとマイナスイオンと言う言葉が浮かんできた

いつ頃からだろうかマイナスイオンと言う言葉が表れたのは、何でもかんでも商品のサブに付いていたような気がする、最初はマイナスという言葉がなんだか損をするようなイメージがあったのだが、いつの間にか健康の効能として使われだしたのが不思議である

調べたら1999年頃に始まりピークが2002年とか、この言葉は完全なる造語で自然科学とは何の関係もない、ましてや健康とも無縁なのだが人間の健康志向とは恐ろしくあっと言う間にブームになった、エアコン・冷蔵庫・衣類にタオル、ドライヤーにマッサージにあらゆる日用品、最後は掃除機まで出たのには驚かされる、いかがわしい健康食品関係ならいざ知らず客観的な効果のデーターも無しにまともな家電メーカーまで相乗りするのだから笑ってしまう

先日書いた岩盤浴ならまだ発汗とか副次的な作用があり少しは効能もあるがマイナスイオンに関しては何の有り難みもなさそうなのである、最近話題にしなくなった「あるある大事典」などは真っ先のそのお先棒を担いでいたのは言うまでもない、そして何の実証実験も無しに商品を作りブームの載って売りまくる

b0057679_748591.jpgこうして滝を見ていると少しはマイナスイオンが働いて健康になりそうな気がするのだが、都会の生活で冷蔵庫だのパソコンだの掃除機などでマイナスイオンの効能をうたっても、遙かに電磁波とか高周波の弊害の方が圧倒的に高い、こちらの方は健康障害のデーターが色々発表されているので信用度は高い

調べている間に驚いたのは今も電機屋さんに各種マイナスイオン発生装置が販売されていた、電球型から芳香剤型にペンダント型、高額のイオン発生商品は木製の高級オーディオ装置そっくりでこんな物に何万も支払って買う人がいるのが信じられない

いつもながら商品開発の時にはさもありそうな効能を述べ金儲けをするどこかの大学教授や何とか博士が多数存在するのが面白い   

朝早くに運動会中止のメール、撮影班の出番は無し・・・で今日の花はズッキーニ

b0057679_7412294.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2007-09-30 07:53 | 写真 | Comments(0)

ナニワのロレンス

b0057679_8262658.jpg
面妖
グランドの端からゆっくりとこちらに向かってくる様は、映画とはまるで違うのだけれど、砂漠の蜃気楼の中をゆっくりとオマー・シャリフがラクダに乗ってワンカットの長廻しで近づいてくるシーンを思い出した

このおっちゃんは私の格好の被写体である、会う度にまるで違うファッションで登場してくれるからなのだが、不思議なことに余り体も汚れていず、痩せもせず顔ツヤも良いのである
何より恐れ入るのは公園で寝泊まりしているはずなのに蚊を掻くそぶりもなく刺された跡もない、どんな体質をしているのか不思議でならない

富山もそうだったけれど、大阪の公園は夏以上の蚊が飛び交っている、下水の蓋の廻りには凄い数の蚊柱が立つぐらいで、今時の蚊は小さいくせに痒いのだ、私の体質が変わってしまったのか何故か最近蚊によく刺されるのだ〜

新総裁の支持が小泉ほどではないが結構高い、もっとも就任したてで半分もいかなければ情けない話なのだが、理由が安心感とは笑ってしまう、単に年食っていて穏やかそうに見えるだけで組閣はてんでバラバラの派閥のボスの雁首を並べただけ、小泉政権で冷や飯を食ってきた古賀あたりが自分から申し出て選対のトップとは福田を無視して突っ走りそうなのだ、就任早々総理を筆頭にまたぞろ不正経理がぞろぞろ

新聞を見て相撲のリンチによる過失致死には驚いた、それも親方まで一緒になってやっているとは何処が国技か疑いたくなる、と言うよりも「かわいがり」と称する虐待の上に相撲が成り立っていると言った方が正しいのかも知れない

以前から噂は絶えなかった、よく映像で若手の弟子を竹刀でブッ叩く映像を見てきていたがビール瓶に金属バットとはこれは練習ではなく完全な虐待である、不思議なのは最初に担ぎ込まれた病院の医者がボロボロの体を見て何も思わなかったのだろうか?それと検死した警察は何を見ていたのだろう、朝青龍の時もそうだったが相撲と医者ってなあなあでやっているのだろうか

相撲部屋の親方から口止めされていたと思われるが、親方からこちらで火葬すると親に申し出たのは死者への冒涜であり完全なる証拠隠滅、警察も両親からの申し出が出るまで不審死として調べてこなかったのもおかしい、本来なら虐待によって死亡した6月中に事件になっていなければならないはず、記事ではここ10年で5人も死んでいるのは多すぎる

理事長の北の湖が謝罪で文化省を訪れたのだが、いつの間にかちょんまげが副文化相になっていた、それにしても渡海大臣の腰の低いこと映像で見る限り北の湖の方が偉そうなのだ、久しぶりに彼の肉声を聞いた

そんなことより我が半珍キャッツはどうしてしまったんだろう、安藤が打たれた3ランよりまるでタイムリーが出ないのが心配で勝ち方をいつの間にか忘れてしまっている、10連勝もビックリしたが8連敗はもっと驚いている

一日で最高気温が7度も下がるとは、一夜にして涼しい朝を迎えました

富山を訪れてから花の写真をアップしているが知る限り花の名前を書くことにした、ソバの花の後はホオズキ・コスモス・トマト・シシトウ、知っていましたか?
そして今日が小豆の花
b0057679_826483.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2007-09-29 08:36 | 写真 | Comments(0)

岩盤浴

b0057679_89925.jpg
初体験
大阪でもそうだが富山に行くたびに新しい風呂が出来ている、数年前からまさにスーパー銭湯ばやりなのだが風呂好きの私にとってそのうち共倒れせぬかと心配なのだ

だいたいスーパー銭湯は700円から800円ぐらいのところが多い、現在大阪の銭湯が390円なのでハテサテこの料金が高いのか安いのか、勿論普段は銭湯で滅多にスーパー銭湯には行かない、ちなみにお江戸では400円

知識としては岩盤浴のことを聞いてはいたが、このたび富山は砺波の「湯来楽(ゆらら)」で始めて体験した、私は新しい風呂に行くと必ずそこにある施設は全部体験するようにしている、岩盤浴は風呂代と別に600円必要なのだが何事も経験なり、受付の女性に大人しく説明を受ける

富山のお風呂の凄い所は何処も間違いなく天然温泉なところが嬉しい、まず体を風呂で温めてから岩盤浴用の服に着替える、そのまま石の床に大きなタオルを敷いて横たわる、汗が出たら6度の冷たい部屋でクールダウンし再び岩盤浴の繰り返し、この部屋が面白い、天井に直径1mぐらいの馬鹿でかい氷が付いていて時間が来るとかき氷ヨロシク大きな扇風機のような歯で削られ雪のように降る仕掛けが楽しい

美肌と健康のうたい文句で若い女性が結構多い、風呂は勿論男女別々だが岩盤浴の方は混合で表示が示すように半分が女性専用で半分が男女兼用なのだ、漢方・炭・ゲルマ・マイナスイオン・岩塩・・・と効能が一杯

サウナと水風呂と往復するのと良く似た感じなのだが、汗が噴き出すと言うよりもじっとりと出てくる、べったりと床に横になっていることと衣装を身にまとっているからだろうか、服を着たまま汗を出すというのはなかなか馴染めないのだが、何事も経験なり

昔、服のままそれもスーツにネクタイを締めて川に入ったこともあり、普段着のままで風呂に入ったこともある、川の方は土砂降りの雨に濡れた時の感触の延長線上だが、風呂の方は今までに感じたことのない体験が出来た記憶があるのだが、岩盤浴がその昔の感触を思い出させたのである

岩盤浴やサウナぐらいでにわか美肌にも健康にもなるわけはないが、入浴の満足感と発汗は何ものにも代え難い、それだけでストレス発散になり健康になると言うわけだ、遠赤外線はどんな岩石からでも熱すれば出る訳で、他の効能は期待せぬ方が正解なり

銭湯でも風呂場に入ってくるなり湯をかぶり先に体を洗う、洗い終わると数分湯船に入ってお終いという人を時々見かけるが、その人達はきっとスーパー銭湯や岩盤浴でお金を使うと言うことはあり得ず、そして風呂の楽しみと開放感を知らずに一生を終えるのだ

ちなみに「湯来楽」には、岩盤浴の他に清潔な階段式のサウナ・大浴場・水風呂・ジェットバス・足つぼ湯・露天に窯風呂・源泉温泉・寝ころび湯・漢方のスチームバスなどがありました

岩盤浴をのぞけば新しいスーパー銭湯の基本形で、最近はどの温泉もデザインが良く似ている、富山のような温泉のメッカにこんなに沢山新しいスーパー銭湯が出来ると言うことは、以前からある古い温泉は相当打撃を受けていると思われる

岩盤浴やサウナやスチームバスの入浴の心得、入浴前にきっちりと水分を補給すること、汗が出ると血液がドロドロになるので入浴前に飲む方が入浴後に飲むより圧倒的に効果的、血がサラサラになるとか
b0057679_8245961.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2007-09-28 08:26 | ご託&うんちく | Comments(0)

音訓読み書き

b0057679_9524085.jpg
いつまで経っても知らないことだらけ
ワープロからパソコンと時代が変わったが、漢字力が普通以下だったのが更に低下して漢字が書けなくなった、しかしインプッドメソッドの変換能力のおかげで以前ではおよそ縁の無かった賢そうに見える漢字を一杯使うようになっている

学習用の安い辞書は持っていたが厚さが88ミリもある広辞苑を買ったのはワープロのおかげである、つまり変換された漢字が文章に合っているかの確認が出来なかったからだ、同音異義の文字の何と多いこと

今日の「こ線橋工事」の「こ」の文字が浮かばない、わざわざ平カナにしているのが・・・、場所は富山行きのホームと金沢行きのホームに掛かる陸橋の上がり口に張られている、勿論パソコンで変換しても文字は出てこない、広辞苑で辛うじて近いのが「弧線」なのだが合っているかどうか定かでない、形状的に一番近いのは「コ」で「コ線橋工事」になるがそれならば「弧線橋工事」でも良いわけだ

※友人からの指摘があり以下訂正、変換できなかった理由は私が「こせん」と打ち込んだためで「こせんきょう」と入力すれば「跨線橋」と変換されました、「こ=跨」であり線路をまたぐ橋というわけで何の問題も無し、「コ」も形的には正解なんやけど、だめ?

病院話で恐縮だが口から食事が出来なくなった患者の腹壁から胃にチューブを入れ直接栄養剤や水分や薬を胃に入れるのを「いろう」と言うのだが、この「ろう」という字が書けない、文字を見て普段だったら「あ、そうそう」と言うのだが見ても知らなかった

正しくは「いろう=胃瘻」なのだが、パソコンの変換にも出てこず、私のATOKの重要アイテムの「手書き文字入力」のお世話になった次第、正式には「内視鏡的胃瘻造設」と言う、しかしこの手術にも色々な合併症がある

昨日の夕刊で笑ったのはブッシュの国連演説草稿にふりがなが一杯書かれていたこと、アチャラのフリガナとは発音の仕方を、日本の漢字のルビのように横とか上ではなく正式な文字の後にカッコ内に書き込むことらしい、おまけに音節をハイフンで区切りアクセントの部分は大きくしてあったと言うから凄い、ブッシュさんにとってはありがたいことだったと思うが、それでもフリガナのないアウンサン・スー・チーの所で詰まったと言うから恐れ入る

普段こんな情報は噂になってもはっきりしない物だが、ネットの国連ウェブサイトに間違って載ったと言うから世界中で相当数の人が読んだのであろう

以前からブッシュの幼稚さは何度も取りざたされていた、大学でも後から数えた方がいい成績で遊んでばかりいて馬鹿話ばっかりしていたとか、友達の誰もが大統領になるとは信じていなかったが政治とは訳が判らずアホでも金と生まれがあれば大統領に慣れると言うことを照明したのである

日本でも森あたりがバカさ加減を演じてくれた、これからの未来を背負う「IT産業」を「いっと」の読んでくれたりして政治も結構楽しかったのだが、福田では少し無理かも知れないが彼の場合は老人性何とかを発揮してくれそうである
しかしその森が昨日の組閣の後で動いているというのが信じられないのだ
b0057679_9525330.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2007-09-27 09:53 | ご託&うんちく | Comments(5)

炭窯

b0057679_9262836.jpg
2代目
久利須のこの炭窯は2代目である、最初の炭窯はここから少し遠い所にあった、昔炭を焼いていた場所に新たに作った物だが、老朽化ともう少し大きな炭窯をと言うことでこの場所に作った

関西から私の友人が物見遊山がてら大挙してやって来た、名目は炭窯作りのお手伝いでみんなでわいわいがやがや一応お手伝いらしき物ををさせて貰ったのだが、その炭窯も老朽化して天井が傷んでしまったので夏前からこつこつと新たに作り上げた、今回は一度も手伝わなかったがやっと出来上がり木も入れられ何時でも火が入れられる状態になっている

天井は鉄板を使った釣り天井で、その上に載せられた土は最初の火入れで焼き固められる、最初の火入れの時に出る亀裂はその都度粘土で補修しながら焼き上げていく

一番最初の窯入れの時は床の土の状態がよくないので地面に接した所だけ半焼けで旨く炭にならない、炭焼き中の窯を覗いた時のあの美しさは忘れられない、丁度溶鉱炉のように透明感のある真っ赤な色をした木が陽炎の様に揺らめいているのである、この赤色は何時まで見ていても厭きないのだがそんなことを続けると炭が灰になってしまのだが

ちなみに窯の向こうにある金物のフードと手前までのパイプは、窯から出る煙から木酢を集める装置である、この木酢は効能が凄く殺菌作用があるので希釈しての除草から色々なことに利用される

真冬のストーブの中の薪も囲炉裏の炭もほんの少しだけ良く似た気分を味合わせてくれる、当たり前のことだが炭のことはこの炭窯の持ち主であり制作者の久利須のM氏が詳しい、少し前になるが「炭焼き小屋から」という本を創森社から出版しているので是非読まれたし、M氏とは美谷克己であり私の小学校からの友人でもある

彼のブログのカテゴリ「自然と暮らし」の7月から8月にかけて炭窯補修奮戦記が細かく書かれていて面白い
http://sumiyakist.exblog.jp/

だいぶ前から炭の意味性が見直されて何よりなのだが、山から木を切り出して炭にするまでは大変な労力を要する、根気と体力がなければ絶対に無理な作業でもあり、私にはお手伝いは出来ても自分では絶対無理な仕事の一つでもある
b0057679_9265245.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2007-09-26 09:38 | ご託&うんちく | Comments(0)

久利須の野菜

b0057679_6402242.jpg
手作り
やはりこちらの野菜は美味しい、ぬか漬けも朝採りたてを漬けるので味が違う、何気ないキュウリの酢の物でも大阪で作るのと明らかに差が出てしまう
炭火焼きの味は格別でお肉も野菜も私の食い意地を堪能させてくれます

今日は朝から雨、早くに畑に野菜を採りに行って大阪への土産にしようと思ったが残念なり、天気予報を見たら大阪も傘マークが付いている、しかし私が大阪に着くころに雨も上がっていると思われる

こちらに来ると新聞テレビがおろそかになるのでどうしても野球とか政治問題から離れがち、しかし我が半珍キャッツが苦しんでいるようだ、息切れかしら?

首相代理もおかず国会は停止したままで総裁選とは、まるで国民を馬鹿にしている、相変わらずの国民不在、何か事件や事故や災害があったらどうしていたのだろうと考えるだけで寒気がする

b0057679_650895.jpg

[PR]
by push-pull | 2007-09-25 06:51 | うまいもん | Comments(2)

夏の終わりってか

b0057679_8433631.jpg
蕎麦の花
なぜか久利須村で朝を迎えた、例年よりは暑いとはいえ大阪と違って涼しい、富山も暑さが長引きズッキーニの花もまだ咲いている、夏に殆ど収穫できなかったシシトウやピーマンや茄子が一杯

サンダーバードの窓から見える蕎麦畑は美しかったが、こうして久利須村に来て間近で見る花はいっそう美しい、もうしばらくすると蕎麦の収穫時期を迎える、こちらに住むM氏はここ数年蕎麦打ちが格段い上手になった

最初私も参加して蕎麦の収穫から手回しの石臼で粉をひき、信州で買っきた蕎麦鉢と大阪の道具屋筋で買った蕎麦包丁などを全部持ち込み蕎麦打ちに挑戦したがさんざんな目にあったことを思い出した、今日のお昼に彼が蕎麦を打つと言っているので今から楽しみである

畑に行く途中の山道も秋の小花がいろいろ咲き乱れ美しい、大阪で見る露草と比べると明らかに色が鮮やかで写真写りが良いのである
b0057679_8541768.jpg

[PR]
by push-pull | 2007-09-24 08:57 | 写真 | Comments(4)

看板考

b0057679_902391.jpg
切り文字
何年も、いや何十年も見たことのある看板なのだが「みどりや」の「ど」の字がだいぶ前から抜け落ちて、「み りや」になってしまっていた

近場を通った時にふと見上げたら文字が総て木材で作られていることに気づいた、そう言えば昔の酒屋さんなどの少し手間隙のかかった看板は全部木で作られていたのだった

よく見れば面取りされた「み」の字も上の「フアニチア」の文字も殆ど退色していないのは驚きである、通常赤色は退色が激しいのだが、カシュウか何か漆系の塗料を使ったのだろうか?
それより凄いのは後のトタンが完全に錆びているのに切り文字の取り付けられている板が汚れもせず真っ白なのである、なんでやろ?

木の切り文字の面取りが何とも言えないレトロな感じと暖かさがある、今時のレーザーカットも美しいのだがこの柔らかさは出ない

と、ここまでデザインめいたことを書いたが実はこの家具屋さんには思い出がある、少し先に商店街がありそこに大きなお店を構えているのだが、行く途中の路地にお店の駐車場?らしきスペースがあるのだが、以前はその場所に中古の家具が山積みされていたのである、今はバブルもはじけてしまって家具の買い換えも買い控えるようになったが、その頃はお店も頑張っていたのだ

新しい家具を買うと古い家具が入らなくなる、と言うことでその頃は家具屋が引き取ってきた家具が空き地に一杯積まれていたのである、その殆どが私の家の家具よりホンの少々よろしいわけで・・・
富山の友人が車で来た時には再三この場所に物色に出かけた、良いモノがあるとお店の人に声をかけ不要だけれど綺麗な家具を無償で戴いてきたのである

台所の水屋にガラスの整理棚にタンスに・・・最近は空き地に殆ど家具が置かれていないのは非常に寂しく、毎朝夕に出かける公園の横のマンションの大型ゴミも、とんと良い家具が出なくなった、大阪市の大型ゴミは有償になったこともあるが街から大型ゴミが姿を消してしまったのだ
[PR]
by PUSH-PULL | 2007-09-23 09:12 | アート・デザイン | Comments(0)
b0057679_8565833.jpg
隠し事と無意識の差
私は誤字脱字のオーソリティーである、自慢することではないがデザイン事務所時代から冷や汗もんの原稿ミスや指定ミスをいっぱいしている、しかし校正中のスポンサーからの原稿差し替えなどはこちらの責任ではないが期限あっての仕事なのでその後の時間がとんでもないことになり最終的には請求金額にも関わってくる

新聞を見ていて驚いたのは普段ではあり得ない「誤入力」の記事が載っていた、「悪天候」→「悪天皇」でワープロで作成し発送してしまった、県職員は訓告処分になってしまったがこれが戦前だったらとんでもないことになる

今時パソコンでなくワープロというのも驚くがどうしてこんなミスが起きたのかは内容を読むと少しは理解できる、つまり国体で来県する両陛下の帰京を見送る関係者宛の文面だったこと、こんな文書を作成するのも気を遣うがパソコンと違ってワープロのインプッドメソッドは殆ど学習能力がないのでこれは「tennkou→tennnou」の打ち間違いだろう

私のキーボードは「A」のキーが甘く早打ちするとよく母音が抜け落ちることがあり訳の判らぬ文章が出来る、もう一つは「ん」の後に「ナ行」が来る時に「N」を3回叩くことになるのでこの時もよく間違いをしでかす

「悪天皇」の言葉だがカナ打ちだと「こ」と「の」の間がキー1個半で、ローマ字打ちだと「K」と「N」が0.5個分なのでローマ字打ちの確率が高いのだ、そんなことよりあたまのなかは一生で最初で最後の関わりを持つ「天皇」という2文字で頭がきっと一杯だったというのが正しいのではないだろうか

もう一つは今一番騒がれている「テロ特借法」がらみの話なのだが、以前から自衛隊が米軍への無償で給油する燃料がイラク侵略に使われている事実を政府はずっと無視してきていたが、市民団体「ピースデポ」の調査で米艦隊の航海日誌から政府答弁が間違っていることが発表された、これなどは今までの発表が政府と海上自衛隊の虚偽だったことになる、しかも給油量が政府答弁の4倍と言うから恐れ入る、我々に隠したままとんでもない税金がイラク侵略の支援として使われてきたことになる

市民団体からの指摘というのも情けない話、今ニュースで知ったのだが早速政府が給油支援量を20万ガロンから80万ガロンと訂正発表した、きっとこれはやばいと思たんやろが騙し通せると考えるのが狂っている、やはり情報公開は絶対必要である

先日もテレビ映像で見たのだが、日本の海上自衛鑑の燃料が米補給船を中継してさらに米戦艦に給油されインド洋からイラクへ向かったと言う

年金記録問題はまさに誤字脱字のオンパレードでそこに削除が加わるから始末が悪い、先日公表した宙に浮いた5000万件の中の氏名のない524万件などは、社会保険庁の時間がかかると言う言い訳をよそにPC上では数時間で処理可能という

出来るだけ自分に対してだけは、自戒の念を籠めて誤字脱字の無いようにしたいと思っている今日この頃です
[PR]
by PUSH-PULL | 2007-09-22 09:03 | ご託&うんちく | Comments(0)

睡蓮

b0057679_8554985.jpg
「睡蓮花」
睡蓮の花のように 朝日に向け今日も歌う
睡蓮の花のように この思い水面に光る
花びらが流した涙 貴方は笑えていますか?
上がりまくる季節が来た
ヤバくなれるのは誰・・・俺!俺!OleOle
(声を絞って歌うように)

レゲエグループ「湘南乃風」の睡蓮花の出だしなのだが、最初にサビがありとても印象的で美しいのだが4行目あたりからやばくなる、特にこの後のラップ部分は無理矢理韻を踏んでいるので大半が意味不明

読んで判ったのだがこの種類の歌は聞くモノであって読むモノではない、カタカナが余りにも多く合いの手などは文字にするととんでもないことになる(笑)

写真の睡蓮はJR環状線の高架沿いの公園なのだが場所が場所だけにぐるりはずっとフェンスがありどこからも入ることが出来ない、入り口らしき所には何とか公園と明記されているので私有地ではない、JR職員に花好きがいてるのかしら?手作りの今にも張り裂けそうな水槽に睡蓮の花が一輪咲いている

蓮は泥あるいは湿地が必要なのだが、睡蓮は水槽できれいに咲かせることが出来る、この水槽?を見ているとだんだんと心配になってくる、ご存じのように水とは凄い重量で小学校レベルで恐縮だが1立方メートルで1トンにもなる、つまりこの写真の箱で水の重量は優に200キロ近くある

しかしこれはベニヤ板の箱にブルーシートだけで支えている、フェンス越しに花を観賞するよりも箱の方が心配で落ちついて撮影できなかったのである



b0057679_8563749.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2007-09-21 09:01 | 写真 | Comments(2)

公園で久しぶりに会ったミニピンの太郎君、商店街に昔からあるお茶屋さんのわんこ、気が向くとこうして飛んでやってくる


by PUSH-PULL