<   2005年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

b0057679_9213449.jpg
ブログ開設から
今朝アクセスしたら訪問者の数が10448人、既に越しているのだが実はこの中に私の数も入っている、開設から1年と2ヶ月と言うことは10448ー(360+60)=10028になる、私自身が2度訪れることがあるので今日明日あたりで確実に1万人を突破すること間違いない

「ありがとうございます!」

写真はまずまずとして(これでも結構気を遣って撮影して選んでいます)、文章が余りにも独りよがりの与太話!真面目か不真面目なのか解らない軽薄さ、にもかかわらず読んで下さって感謝いたしております

今日は「チキショウ!」というネタで今年1年の世の中のこき下ろし、罵倒、破邪顕正、武装蜂起をやろうと思っていたのだが、1万と言う凄い数字を見て急遽変更いたしました、人気のサイトでは2日ぐらいのこれぐらいの数字をたたき出すそうだが、無知蒙昧ではいた仕方がないのだ、が・は・は・は、はぁ?

と言うことで有ること無いことの馬鹿話を来年も書きなぐりますので、ご友人親戚兄弟に広く流布することをお願い申し上げます
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-12-31 09:32 | ご託&うんちく | Comments(3)

デジカメ考

b0057679_10362939.jpg
記録
最初に買ったデジカメはリコーのDC-3だった、購入理由は接写が他のカメラより近づけたからだと思う、しかしそのころは記録メディアが無く撮影するたびにパソコンに接続し取り込んでいた

今から思うとパソコンの性能もイマイチ、低解像度のデーターにもかかわらず大変だったが自分一人で撮影からプリントまで出来るのが面白く毎日毎日撮影していたのを思いだす

そうこうするうちにFUJIから縦型のおしゃれにデザインされたFinePix700が出たので即購入、記録はスマートメディア、この「デザインされた」がポイントで私の人生観や美意識に関わってくる、すなわちMacを使うのも性能以上に筐体のデザインの素晴らしさにある、勿論G3のポリタンクのように余り好みでないのもあることはあるが(笑)

「窓派」のように安かろうだけでは絶対に購入しない、毎日使う物や毎日目に触れる物のデザインが悪いと自分自身が惨めになるからだ、お陰でPCでもデジカメでもファッションでもプレゼントされても黙って仕舞ってしまう形の物が世の中には一杯存在するのです

私は好きな物でも結構使い方が荒いので、1台目は落下でダウン、次に同じFinePixの上級種の6800Zを購入、このカメラのお陰でパソコン雑誌のデジカメ写真コンクールで1等賞になりオリンパスの最高機種を戴いた、2台も不必要なので友達に格安で払い下げとここまで良かったのだが、カメラを払い下げたすぐ後に肝心のFUJIの方を紛失!、早い話がお酒の飲み過ぎの置き忘れで次の日奈良から大阪まで前日行った場所をすべからく調べたが出てこずで一晩中泣き明かしました

失なったと言えば手持ちのカメラの中で一番こましな「ライカM3」をタクシーに置き忘れしたことがある、家に戻ってそのことに気づいたときは軽い心臓麻痺を起こしもう少しで入院するところだったのです

仕方がないのでこんどは同じカメラを中古で購入するもまたまた落として動かなくなった、メーカーに持ち込んだが修理するのに1万なにがしかが必要で、ほとんど中古価格と変わらないので断念、兄が買ってまま使っていないデジカメのキャノンの初代IXYを無期限で借りることにしたのだ

半年ほど前に仕事でカメラ仲間の1眼レフカメラを借りて使ったら、今までのシャッターのタイムラグが無くなっているではないか!これはストレス無く写真撮影が出来る、早速サラ金に国民金融公庫・親戚・知人あらゆるツテを訪ねまわって資金をかき集め「ヨドヤバシカメラ」なんぞの定価で買うのは抵抗があるので、ネットで検索し新古品ながら念願の「ジャジャ〜ン!NIKON D70」を手にすることが出来たのである、勿論市価の6掛け位の価格でした

ニコンを選んだのは何十年のニコンカメラ派なので交換レンズ揃っていたことにある、勿論カメラそのものも使い慣れたボディーなのですぐに手になじみ、フイルム代現像代いらずなので無駄で訳に立たない写真ばかりをガンガン撮りまくっています、たまには仕事のお手伝いで飯代を稼いでくれたりするのが「ひじょ〜に」有難い

一眼レフは図体がかさばるので普段はコンパクトなIXYを持ち歩いているのですが(ブログのお陰で何処に出かけるときも必ず持ち歩いています)最近どうも調子が変?バッテリーがすぐになくなるではないか、またまたオークションで市価の1/3ぐらいの新品を購入したのに矢っ張り駄目、つまりカメラが駄目になりかけているのだ・・・寒い朝ほどご機嫌斜めで外にでたとたん電池交換のメッセージが出るのだ、あああああまた金をどこからかくすねてこなくてはならない
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-12-30 10:46 | 写真 | Comments(4)

おおきな木の下で

b0057679_9143499.jpg違和感
町中の公園とか神社仏閣の大きな木を見たときはホッとしたり夏場の涼とか生活にとけ込んでいるが、本町のビルのど真ん中で遭遇すると一瞬どきっとする

余りにも家に接近しているため木のための土とか栄養素とか排気ガスとか色々と心配してしまう、探せばあちこちにあるのだろうと思うが、余りにも廻りが都会化されているのでそのギャップが大きい、それにしても頑張って元気に育っています

私の家の坪庭に偶然育った桐の木を思い出した、僅か5〜6年で直系40センチ強、高さも8メーターを超え、お隣さんからの苦情で切り倒したことがあるからだ

千鳥饅頭でご存じの千鳥屋本舗、しかし調べてみて分かったのだが福岡にも千鳥屋があり、ここは大阪の千鳥屋大阪総本店である、きっと何処かで兄弟喧嘩かなんかのお家騒動があって暖簾分けしたのであろう、どうも食べモンやさんにこんな話が多いですなあ

本店、総本店、元祖、本家・・・ブランドが売りだけに親が死んだら色々もめ事が起きたり、何処かの名字のない家の跡取りみたいに女性は駄目と問題が起きたりと姦しい、千鳥饅頭って名前は良く知っているのだが味も形も頭に浮かんでこない、多分ここ何十年か食べていないからだろう

菓子職人は色々と新しいお菓子を次々と考えて作るが、一生で一つだけでもヒット商品が作れたら御の字だと言われているぐらい、和菓子の世界で新しいお菓子を作るのは難しいと言われている、百貨店のお菓子売り場を見ていると最近は入れ替わりがめまぐるしく、売り上げが増えるとドンドンとケースの本数が増え、売れないとフェイスが狭くなっていきある日突然消滅する

TVなどのメディアで取り上げられたり口コミで行列が出来てもたいがいは数ヶ月で閑古鳥が鳴く、その点阪神百貨店のイカ焼きは何時行っても朝からでも何十人も並んでいて最近は買うことすら躊躇ってしまう
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-12-29 09:19 | 写真 | Comments(0)

大雪

b0057679_9155589.jpg
本当だったら
私自身がこの写真に収まっている筈だったのに、猫の「楽学」のお陰で自宅待機

不思議なことに富山へ行かないと決めた瞬間に、暇にさせては申し訳ないと誰かが思ったか思わなかったか知らないが少しだけ仕事が飛び込んできた、祭日に打ち合わせをして土・日ずっと図面の作画作業、勿論夜には飲み会などと言うイレギュラーなイベントも混じっておりましたが(笑)

この村で一度だけ鎌倉を作ったことがあるのだが、今年の雪はそれ以上だそうでまして12月の雪としてはずっと村に住む人たちも初めてだとか、大阪からこの村へ彼等が移住してから20年来年越しは雪の中だったのだがなあ・・・(; ;)ホロホロ

最初の頃は雪そのものが楽しく早速サロモンの板なんぞを購入し生まれて初めてとクロカンと相成った、家の玄関からすぐに滑れるというわけで、除雪していない山間部の道路が絶好のコースになる、勿論ゲレンデなんぞは存在せず道路から一歩はずれるとブッシュと木立で滑るどころではない

ヘタな私が新雪でひっくり返ると起きるのに一苦労、ストックも体も雪の中に埋もれてしまい情けないことになる、よくぞまあ板のセンターのギザギザとワックスだけで坂を上れる物だと関心ひとしきりなのだが、踏み込みが弱いとそのままずるずると後ろへ下っていくことになる

テレビで見るクロスカントリー選手の板はワックスの違いだけで坂を上っているとか、俄信じがたいのだが

人から聞いた話だが1メーターそこそこの短い山スキー用の板があるそうで、スキーと言うよりカンジキの長い奴と言う用途だろうか?
登りではシールをはめて、下りには外すと言うことらしいが是非一度試してみたい

つまりスピードを全然期待していない鈍くさい私には丁度お似合いかと・・・
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-12-28 09:21 | 写真 | Comments(0)

シンメトリー

b0057679_1195140.jpg
明るいことは良いことか?
上の写真を見て「な〜んだ」と思われた方は「ひじょ〜に」梅田に詳しい、それぐらい大阪駅周辺はめまぐるしく変化を続けていて終わることがない、この急激な変化は建物の老朽化と競争原理だと思うがJRまで参入している

あの薄暗くて汚かった大阪駅東出口の通路である、物づくりにおける対象形とは大昔からの基本的デザインである、エジプト時代からずっとあるがここのはそれほど大層な物では無いが一応まとまっている

大阪駅の1階にこれほどの空きスペースがあったのかと思うぐらい色々なお店が出店し賑わっている、思い出そうとしても昔そこに何があったのか出てこない、宿舎とか貨物の配送とかたんなる物置だったと思うのだがなあ〜?

多分大阪駅北側の膨大なスペースのコンテナヤードが出来た上がったときが、キタの再開発の最終形態だと思うがハテサテ何時のことになるやら、と言うより生きている間に見ることが出来るかさえ危うい

梅田やナンバに大型店舗があるのは分かるのだが、心斎橋や北浜、天満に百貨店があるのは元々そのあたりで創業したからなのだろうか?最終的には心斎橋を覗いて撤退してしまったが百貨店の存在その物が意味を成さなくなっているからだろう、私個人でも衣料品を買ったことはなく必要なのは食料品売り場ぐらいだ

以前天王寺の現場に入ったとき蛍光灯のグロー球が不足したので隣の近鉄百貨店、天王寺のステーションビルのどちらにも電気のかけらさえなかった、大工道具なんぞは勿論皆無でなんと屋上に申し訳程度置かれていたのが記憶に新しい

梅田の百貨店でも書籍売り場を筆頭に無い物だらけである、「約五十貨店」ぐらいがお似合いである、新しく建て変わった「そごう」なんぞは、ご婦人(若者は無視)専用のファッションビルと言っても間違いはない
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-12-27 11:12 | アート・デザイン | Comments(0)

地下通路

b0057679_8534264.jpg
騙し絵
大阪駅西口から地下鉄四つ橋線に通じる地下通路の両側に描かれている、長さ50メーターほどの壁面一杯に色々ロケーションの騙し絵が描かれているのだが、無機質な通路を歩くよりはずっと楽しませてくれる

以前にナンバの名画の模写シリーズを取り上げたことがあるが、こちらは絵画と言うよりも壁画に近い、普通こういったディスプレイは一度創るとずっとそのままなのだが、梅田地下通路の場合は微妙に絵が変わっている、1面が企業の媒体に使われたりしているのだがチャンとフォーマットは守られ違和感なく宣伝するあたりがちょっと驚きである

観られた方は判ると思うが日本人感覚の絵ではない、丁寧に描かれているのだが人物が微妙に稚拙なところが不思議で、これだけのテクニックがあるならもっとリアルに描けると思うのだが・・・

描かれるテーマもシュールリアリズムの流れをくむ騙し絵で「うむ!」と観るたびに唸っている、すぐ傍の西梅田へ続く通路などは味も素っ気もないだけに余計に目立つ

長い直線の地下通路は苦手である、まず何かの時の隠れる場所が見つからないのは一種の防御本能を呼び覚ます、大阪駅北側からスカイビルへ続く内外通路で1対1ですれ違う場合は急に意識をし始め、ましてや向こうからやってくる人が若い女性だとあらぬ妄想が頭の中を駆けめぐり呼吸困難でその場にぶっ倒れそうになる、現在はこの通路も盛況になり体に悪い状況は生まれることもないので安心してすれ違えるようになりました
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-12-26 08:58 | アート・デザイン | Comments(4)

TIME

b0057679_8264612.jpgアジア・ニューズメーカー
タイムの今年の人でビルゲイツ夫妻とU2ボーカルのボノが選ばれたが何となく判るようなきがする、ビルゲイツもボノもアフリカの貧困対策支援活動が評価されたそうで、ボノは貧困やエイズに取り組む支援団体「DATA(債務・エイズ・貿易・アフリカ、の頭文字)」を共同設立しているのが凄い、表紙の写真は合成ではなくチャンと三人並んで撮影したのが矢っ張り「TIME」

ボノは頂点を極めた頃、日本公演を捕鯨禁止を唱ってキャンセルするぐらいの肝いりの活動家で、アイルランド出身というのも何かあるのかも知れません

ビルゲイツの場合は余りにも稼ぎすぎたための罪滅ぼしかと思われるが、何もしないよりはマシだろうと思われる、しかし日本の場合は堤にしても松下にしてもとんとそんな話を聞かないのは国民性?それとも成金趣味?ゴッホの絵を買って一人で眺めるとか、別荘をおばちゃんにプレゼントするとか、訳の解らない「塾」を作るとかが関の山なんだろうか、ゲイツの子供用のワクチン支援は約900億円というからやはり桁が違う

もっと凄いのはアジアの代表としてコイズミが選ばれたそうで「なんでやねん!」と改めてコラムをよく読んでみたら評価に「矛盾に満ちた人」とある、アジアの他の国の新聞では大きく取り扱われたそうだが日本では記事として扱われたかどうかも不明、きっと圧力とかかと勘ぐってしまう
新聞テレビでは今度の10年以上も前から起きていた松下のストーブ死亡の記事を松下が発表するまで誰も何も書かなかった、ずっと前にスクープされていたと思うが記事として没になったと思われる、松下・トヨタに関しては大得意先で批評記事さえ書けないと聞く

折角の晴れのステージだった東アジアサミットは日本にとってどうも総すかんを食らったようだ、コイズミに対する各国評が面白くコラムの転載で申し訳ないが、主催国マレーシアのマハティール首相は「首相の職にいる間は、外交を念頭に行動すべきだ、祈りは心の中ですればよい」ともっともなコメントを発表している

コイズミが「戦没者に対する追悼の意味の靖国参拝が中国・韓国に非難されるのか私にはどうしても理解できない」と言う言葉に対する答えのようで、はっきり言って「理解できないのは、それは貴男がアホだから」

中国・韓国との関係悪化に対し東南アジア各国首脳は「日中の対立は迷惑だ」とコイズミに苦情を言い出している、アジア共同体構想から日本だけが煙たがられている、今のコイズミの取り巻き連中ではほとんど外交は悪くなりはしても改善の可能性はない、もう少しマシな人はおらんのかのう!
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-12-25 08:36 | ご託&うんちく | Comments(2)

エノキ

b0057679_1022152.jpg
絵本
好きなイラストレーターに高森登志夫さんという方がいます、絵本と言っても「木の本」「野の草花」「山や林の草花」なので図鑑に近い、しかし不思議な図鑑で色々な木が立ち並ぶ林の中に子供が遊んでいたりする

でも葉の一枚一枚、幹のディテールは写真と見間違うほど丁寧に描かれ私が今まで見た図鑑の中では最高レベルである、丁度精密描写と絵画の中間と言ったところだろうか、もし書店で見かけたら是非手に取って見てほしい、驚くこと間違いないb0057679_1023424.jpg
植物や昆虫図鑑などは写真よりも手で描かれた方が理解しやすいという面白い現象がある、写真だとたぶん情報量が多すぎて頭の中で抽象化して整理しにくいのでないかと思われれう、ところが上手な絵はその抽象化の部分を済ませてくれているので、全体を瞬間的に把握することが出来るのだ

図書館の調べ物で見る子供用の図鑑に至ってはイラストレーターのレベルの低さかギャラの問題か知らないが、稚拙な絵の本が余りにも多い、これならまだ写真の方がマシで子供に買い与える場合は親の眼力も必要になってくる

榎木(ニレ科)は大きくなると15メーターぐらいにもなりこの季節は葉っぱが全部落ちてしまって枝しか残っていない、高森氏の絵を見ても判るように葉の葉脈がはっきりしていて秋にはオレンジ色の実がなり甘くて食べられるそうだが食したことはない

まっすぐ伸びないので材木としての価値はない、良くて薪炭あたりか、「柄の木」と言う言葉があるので農耕の柄として使われていたとか、今では街路樹や公園で見られ注意してみれば街の至る所にあります

それにしても寂しげな名前表示である、なんだが食用の「榎茸」すなわちエノキを連想し一人で笑ってしまった
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-12-24 10:14 | ご託&うんちく | Comments(0)

積雪

b0057679_853309.jpg
予定変更
富山の友人が積雪のため予定していた大阪行きが中止になった、連鎖反応で大阪での会食も中止になった、友達からライブハウスの場所の連絡がなかったので京都行きを辞めてしまった、突然の電話で祭日の今日始めての会社と仕事をすることになった

大阪市内でも僅かながら白い世界がでけました、太陽の光の当たるとこだけ消えてしもうたけど日陰の土の上は今朝もちょびっと残ってます

南港では今年もホームレスや日雇いのおっちゃんたちの為に30日から年明けの7日までの宿泊施設を今建てています、年末年始は日雇い仕事もなくなるため宿賃も無くなるのです、勿論お弁当ですが飯も出て西成からの送迎バスもあります、その数2000人分

少子化(この言葉には違和感あり)のことを考えていたらホンマに統計開始いらい(1899)始めて人口が減少した、表を見て気づいたのだが出生数が減少しているのは判るが、’72年あたりから死亡数が少しずつ増加している、これはきっと誰かが人減らしをしてるに違いない、エイズにBSE・石綿に戦争・殺人に自殺・インフルエンザに癌、これすべて今となっては人災です

年明け早々に地球の時間を1秒遅らすそうだが天文学的数字なので理解できない、色々な出来事で微妙に1年の長さが少しずつ違うらしい、それよりもビックラしたのは高層ビルが一杯出来ると地球の自転が遅くなるかも知れないと言う説でこれもマクロな数字かも知れないが、他人様のするバカな行為で天変地異が変わるとは俄信じがたい、これならスーパーマンが地球の周りをぐるぐる回り地球を逆回転させたのも理解できるし、ひょっとしたら地球の人間が一斉に平たい物を持って両手を挙げたら地球の回転が遅くなるに違いない

毎年犬々を連れて富山の山奥で年末年始をみんなで楽しんでいたのだが、今年は新しい仲間猫の「楽学」のお陰で大阪で年越しをすることになった、何十年ぶりだろうか・・・おせちも餅もお屠蘇もお雑煮も鍋も寿司もマグロも焼き豚も温泉も何もない正月

久利須村では私と姉でいつもお正月料理を作っていたのだが、流石私一人の為のおせちを作る気がしないので面白い料理をと今から考えている

お暇な方、どうぞ寂しげなオッサンにお声を掛けてやってくださいな(笑)
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-12-23 09:05 | 写真 | Comments(3)

スーパーイコンタ 532/16

b0057679_9413952.jpg
古いカメラ
オークションで落札され無事手放したと思ったら出来が悪く戻ってきてしまった、6×6サイズで名前は「スーパーイコンタ」である

ツァイス・イコンってなまえをご存じだろうか、かってカメラ本体よりツァイスと言う名のレンズで世界一になった、つまりカメラはライカでレンズはツァイスと言うわけです、勿論ツァイスにもコンタックスというライカに負けないブランドがあるのだが少々使いづらい

ビートルズとローリング・ストーンズどちらが好きか?タイガースとテンプターズ、共産主義と資本主義、美人の性悪とブスの正直者、と並び称せられるぐらいライカとコンタックス派が世界中を二手に別れて罵りあう時代があったのをご存じだろうか

カメラに興味の無い方は次を読み飛ばしてください「ドイツはツァイスイコンの名機で、1935〜37 フィルムは6×6(ブローニー) レンズはテッサーF2.8/80 シャッターはコンパラビットB・1〜400 撮影に関しては絞り・ピント(少し固い)・シャッターチャージとややこしい機能のシャッターも大丈夫です」が出品の時のコメントなのだが肝心のシャッターが調子悪くなってしまったのだ、私の方でオーバーホールするつもりなのだが、幾ら掛かるか心配でヘタして売価より高くなるときはこのままお飾りになってしまいそう

製作されたのが1930年代と言うから私よりずっと古く戦前生まれ、フィルムサイズが大きいのとレンズが良いので、驚くほど解像度の高い写真が撮れる、古いカメラはライカにしてもどちらかというと何とも言えないボケ味が魅力らしいが、このカメラだけは少し違うようだ

ボケ味・ソフトフォーカスなど色々な言い方があるが、マニュアルで写せるカメラの場合、レンズの絞りを開放にすると必然的にシャッター速度が速くなります、すると写真の写り込み(焦点深度)が浅くなりピントの合っていないところがボケると言う仕組みなのです

ところが昔のレンズのボケ味というのはピントが合っているのに被写体が滲む?柔らかく?プリントされる、逆に言えばコントラストが緩くなる現象に近い、逆にはっきりくっきり撮影したい時は三脚の上で絞りでレンズを通過する光を最小にしてシャッターを遅くする、安いカメラでもビックリするぐらいはっきりと写ること間違いない

但しボケ味と言っても本当にぼけている場合は当方責任を持ちませんのであしからず
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-12-22 09:50 | 写真 | Comments(0)

公園でしょっちゅ会っているセナ君、キャバリアってみんな温和しくて愛想が良いのでは・・・


by PUSH-PULL