カテゴリ:写真( 1812 )

盛り塩とは

b0057679_9102095.jpg

なんかあったんかな
散歩コースにある新築のお家、ところが前を通ったら家の回りが盛り塩だらけ、時々玄関先に円錐形に塩が盛られた家を時々見ることはあるが、異常なほどの数で家の裏まで

盛り塩は神道のお清めらしく、厄除け魔除けに使われる、そう言えばお葬式で貰って帰ることがあり、玄関先で服にかけてから家に入った記憶があるが、仏教では死者は汚れていないのでこんな風習はない、調べていて知ったのだがお店の前の盛り塩はどうも客寄せの意味があるらしいのだが、こと盛り塩に関しては諸説がありすぎ

この家に何か悪霊が出てしまったのか思ってしまうぐらい、先日もテレビのドッキリで仕掛けられた女優さんが、除霊のために体中に塩、それもごりごり回す食卓塩を体中に振りかけていたのを思い出しました、今朝家の前を通ったら雨で殆どの塩が消えておりましたとさ
[PR]
by push-pull | 2017-02-06 09:14 | 写真 | Comments(0)

「冗談漫画 305」

b0057679_7503291.jpg

ペンキ塗り立て
たまの日曜サンデーと云うのに 何が因果と云うものか朝から雨・・・うん?どこかで聴いたような、ちゅう訳で高齢?の散歩は中止と相成りました

昨日朝の公園、藤棚の支柱に張り紙が、笑ってしまったのだがご丁寧にも反対側にも同じ張り紙がありました

誰がどう見ても塗り立てではなく錆びだらけ、いたずらにしたらこんな張り紙は手に入らない、他に塗り立ての場所があるかと見回したが見つからず

張り紙はともかくこの公園の運営はアラだらけ、置き去りにされた自転車が1ヶ月以上も放置されていたり、植栽の上に忘れ去られたジャンパーが半月以上今もある、肝心の植栽のレイアウトもほめられた物ではない
[PR]
by push-pull | 2017-02-05 07:52 | 写真 | Comments(2)
b0057679_9343072.jpg

面白いのだ
和歌山のイオンに、ロイヤルミルクティーの美味しいジェームス・テーラーと言う名のオープンなお店がある、お店の棚一杯に面白い本が一杯飾られている、どうも持ち寄りらしいのだが勿論読み放題、本の種類も私の好きなデザインやアート関係に料理本に写真集、内容はかなりハイレベルで面白い

そこで見た一冊の写真集が面白く早速ネットで買おうとしたのだが、本の題もカメラマンの名前を忘れてしまい、次に行ったときに忘れないように本の写真を撮って来て探した、最近はなかなか初めての人は覚えにくい(笑)・・・ひょっとしたら前からかなあ、気に入った本のタイトルは「うめめ」で、カメラマンは「梅佳代」さん、買いついでにもう一冊

写真集を買ったのはアフリカの原住民を撮ったヨシダナギさんの「SURI COLLECTION」以来だが、気がつけばどちらも女性ですね、写真内容はまるで違う方向です

「うめめ」は上手い下手を通り越して取り敢えず面白い、風光明媚な写真は一枚もなく何でもない日常が切り取られている、写真集で同じ感覚を抱いたのは赤瀬川源平さんの「トマソン」以来です、見慣れた風景もちょっと見る視点を変えるだけで面白い題材が一杯有るのをしばし忘れておりました・・・はい、勉強になります

でも梅佳代さんの被写体は人物が多く、私が一番苦手とするジャンル、真似しようがないなあ~
[PR]
by push-pull | 2017-02-04 09:40 | 写真 | Comments(0)

映り込み

b0057679_8575117.jpg

デザインのお勉強
あっちゅう間に2月です、ここ数日暖かかったので今朝の寒さが一段と、と言ってもダウンの服は持っておらず、沢山持っているマフラーもまだ一度もこの冬使ったことがない、でも公園で一カ所だけ薄氷が張っておりました

大学時代に彫刻を専攻していたのだが、色々な美術の授業の中で確か「平面構成」と言うのがあったような気がする・・・昔過ぎてうろ覚え、授業で黄金分割だの遠近法だの色々学んだような

現在はシャッターを押すとき被写体が面白ければなるべく構図に凝らないようにしている、この写真の時はほんの少し構図を考えてみました

カメラにはまり始めた頃は奥行きとか立体感とかを考えて写していたこともあったが、ステレオ写真を始めてからその考えが見事に崩壊!、ステレオ写真は逆に正面から観光写真のように動きのない構図の方が面白かったのだ

この被写体は中之島の直ぐ横にあるたいそうご立派な検察庁、ビル回りの空間が広く思いっきりデザインされている、大阪ではこんなゆったりした空間を持つビルは珍しいぐらい、マンションに至っては公開空地何処吹く風で敷地一杯一杯に箱があります

先日もTVで取り上げられていたが、図面では7階建てなのに出来たら9階建てや、いつの間にか駐車場が部屋になっていたりと、オーナーが考えるのは判らぬでもないが、こうした違法建築を作る建築家と施工業者が存在することが異常です
[PR]
by push-pull | 2017-02-01 09:05 | 写真 | Comments(0)

なんとかと煙は・・・

b0057679_8381282.jpg

不思議な煙突
煙突のレイアウトが面白い、表に回って知ったのだがこの建物はテナント募集中でした、2階でどうもお店をしていたようで壁からごらんの煙突が・・・

ところがこの煙突、2階から上に上がらず下に伸びている、で写真を撮ったわけだが下に下がったところで強制のファンを通って右の低い煙突へ、そして下向きに開口していた

つまり強制的に煙を下に引き込んでいたというわけです、幾ら考えても理由がわかりませんでした・・・ひょっとしたら理由はわからないが吸気かも?
何屋さんだったんでしょうね、営業も短かったのかあまり汚れていません

アメリカの空港は大変なことになっている、ヨーロッパやカナダのトップはそれぞれトランプ批難の声を上げているのだが、我が国のおっさんは反論の一つも言えないでいる

もっとも日本は開かれた国のように見えるが、以前から難民の受け入れを拒否し、毎年大勢の人たちが空港で入国を拒否され突き返されている、あまり報道されていないが今のアメリカと似たような物
[PR]
by push-pull | 2017-01-31 08:48 | 写真 | Comments(0)

冬の花水仙

b0057679_8552821.jpg

可憐です
昨日は朝から岬町の兄の家の片付けにみんなで出かけたのだが、行く途中の坂の道沿いに水仙が一杯咲いておりました、そう言えばここから大阪湾を渡ると直ぐ淡路島で、水仙郷と呼ばれる有名な水仙の花畑があったのを思い出したのだがまだ行ったことはない

アップで見るとなかなか美しい、冬に咲く花は数少ないが一番よく見かけるのは椿あたりかな・・・

水仙と言えば水に映る自分に見とれてしまい花になってしまうナルキッソス(ナルシス)の話がある、そこでネットからカラバッジオが描いたナルシスの絵を拝借、しかしこの絵画を何度見ても湖に見えません、さしずめピカピカにワックスを掛けた床あたり
b0057679_8554517.jpg

[PR]
by push-pull | 2017-01-29 09:00 | 写真 | Comments(2)

「冗談漫画 304」

b0057679_91016100.jpg

トラキチ
昨年の写真ですがシーズンも終わってから、我が半珍キャッツには大昔から熱狂的なファンがずっといてます、でもこのレベルの人はごく僅か、おっちゃんの仕草を見れば判るかも知れないが、丁度公園のトイレから出てきたところ(笑)

完全にフルファッションでかぶり物まで!、ゴスロリだのガングロだの色々時代に合わせ面白いファッションが現れ消えていったがトラキチは変わらず

昔は甲子園のライトスタンドによく行っていたのだが、真弓が阪神に移籍して来てからライトスタンドで真弓のミッキーマウスダンスを長いはっぴを着たお姉ちゃん達が踊りながら応援するようになった

立つのが嫌なので、少しだけ値段のお高いアルプススタンドへ、しかしアルプスもだんだんダンスに浸食されていった、内野となるとお値段が張るのでだんだんと甲子園から足が遠ざかってしまった、もっともタダ券を貰ったときは別ですが・・・そう言えばライブでも大阪城ホールのアリーナ席は行きたくないなあ〜、始まった瞬間終わるまで立ちっぱなし!
[PR]
by push-pull | 2017-01-27 09:14 | 写真 | Comments(0)
b0057679_8534323.jpg


曳航
こうした絵を見ると時間間隔が曖昧になる、数日前に撮影した物だがずっと昔のようにも感じてしまう、これで背景の高速道路がなければさらに

堂島川の最下流あたりで、阪神高速神戸線の直ぐ下が上船津橋で私が立っているところが堂島大橋と言うことになります

ヨットに少し乗っていたり釣りが大好きなこともあり、何故か海や川を見るとほっとする、高い山を見ると登りたくなる人もいるようだがそれはない(笑)、私の場合は竿を出したくなるぐらい

曳航されているでっかい船が何を積載しているかよく解らないのだが、時々水が一杯入った船を見ることがあるのだが今もって謎

「君の心に続く架け橋へと・・・」で終わるゆずのヒットソングで曳航の・・・もとい、「栄光の架橋」なる歌があるが、時々貨物の船を後ろから押して進む船もある、船の後ろが凹型にへこんでいて、そこに船の船首がはまり進んでいく
[PR]
by push-pull | 2017-01-24 08:58 | 写真 | Comments(0)

鴨さん

b0057679_8193995.jpg

b0057679_8195243.jpg

コンデジ
水鳥の季節です、図鑑でガンカモを調べたら似た鳥が一杯、多分上の写真がヒドリガモで下の白っぽいのがホシハジロがと思ったが、こちらも同じヒドリガモみたい

朝の散歩では小っこい古いコンデジ(CanonIXY 7.1M)しか持っていないので画質がもう一つ、特にズームで撮ると余計に画質が荒れるみたい、因みに上の写真がズームの中くらいでトリミング、下がズーム大でトリミングは少し、どうもズームで撮った方が荒れますね

私が歩く堂島の遊歩道は水草も無く砂地もないのですが、こうしてやって来てくれます、もう少し上流の大川の桜宮から毛馬あたりだと水鳥が一杯、後は淀川かな・・・

今時のiPhonあたりはとんでもない画質で、古いコンデジでは対抗できませんね、考えればあんな薄いサイズで高画質が出来るなら、いくらでも画質の良いコンパクトで面白いデザインのデジカメが作れるはずなのに見かけませんね
[PR]
by push-pull | 2017-01-23 08:22 | 写真 | Comments(0)

ごくらく極楽

b0057679_9142862.jpg

b0057679_9143917.jpg

まい
普段は雄の摸作の方が私に近寄ってくるのだが、仕事場で作業しているとメスのシャー・アズナブール・マイマイ(通称まいちゃん)が、自作のでっかいマホガニーの仕事机に乗っかってくる、食べる量もサブ(模作)ちゃんより圧倒的に多くのごらんのような体型になってしまっている(笑)

私が近寄るとごらんのようにドテッとお腹をさらけ出す、つまり撫でろ身体表現!、仕事の合間にお相手することになるのだが、犬もそうだが猫もツボにはまると痙攣したように腕や足が伸びてくるので面白い

散歩で会う犬も、首回りを撫でてやると反射的に後足で掻く仕草をする犬が沢山いて面白い、犬もそうだが自分で掻けない頭の上や尻尾の付け根などはウィークポイント

マイと遊んでいると直ぐにサブちゃんもやってきた、一緒に保護された猫を小さいときから育てているのだが、この体格差はいかんともしがたい
b0057679_9145248.jpg

[PR]
by push-pull | 2017-01-22 09:18 | 写真 | Comments(0)

公園でたんまに合うモモちゃん、遊び好きのコーギーです、ご主人は美味しいもつ鍋屋に焼き肉屋を経営している


by PUSH-PULL