カテゴリ:写真( 1812 )

ジュピター その2

b0057679_8462242.jpgと言うことで昨日の続きです
私はそのライカ用35㎜レンズを一本も持ってなかった!それではと調べてビックリライカ純正は高い、ポピュラーなレンズにズミルックス、ズミクロン、ズマロンなどがあるが字面からは風邪を引いて鼻水をすすっているとか、うどんを食べているのかと考えてしまうが、ガラス玉一つが10万を遙かにオーバーし下手すると20万台!一番安いズマロンの中古(程度も低)でも4万前後はする「そんなアホな!」と言うことで、1万以下を探すべく私の目はあの名高きソビエト連邦カメラレンズへと向かったのであった

やっと見つけたのがライカコピー機のゾルキーなどに付いているこのジュピター12、35㎜F2.8なのだ!まだ撮影していないのでプリントのコメントは控えるが、本によるとライカに劣らないと言うことで楽しみです。後にレンズが飛び出しているのは、かの有名なカールツアイス・ビオゴンのコピーとかで広角としては歪みが少ないのだそうです

しかし、このままではジュピター35㎜はマウントの違いでM2には取り付けられない、これはLマウント(スクリューマウント)で、ライカはライカでも古いタイプのバルナック型ライカにしか装着出来ません、そこで登場するのがL→M交換のアダプターの登場です(写真でぼんやり写っている)、これで撮影が可能になったのだ!
絞りだけちょっと使いにくくて、昨日の写真を見ていただければ判りますがピントのリングの内側にあり数字は前からレンズを覗かないと判らないのです

しか〜し、私ごときがライカM2+ジュピターをぶら下げて街を歩いて良いのかと不安になった、ひょっとしたらKGBに狙撃されるのではと心配になってきたので、カメラを見つけられないように隠れて撮影するつもりです

※ライカコピーとしてゾルキーとフェド、コンタックスコピーではキエフ等が有名です、そう言えばニコンもキャノンもみんなドイツカメラをコピーして大きくなったのですから、並べてみるとよく解るがホンマそっくりです!
ところで何故こんなにまでコピー機が出来たかご存じ?
つまり特許が1922年から15年間でドイツのカメラが早すぎた、もう一つ一番不幸なのはその後の特許も戦争に負けたお陰で、連合国はドイツの特許を没収し1946年に無償使用を認めてしまったのです、お陰で海外では一斉にドイツカメラのコピーに走ったのですよ
ドイツにとっての不幸が日本カメラの発達に役立ったのだが、同じ敗戦国なのに申し訳ない

ロシアカメラ2台、左のカメラがゾルキー4型ジュピターの50㎜F2.0、右がフェド1型でフェド50㎜F3.5

感謝の言葉:上のレンズ写真は我が友人みーもーさんからお借りした高級デジカメE-1で撮影しました、改めてお礼申し上げます、私の持っている安モンとは写りが違います、はい
b0057679_847328.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2004-12-12 09:06 | 写真 | Comments(4)

ジュピター

b0057679_8343252.jpg「♪えぶりでぇ〜い、なんやら〜かんやら〜あ〜・・・♪♪〜ってか」
ジュピターと聞いて真っ先に浮かぶのが、ホルスト「惑星」のアルバムを歌っている平原綾香さん、神様の中でも一番エライお人でギリシャ神話呼びするとゼウス、同じかみさんでも、もとい!神さんでも、ギリシャとローマではまるで呼び名が違うがどちらかと言うとギリシャの方がポピュラー?

因みに木星ジュピターの他に「惑星」に入っているのは、火星=マース(戦い)、金星=ヴィーナス(女神)、水星=マーキュリー(商売)、土星=サターン(農業)、天王星=ユーラヌス(天)、海王星=ネプチューン(海)なのだが天王星クラスとなると呼び名を覚えていない

今回は音楽とか星の話ではない、そう!先日オークションで大枚をはたいて買ってしまったライカM2に付けるレンズのお話し、ポピュラーなM3のファインダーは50㎜レンズを元に考えられていて、広角を付ける時は別のファインダーを載せないとフレームが判らない

ところがM2は35㎜レンズをベースに考えられていて、ファインダー一杯が35㎜フレームなのです、ボデーのレンズの左横に付いているちっこいレバーを動かすと、あららファインダーの中心にある、50㎜90㎜のガイドが消えてフレーム一杯に35㎜用のガイドが現れる仕掛けなのだ、「あら綺麗!」ファインダーを覗いただけで感動してしまう私でありました       つづく

よしこの手の書き方をすれば、文章をうんうん言いながら短くせずに同じネタでそのまま何日も書けるのだ、それと長い文章だとこのブログ機能の一つPDF書き出しの時、複数ページなることに気付いたのだ
[PR]
by PUSH-PULL | 2004-12-11 08:43 | 写真 | Comments(0)

観覧車

b0057679_10164944.jpg
夜景
何とかと煙は高い所を好むらしいが、恐がりの癖に人生とは逆に上へ上へと登る癖がある、例えば煙突のてっぺんとか、ループコースターの出始めだったり

此処は南港の観覧車の中で下の方に海遊館が見える、夜の遠景をデジカメのオートで撮るのは無茶な話なのだがブレもにじみも又良し、夜景も絞り優先で三脚を据え撮れば問題ないのだが、手持ち自動となるとさて?勿論ストロボが届く訳でもなく、動く観覧車の中ではすべてお任せなのだ、できあがりを見ればそれはそれで「シズル」感があり絵として見られないことはない

夜の明かりをゆっくりと撮ると時々濡れた感じになることがある、被写体との間に何か透明の膜が出来ると言ったらいいのか・・・・多分にレンズの乱反射の性だとは思うのだが不思議な絵になる

私自身本当はちょっとした渓流に架かるの高さ1m位の丸太の橋もこわごわのへっぴり腰で廻りに冷やかされる始末なのだが、揺れるヨットのマストのてっぺんでセイルのジョイント修理、舟がちょっと揺れただけで下は完全に海!と言う恐い思いもしている
矛盾していると思うが私に何処か持つところを与えてくれると、どんどん登る、但し決しててっぺんには立てないのです、屋上も手摺りさえあれば高さ制限無し、高層ビルのエレベーターも真っ先に窓側へ
逆に平均台はまるでダメで早い話が運動神経と言うか、バランス感覚があかんねんやろなあ・・・

お断りをして置きますが、この観覧車は勿論一人で乗った訳ではない、ましてや彼女でもない、姪甥など総勢5名でまあ賑やかだったこと、恐がりのおちびさんも最初は床ばっかり見ていたが半分を過ぎる辺りからだんだんはしゃぎ出しました
[PR]
by PUSH-PULL | 2004-12-06 10:22 | 写真 | Comments(3)

ラッパー

b0057679_1031023.jpg

ドゥッドゥドゥドドド、ズダッタズダッタ、リズミカルなボイスパーカションが聞こえてくる、だが此処は駅のホーム、お昼過ぎしかも電車も丁度出た後で誰もいない、音の聞こえる方へ歩いて行くと確か先日見たような風景が
ホームの同じ場所に同じ男が壁に向かって立っている、足下には紙袋が4っつ、ホームに入るには最低120円のお金がいる(因みにこの初乗り料金は大阪で一番安い)、先日もそうだったが彼は電車には乗らない
今時のホームには横になれるベンチはない、これは公園でも当てはまるのだが新しいベンチはほとんど横になれず、邪魔な肘掛けが一人分区切りで付いているのだ(誰が肘掛け使うと言うのだろうか)、カタチ的には座ることを拒否した人間無視のデザインのなれの果て

ホームで電車を待っていると、今度は紙袋から取り出した新聞を声を出して読み始めた、まるでお芝居の稽古のように一人で壁に向かって話しかける
「政府は12月14日に期限切れを迎える自衛隊のイラク派遣期間を1年間延長することに・・・・新たに対迫撃レーダーを導入し・・・世論に配慮し・・・」

暗闇のトンネルの向こうから迫ってくるライトと強い風で新聞がめくれ上がり彼の声はかき消された
「2番線ホームに京橋経由松井山手行きが到着しま〜す、白線までお下がり下さい」
[PR]
by PUSH-PULL | 2004-12-01 10:09 | 写真 | Comments(0)

薔薇 バラ

b0057679_1355768.jpg

花とは薔薇、薔薇とは赤色
色々と文句はあるかも知れないが、やはり花とは薔薇でそれも色は真紅(注釈を付けるなら、上の花の色にほんの少しだけ朱がかった赤が良いのだが)
薔薇には色々なお話しや言い伝え、宗教、呪術、家紋etcがある・・・

昨日1輪だけ咲きました、以前はもっと大きな花を咲かせていたのに今度はやっと5㎝ぐらい。
多分春にはもう少し大きなつぼみが・・・
そう言えば薔薇の花を旨く咲かせた記憶がない、2〜3年でいつの間にか行くへ不明に・・・それはオーバーだが、移植とか定植とか挿し木とか肥料云々と色々あるだろうが、花でも木でも私は植えっぱなし!

言い意味で植物は自然に任せている、基本的には茶花とか高山植物とか小さな花が好きなのだが、私の環境では不可能に近い、私の家の猫の額ほどの庭に数万円いやもっとかも知れないが色々な山野草の死骸が埋もれている
b0057679_1364093.jpg
一時カメラを担いで色々な山に登ったり、周辺の植物園を虱潰しに撮影しまくった時代があった、道ばたで咲いているような花は撮影してからも名前を調べるのが大変なのです、上高地に一緒に行った友人は花の咲いていない季節でもどんどん草の名前を言い当てるのには驚いた
私なんぞは花を見ても少ししか名前が判らないだけにただただ唖然!でも面白いのは一度撮影した花は、名前を覚えていなくても花のカタチだけは覚えていて、接写レンズでのぞき込んだ時「ああ、これ写したことあるなあ」ってすぐに判るのだが、仕事には生かされていない

少し前になるが青い薔薇が出来たとかTVのニュースで見たのだが、あれはどう見ても青ではない
どうせならこれくらいの青い薔薇を咲かせてから言って欲しい

私なら「パソコンあったらどんな色の薔薇でも咲かせられる」
[PR]
by PUSH-PULL | 2004-11-24 13:14 | 写真 | Comments(2)

オーバル

b0057679_1054592.jpg
空ついでにもう1枚、都会にしか見られない切り取られた空、カタチの面白さに何とも言えない圧迫感がある。これがいいのか悪いのか個々に感じればいいのだが、異様な空間には違いない。
街を歩いていると負の空間にどきっとすることがある、だまし絵でワイングラスだと思っていたら、黒の部分が顔になっているという絵があるが、同じくネガポジの関係である

当たり前のことだが青空そのものは別にオーバルのカタチをしているのでない、昔NYに行った友人から貰った手紙にニューヨークの街の空は十字だ!と言うメッセージを貰ったことがあるのだが、実際に自分自身が摩天楼を見上げた時その巨大さは日本の風景の比ではなく、まざまざと空をカタチどる十字を認識した

物の見方とカタチ、養老さんの「馬鹿のカベ」もよく似た発想で書かれていて、ちょっと見る視点考えるや視点を変えるだけで、見えない部分が理解できたりする

この空は大阪ナンバに新しくできたパークシティー、セットバックしていく屋上の植裁と遊歩道と階段が面白い、大阪の町作りとしては少し異色な空間ですが、中規模ながら他の閉ざされた街作りとは一線を画している

導入部の2階に焼酎と泡盛専門のお店があるのが嬉しいのだが、森の伊蔵とか魔王が予約制でとんでもない高額で流通しているのをみると「おいおい、なんかの間違いとちゃうん!」とぼやきたくなる。昔酔っぱらうと「民衆の酒焼酎は、安くて廻りが早い・・・・」と大声で歌っていたんやけどなあ

えっ、それなんの歌って?
ホンマに知りませんか?おかしいなあ・・・学生労働者の定番ソングなんやけど
[PR]
by PUSH-PULL | 2004-11-18 11:03 | 写真 | Comments(1)

閑話休題

b0057679_11332754.jpg

あ、あ〜あ 何も言うこと無し
たまにこんな気分になる、今朝の散歩は空を見上げただけでクラクラしてしまった、そう真っ青だ、大阪のど真ん中で滅多に見ることのない青さ
写真的には飛行機雲があったり鳥が飛んでいたり木漏れ日が差し込んでいたりと色々と手法はあるだろう
しかし水平にフレームを組む、これは余分な情報を与えずにそのものを鑑賞するには一番のアングルと思っている
ただ真っ正面と言っても平板で動きのない写真になってしまったらそれこそカメラをぶら下げるのをやめた方が良い

真っ正面、もう大分前になるがステレオ写真を始めた時に気づいたのだ、それまでは被写体に対し少し斜めに構え立体感奥行きなどを出すためあれこれ工夫をしていたのだが、立体写真なのでその必要がない

やり出すとこれが面白い、それからというものスチール写真でも何でも真っ正面!添景や前景も借景も不必要、そのもののメッセージを伝えること、写真に興味を持ち高級カメラなんぞを弄りだしたころは一生懸命奥行きを考えていた、そして正面写真を記念写真とか絵葉書みたいだとこき下ろしていたのだがね

京都の和菓子などの陳列にも遊びがある、例えば5列4段を漆のさらに並べるとしよう、必ず角の一つを外し19個で並べられている
一つ外すことによって生き生きとした動きが出てくるのが不思議で、デザイン感覚の表れかも知れない
[PR]
by PUSH-PULL | 2004-11-17 11:58 | 写真 | Comments(5)

ガムテ

住宅三部作は「ガムテ」でお終い
ガムテって別に「ガムをかむ手」では無い、「がむばってや」の略でもない、ましてや「癌に無敵」になってしまうときっと考えすぎなんやろねえ、字面から行くとガンダムシリーズが近いがこちらの方の知識は生憎ながら持ち合わせていないので質問しないで欲しい。

このお家は以前タバコ屋さんだったようで今でもおばあちゃん一人で営業をしている、この写真の左の方が実はタバコ売りの窓口だったのだが、最初に見た時は窓一面と言うか壁一面まっさらのガムテープがびっしりと縦貼りされていました、何じゃこりゃ!割れた窓を修復するには多すぎる、そこで生活しているのにもっと驚かされた。

ハガキがクリップに止められ売られていたり(多分未だ郵政局の認可を持っているのだろう)奥の方にテレビが放映していて、手前に福助がちょこんと座っている。このテレビの目線におばあちゃんが座っていたのだが、さすがにフレームに入れるのは気が引けました、ハッキリ言って私のカメラは変な目線の素人さんの域を出ないのですから。

タバコ屋さんだと確認できるのはサイドにちゃんと電気の通じているタバコの自販機が数台並んでいることからしても間違いない
でも誰がココで雑貨を買うのだろうと一人心配しているのだが、たまに近くを通る時は必ずこの家の風化具合を確認しおばあちゃんの姿を見てホッとしています

だじゃれついでに昔TVコマーシャルで大年増の女将が丸髷を結い、畳に正座しお辞儀をしながら
「がむていのママでございますと」というとんでもないチープな大阪は十三、割烹の宣伝を見た記憶があるのだが
b0057679_13442543.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2004-11-16 13:49 | 写真 | Comments(2)

桟橋

こんな風景が家の前にあったらどうしますか?
勿論釣りをするのもカヌーに乗るのも自由なのだが、現実に目の当たりにした時のカルチャーショックは尋常ではない
沖へ友人と漕いでいると透明度の高い湖底の水草の間を鱒が一杯泳いでいて、湖畔にはお洒落な家が適度な距離を置いて建っている、どの家にも船着き場があり子供たちがはしゃぎながら飛び込む姿を見る、まるでメルヘンの世界が展開されるのです

ひんやりとした水が心地よい
ぐるっと湖を一周して家に戻るとテラスには昨夜から仕込んで置いたという大きなチキンの熱々炭火ローストとキンキンに冷えたビールが待っていた
b0057679_1058284.jpg

住人の奥様は日本人で、建築関係の仕事とアメリカでの学会などの日本人側通訳をやっているとか、この家は大昔のアメリカンスタイルの別荘でこぢんまりしていたがまるで雑誌に出てくる古いアメリカの家そのまんま、あるんやねえこんなお家が現実に
アメリカでは古い家を買ってそこで生活しながら改装し出来上がると売ってまた引っ越しと言う人々が存在します、個人経営の大工というか、このフリーな移動感覚は日本人にはほとんどいないと思われる

アメリカの郊外の住宅でよくお目にかかるのが、アーリーアメリカンに憧れたお洒落な家なのだが近くによって調べると大違いなのです。多分コスト的な問題が大いにあるのだろうが、横貼りの真っ白が板壁がすべてトタンの成形モノ、一面レンガと思いきやすべてFRP、郵便局の入口にあるテラスの円形の装飾柱がすべてトタン巻で、てっきり左官仕事だと思っていたのが裏切られ最後は笑ってしまうしかない!

柱類も2×4サイズの集合でこんなんで大丈夫と思わず心配してしまう、そこかしこでペンキの塗り替えを見かけ、そこかしこで引っ越しのためのガレージセールを見る
注:向こうで直ぐに慣れにくいのがインチでの工具や部材の購入、感心したのがネジ山が日本では絶対見かけない真四角、よってビット(ドライバーの先)も真四角なのです、驚く事なかれこれがよう効きまんねん、ホンマ

日本の悪しきベニアや壁紙文化も同じ穴の狢のだが、そこまで真似んでも思うぐらい、過去の形式復元に汲々しているのが現実である

勿論お呼ばれしたNY州ピータースバーグ近くの家は完全にホンマモノでしたが、こういった発見は建具や仕様に興味がなければ先ず見過ごしてしまうこと間違いない!

一度アナタの生活空間を見直してください、びっくりしまっせ!
[PR]
by PUSH-PULL | 2004-11-10 11:30 | 写真 | Comments(2)

出窓住宅

先だってめっちゃ親しい友人のI村氏(建築家)の新邸を覗いてきた、勿論豪華な料理と各種酒とそして集まった仲間達の楽しい会話付きだが。さすがに本人が設計しただけに、随所に面白い仕掛けがあり素晴らしい空間に仕上がっていた、生憎カメラを忘れていた改めて彼の家は書くつもりです。

そんな前振りの後で次の話をするのは恐縮なのだが、この家は見た瞬間に笑ってしまった、ある意味お見事と言うしかない。それも大阪ど真ん中淀屋橋、どうしたら手にすることが出来るのか不思議な傘達。
b0057679_14212658.jpg
面白いポイントは通行の邪魔にならず生活できているところにある、クラシカルな橋のデザインに妙に溶け込むというかめり込んでいるところが不思議だ。

これだけ基礎と骨が丈夫だったら少々の災害にも耐えられそうな気がする、下は天然水洗便所だし、BGMというかSEは24時間態勢で演奏してくれている(音源に好き嫌いはあるだろうがね)

この大都会の水とトイレのある近くには必ず、ブルーシートとか呼ばれる住居がそれこそ限りなく存在する。思わずこれが文明都市?かと根底から疑ってしまう風景である。イラクを含む中近東にはこんな景色は見ないと聞く、地下水道で生活する子供たちの話も聞くが、このように堂々と表に露出しているのは我が国だけだろう。

海外の(国境無き医師団など)人々が大阪に来た時の驚愕のもう一つの理由に、彼・彼女達の教育レベルが高さだそうで、住民の読み書きは勿論のこと大卒まで含まれているのだ!
医師団達の「生きる意志の源には健康が一番」と都島区の方に彼らのための無料の診療所を企画されていると聞いたのだが、思いっきり区会議員や住民の反対に遭っているとか。

これも人間のわがままなのか?都会に住む人間には当たり前の光景になっているのが恐ろしいのだが、もっと恐いのは私自身がその中で温々と生活していることである。
[PR]
by PUSH-PULL | 2004-11-07 13:59 | 写真 | Comments(0)

公園でたんまに合うモモちゃん、遊び好きのコーギーです、ご主人は美味しいもつ鍋屋に焼き肉屋を経営している


by PUSH-PULL