カテゴリ:写真( 1843 )

甲羅干し

b0057679_07132850.jpg


買い物帰りの靱公園

先日仕事で使う模型材料を仕入れに、長堀のハンズまでチャリで出かけたのだが必要な物は無し、それまでも徐々に素材類は減っていたが、心斎橋にあった画材の「カワチ」がハンズの8階に入った後も、さらに素材類が激減!物作り屋には大変なことに


昔大阪の江坂に最初のハンズが出来たときは大喜びしたのだが、時代とともに扱う江坂のハンズも商品も代わってしまい現在は素材類は殆ど無しに、ハンズは商品の独自性が薄れつつあります、と言うことで何も買わずに退散


天気が良いので帰りに靱公園を通過、平日の昼過ぎでしたが暇そうな人が一杯、6月でももう甲羅干しの人があっちゃこっちゃに、よく見ると甲羅干しと言うより腹干し!、殆ど上着を脱いだ兄ちゃんだが、なんと向こうの方に水着を着た女性がいたのは驚きました


ちょっと判りにくいが赤い鉄塔の真下あたりに寝そべっております、曇り空でも日傘を差す人がいると思えば、こうして水着で太陽光線を満喫する女性もいてるのですなあ~


今日はこれから大量の下剤を飲み、昼から大腸検査・・・憂鬱で〜す


[PR]
by push-pull | 2017-06-20 07:18 | 写真 | Comments(0)

ストロボ

b0057679_08312654.jpg


b0057679_08313688.jpg

のらら

朝の散歩中猫発見!、そろりと近づいたら猫は直ぐ横の家に逃げ込んだ、多分のららだと思うが家をのぞき込んだらこちらを見ている、バッグからコンデジを取り出し写したらストロボが発光してしまった、改めてストロボをOFFにして再撮影したのが今日の写真です


ストロボに驚いたのか2度目の撮影では1匹は逃げてしまっていましたが、もう1匹は居座ったままこちらをガン見しておりました


人間でもそうですが、目はストロボの光に見事に反応する、猫たちは綺麗なグリーン色に発光しておりました



[PR]
by push-pull | 2017-06-14 08:34 | 写真 | Comments(0)

「冗談漫画328」

b0057679_08361452.jpg

スロープ

少し前だ同じ場所でパイプが括られているのをアップしたことがある、パイプはなくなったのだが新たに紐が括られているのが見えたので、コースを変更して上の道を行くことに


紐の所へ行ってビックリ、覗くと幅10センチぐらいの板にきっちりと紐が巻かれ、その板をロープで吊しております、深さは2m近くある、丁度滑り止めの付いたスロープ状態


何が目的なのかしばらく考えたのだが、あるとしたらこのあたりで生活するのららのためにスロープを作ったとしか考えられない・・・?、しかしこの紐の巻き方はかなり几帳面で隙間無くきっちりと巻かれているのが恐ろしい、しかし我が家のマイマイでは隙間の幅が狭くこのスロープは無理


直ぐ横にも紐が括られていたのでのぞき込んだら、今度はペットボトルが2本吊されております、のらら達の飲料水かしら

今日の出来事はただただ驚くだけです


b0057679_08362995.jpg

[PR]
by push-pull | 2017-06-12 08:40 | 写真 | Comments(0)

「冗談漫画327」

b0057679_09034552.jpg

収穫

収穫滅多に通らない堂島川の遊歩道のコースで遭遇、大きなジャガだったので誰かが置いたのかと思ったが、ジャガが不揃い、よく見ると横の倒れ手いる茎が間違いなくジャガイモの茎、と言うことはこの不揃いのジャガはこの場所で採れた物


こんな狭い植え込みでジャガイモが育ち収穫できるとは驚きである、我が家のほったらかしで育つ玄関のジャガも同じかな


5月にアップした我が家のジャガイモの花、地中ではもうジャガイモが出来ているのだろうか?

http://pushpull.exblog.jp/26873112/



[PR]
by push-pull | 2017-06-11 09:09 | 写真 | Comments(0)

仕事場

b0057679_08191642.jpg

お手入れ

駐車場の直ぐ横の狭い三角のスペース、手作りの鉢が一杯並び、その向こうには何度かアップしたことのある苔でレイアウトした箱庭


私の散歩時間が違うのか、作業するおっちゃんと会うことは滅多にないのだが、直ぐにでも作業できそうなレイアウトが面白い、家の中なら判るがこれが人通りの多い屋外というところが味噌


苔の箱庭はまさに芸術品の域、しかし最近とんでも無い高額の盆栽がニュースになっているが、わざわざ枝を曲げで作る盆栽の良さがイマイチ理解できない、それに盆栽には年単位の時間が必要なのも考えただけで疲れる(笑)


何万ぐらいまでまだ判るが、百万一千万単位の売買となると私とは無縁のジャンルと言うか恐怖を感じます



[PR]
by push-pull | 2017-06-09 08:23 | 写真 | Comments(0)

飼い猫

b0057679_08375178.jpg

リード

年に数回公園で散歩をする猫を見ることがあるが、今日の猫さんは散歩途中で出会った、私が知る限りこの猫を含めリードで繋がれた猫は2


遠目でのらさんかと思ったがリードがあるのに気がついた、温和しく路地の真ん中で寛いでおります


我が家では近場に買い物に出かけるときは家に鍵を掛けないので、戻ってくると表に猫が出ていたりするが、猫の姿が無くても間違いなく玄関の戸は猫の通れる幅だけ開いております、開けるのはかまわないのですが閉めてくれないのが問題


先日も出かけているときに近所ののららと喧嘩をしたようで、耳や体に怪我をしておりました、お向かいさんに教えて貰ったのですが、かなりの大げんかだったようで事件現場には猫の毛が大量に抜けて巻き散らかされていたようです


10日ほど経ちますが耳の怪我は治っておりません



[PR]
by push-pull | 2017-06-08 08:41 | 写真 | Comments(0)

「冗談漫画326」

b0057679_09313457.jpg

シャコタン

久しぶりにお化粧した車を見た、以前はキラキラにイルミネーションを飾ったりペイントしたグラムトラックや、今日のようなシャコタンの車をよく見た物だが最近は激減


シャコタンって車高が短いという意味だと思うのだが、言葉的にはシャコテイの方が判りやすいと思うのですが、写真の車多分車高は5センチぐらいではなかろうか、舗装の行き届いた道路しか走行は無理、悪路だとバウンドしたら一発アウト


塗装も凄いのだが、荷台のツルツルのフタと言うかパネルの存在が・・・、走り勝手や使い勝手を無視するところに改良の美学があるのでしょうな、後でよく見たら運転している兄ちゃんが至って普通です


展示会の仕事をしていたとき、F1の車を展示したのだがトラックから降ろすのが大変、車高が数センチなので長いスロープで無いと無理で、最後は手で車を持ち上げ補助すると言う作業でした



[PR]
by push-pull | 2017-06-04 09:34 | 写真 | Comments(2)
b0057679_08394839.jpg

水たまり

先日深夜に雷とともに大雨が、短時間だったが猫たちは一斉に雲隠れ


次の日の朝の公園にはあっちゃこっちゃに水たまりが、私の横っちょを歩いていた女子中学生が急にコースを変えて水たまりへ!振り返りながら見ていると水のたまっていないぬかるみをそろりと歩いていた


グランド一周コースを廻って先ほどの場所に戻ったところで足跡を採集、結構深い靴跡が付いております、きっとスニーカーも汚れたに違いない、男子生徒や長靴を履いた子供がわざわざ水たまりに行くのを見たことがあるが、女子生徒で遭遇したのは初めてである


そう言えば子供の頃おニューの靴を履いて学校へ行くと、必ずからかわれ踏まれて汚されたのを思い出した、後は散髪したときの「初張り!」で頭をしばかれるのもありましたな、子供の風習と言えばそれまでですが、踏まれるのが嫌でわざわざ真っ新の靴を自分で汚していましたね


ふと小林旭の曲で「水たまり」を思い出した、すっかりメロディーも歌詞も忘れているが、鶴太郎が長いパンタロンをはいてオーバーにこの曲の真似をしていたのも同時に思い出した



[PR]
by push-pull | 2017-06-03 08:44 | 写真 | Comments(0)

「冗談漫画326」

b0057679_08592056.jpg

記憶の埋没

横断歩道で見つけた金属、車が来ないのを確認して戻って採集、PCでトリミングをしていてふとこの金属に記憶があるのを思い出した


多分5年以上前にこのブログでアップしたはず、写真を撮ったときは何とも思わなかったのに、PCでトリミングをしているとき記憶の隅っこからかけらが出てきたようだ


表面がピカピカで存在感が凄い、ステンレス製で多分車の部品ではと思っております、昔のアスファルトは夏場少し柔らかくなり色んな物が埋没していたが、最近ではこうした光景を見ることはまず無い



[PR]
by push-pull | 2017-06-02 09:01 | 写真 | Comments(0)

下町のバラ

b0057679_08541260.jpg


b0057679_08543186.jpg

うむ

以前はバラが花の中で一番好きだった、そして色は真っ赤!、それもインディアンやマゼンダやローズ系ではなくカーマインレッドからバーミリオンあたり、バラを何度か育てたことがあるのだが上手く咲いたことがない

好きな花はバラの後に高山植物を経て山野草に


今日のは散歩中に見つけたバラで、どちらかと言うとほったらかしに近いバラ、上のは直径が20センチ近い大輪のバラです、町ではなかなか私の好きな真っ赤なバラを見ることはない


バラって買うと高いのよね・・・、だから女性へのプレゼントはいつも真っ赤なバラでしたが、もう何年も人に花をプレゼントしたことがございません


下のバラはネットで見つけた私の好みの色、でも写真が少々懲りすぎですね



b0057679_08544015.jpg



b0057679_08544864.jpg

[PR]
by push-pull | 2017-05-29 08:58 | 写真 | Comments(2)

良い面構えののらら、私が口を鳴らすと少しだけ近寄ってきた


by PUSH-PULL