カテゴリ:イベント( 95 )

新たなハリポタ

b0057679_8513493.jpg


「ファンタスティック・ビースト」
1作目の「ハリーポッター 賢者の石」が上映されたのは2001年と15年も前でした、今回見た「ファンタスティック・ビースト」は作者が違っていて、原作者のJ.K.ローリングスがこの映画で脚本を初めて書いたのですが、この作品の成り立ちがいまいちよう判りません、ポッターが出ていないのでハリポタはタイトルにない

タイトルの「ファンタスティック・ビースト」はホグワーツ魔法魔術学校で使っていた教科書の名前だそうで、教科書の「幻の動物とその生息地」を書いたのがこの映画の主人公のニュート

もちろんハリー・ポッターは出てきません、彼が魔法学校へ行くずっと前のお話で同じホグワーツ魔法学校を出た魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが魔法の動物を探しにアメリカに行くお話で、彼の下げているトランクがこの映画のキーポイントです、時代設定は1926年、音楽も全部スイングジャズでした

小学生と一緒に見に行ったので初めての日本語吹き替え、俳優の生の声を気にしないなら映画としてはこちらの方が見やすいですね、映画始まったら全編面白い魔法動物のオンパレード、スゴイ音響とともに破壊と再生、この映画3Dで見たらもっとスゴイやろな

最初なかなか映画に入れなかったのだが(映画のネタもパンフレットから勉強で映画のストーリーからはこれがなかなか判らない)、でも直ぐに合流(笑)、良くできたストーリーでラストまで一気です、カモノハシのような動物やんちゃなニフラーが可愛い、大昔に見た「真夜中のカーボーイ」でダスティンホフマンと競演していたジョン・ボイドが出ていてビックリ

さらに驚かされたのは魔法の長官が最後逮捕されるのだが、逮捕された後変身した姿が、な、なんとブラピ(姪の指摘でジョニー・デップと間違っていた)というおまけ付き、ほんの少ししか出てきませんが

今回の映画を見て感心したというか感動したのは、今時のCGのすごさ!、セットとCGの区別が全く付きません、映画のあり方を考えさせられました
[PR]
by push-pull | 2016-12-21 09:09 | イベント | Comments(0)

美穂蘭ライブ

b0057679_9285664.jpg

b0057679_929656.jpg

年末恒例
四つ橋筋のライブハウスで年末のライブをやり始めてから今年で13年目とか、凄いことです、と言う私はそれ以前からの付き合いでライブは皆勤(笑)

友達の紹介で出会ってから、最初の頃のライブのポスターやチケットのデザイン製作をお手伝いをしていた、おかげで京都を初めて梅田にミナミに西成に二色が浜と彼女のライブのお付き合いをすることに

今回は振り袖姿で始まり艶歌でスタート、何時もならブルースやポップス系が多いのだがまるで違います、途中から昔のCMソングやオールディーズでちょっと年齢層の高いお客さんは大盛り上がりです

最近はライブ活動も活発で、年明けの1月20日(金)に西成のライブハウス「難波屋」でやるようです

b0057679_929193.jpg

[PR]
by push-pull | 2016-12-05 09:32 | イベント | Comments(0)

みんぱく

b0057679_8561774.jpg

b0057679_8563258.jpg

b0057679_8564334.jpg

b0057679_857857.jpg

つづきのつづき
民博は写真OKなので沢山撮影、三脚さえ使わなければ大丈夫でコレは最初の頃から、日本の展示物は撮影禁止が多すぎる、被写体が普段見ることのない物ばっかりで面白い、こういう時に今時のデジカメは高感度なので助かります

こうして写した物を改めて見直すと変な物が多いような気がする(笑)、ていうか見世物の展示を見に行くところからそうですね、特に海外のとんでも無い数の展示物は楽しめます、建物も黒川紀章で梅棹忠夫さんらが中心となり39年前に出来上がっていました

建築模型のレベルは凄い、よく見てもミニチュアとは判らないぐらいです、丁度今同じような仕事をしているので非常に役に立ちます

b0057679_8572678.jpg

b0057679_8574081.jpg

[PR]
by push-pull | 2016-11-02 09:01 | イベント | Comments(0)
b0057679_7422760.jpg

b0057679_7423931.jpg

昨日の続き
万博行きの主目的は特別展の「見世物大博覧会」、大昔から縁日などでは変な興業が一杯、アメリカではサイドショーと言うらしい、少し記憶があったのは「のぞきからくり」「人間ポンプ」「蛇女」・・・

横尾忠則にも通じる昔の見世物小屋のポスターは面白い、世界中の祭りでも同じようなことが行われておりますな、他にもからくり人形や生人形の現物は見応えがあります、以前ブログに書いたことのある松本喜三郎の生人形と興業のポスターもありました

撮影禁止だったのでカタログを買ってきて、家に戻ってきてから見世物の歴史を再確認しております、カタログのポスターで面白かったのは「天下一品!!母性愛 事実物語 親の戒」、どんな興業だったのか覗いてみたい気がする、印刷物が多かったが凄い点数が展示されております

見世物の後は直ぐ横の民博へ、ここに来るのは何年ぶりだろう、来るたびに思うのは展示物が何時も少し新しくなっております、その中でも一番はタッチパネルのモニターの説明だろうなあ、音声説明は早くからあったがこんなのはありませんでした

入る前に、会場が広いので総勢6名に急いでみる見ることを伝えていたのですが、それでも1時間半越えでした(笑)、それぐらいここの展示は広く大量で面白いと言うことです、民博のレストランで遅めのランチ、私はタイ料理のパオランチを食べたのですがエスニックで旨い、食事の後は駅向こうの巨大なショッピングモールのララポートへ、何処へ行っても人が一杯、逆にガラガラだったらそれはそれで気持ち悪いのです

b0057679_7554671.jpg

b0057679_756460.jpg

b0057679_7561545.jpg

[PR]
by push-pull | 2016-11-01 08:02 | イベント | Comments(2)

久しぶりの万博

b0057679_9125923.jpg

人だらけ
久しぶりに民博の特別展を見に行った、千里中央からのモノレールは満員で、駅から万博公園までの道は入場制限するぐらいの人混み、太陽の塔の内部見学とお祭り広場でのフリマなどがあったが、それ以外の目的の人も一杯、それにしてもええ天気です!

少し前に仕事で太陽の塔の内部の簡単な図面を描いたばかりで、塔を見る目が違っている、内部にある生命の樹の高さは40mほどあります

考えれば万博の時にもう仕事をしていたわけで、何度も建設中の会場に足を運んだ思い出が一杯、でも万博会場の地図が完全に頭の中から消失しております

で、メインの特別展「見世物大博覧会」は明日にでも

b0057679_9131557.jpg

[PR]
by push-pull | 2016-10-31 09:15 | イベント | Comments(2)

ジャニス

b0057679_8423967.jpg

スーパースター
先日、十三の第七劇場まで足を伸ばしドキュメント映画「ジャニス リトル・ガール・ブルー」を見てきた、ジャニス・ジョプリンは私の一番好きな女性のロック歌手だったが、残念ながら27才という若さで亡くなった、原因はアルコールとヘロインらしい

こんなに彼女の手紙と写真とフイルムが残されていたことが驚きなのだが、彼女を歌を聴くと今でウルウルいたします、はい!、20歳の時に「モントレー・フォーク・フェスティバル」に出演、この頃はまだソロで活動していた

その後ボーカルとして参加したのが「ビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニー」、彼女を映像で一番最初に知ったのはこの映画でも出てきたが「モントレー・ポップ・フェスティバル(1967年)」で一大センセーションを巻き起こした歌謡力もさることながら彼女の初々しさに驚いた物である、このモントレーはまさにロックコンサートの夜明けでウッドストックなどに繋がっていく

ジミ・ヘンドリックスもこのコンサートで一躍有名になったのだが、ギターとスピーカとのハウリングやギターを燃やしたりたき壊すパフォーマンスは凄かったのです

どうも私は絞り出すような声が大好きなようである、日本では元ちとせなどがそう、ジャニスの「サータイム」などはたまりませんな

家の埃をかぶったレコード棚を探して見つけたのが下の2枚、左が大ヒットしたアルバム「チープ・スリル」これに「サマータイム」や「愛する人が欲しい」などの名作が一杯入っています、椅子に座っているレコジャの「パール」も持っていたはずなのに見つからず、右が死後10年以上たってから発売された「白鳥の歌」で未発表曲も入っております

映画の歌のシーンのテロップを読んでいて思ったのだが、彼女の曲は研ぎ澄まされた魂の絞り出された恋の歌ですね、

b0057679_8424947.jpg

[PR]
by push-pull | 2016-10-25 08:49 | イベント | Comments(0)

静かなお祭り

b0057679_937547.jpg

静かなお祭り
だんじり
昨日は久しぶりに貝塚の病院へ兄嫁のお見舞い、物忘れがかなり進行しておりますが体は元気

貝塚から水間鉄道に乗り換えていくのですが、病院近くの道路は真っ白な提灯がずらり、駅のポスターには来月に貝塚のだんじり祭りがあるそうです、しかし相変わらず街は閑散としており、写真より少し南に平行している旧街道は人の姿も無し

病院から帰り遠くからお囃子の音が、最初小太鼓だったのだ大太鼓が加わり、最後は笛も、大阪市内のお祭りとは大夫拍子も違うような気がするのですが、このたぐいの音を聞くと体が軽やかになってくるのが不思議

歩いていると駅近くで楽車とお囃子の若者を発見、しかし見物客は無く閑散としております、一月も前から練習とはさすがです
昨日は朝の散歩も含め一万七千歩越え、少々疲れました

b0057679_938895.jpg

[PR]
by push-pull | 2016-09-12 09:41 | イベント | Comments(0)

よし子さん

b0057679_857180.jpg

追跡調査
散歩していたら「よしこ」の看板が・・・、そう言えばブログアップしようと思ってTVの歌番組にでた桑田佳祐の「よし子さん」の写真を撮っていたのを思い出した

この曲に興味を持ったのはバックコーラスの女性、凄い高い声であ~あ~と言っているだけなのだがルックスが凄い、白無垢の着物で高島田、目の周りはパンダのように真っ黒というとんでもない出で立ち、さすが桑田ワールド

サザンオールスターがデビューした時は、際物のバンドと思ったぐらい変わっておりました、なんせ曲名が「勝手にシッドバッド」、少し前にピンクレディーの「渚のシンドバッド」が大ヒットした後だったから、このあたりの斜めに見る姿勢は今も変わっておりません、「よし子さん」ってタイトルは変わっているが、曲そのものはどこかで聴いたメロディーが至る所に入っております

白無垢の時は初めてだったので写真を撮らなかった、歌番組に出るというのでカメラを持ち待ち構えていたのですが、残念ながら彼女の衣装は和風からアラビアあたりに大変身、しかしその異形はお見事

あまりにも彼女の存在が気になるのでネットで調べたらどうもサザンオールススターのバックダンサー兼コーラスの佐藤郁美さんらしいところまでは判明、とりあえずとんでも無いインパクトを感じた次第

b0057679_85712100.jpg

b0057679_8572465.jpg

[PR]
by push-pull | 2016-09-05 09:02 | イベント | Comments(0)

お仕事

b0057679_974977.jpg

コーナンプロ
わっわ〜、9月になってしもた

ここんとこ毎日コーナンへお出かけしている、普通のコーナンは日用品がメインだがプロになると工具から資材がたくさんあり朝7時からオーピンしている、昔から時々この手の仕事をしているので色々なサイズの木は持っているのだが、少し大きくなると改めて買い出し

昔はハンズへよく行っていた、江坂にハンズが出来たときはどんなに嬉しかったか、しかし10年前ぐらいからか工具だのパーツだの扱いが無くなってしまった、丁度その頃に長堀にハンズがオープンし色んなパーツも置いていた、今は画材の「カワチ」が扱うようになってから非常にややこしい、って言うかハンズがこうした物を扱わなくなったと言っていい

ハンズの魅力の一つが工具だの部品だったのに非常に残念である、と言うことで今ではもっぱらコーナンプロのお世話になっております、特に模型でよく使う木材ですがMDF(ミディアム・デンシティ・ファイバー)をよく使う、木の端材や木っ端を繊維状まで砕き、熱圧して再加工した材料があるのですがこれが非常に良い、表面はきれいで反らない上に安い、水に弱いのとビスが効きにくいなどの問題はあるが、ちょっとした箱や物作りには最適です、今回も大半がこのMDFで作っております

木材のカットもワンカット30円でやってくれるので非常に助かる、我が家のおもちゃのようなプロクソンの昇降版(卓上の丸鋸)では長いものはダメなので、切っても長さを揃えるのが大変

先日、20カットほど切って貰って支払おうと思ったら、店員さんが「カット数数えていなかったからいらんわ」、ビックリでありがたく無料で帰宅した次第

今回はジオラマのお仕事、最初図面だけの予定だったのだが、途中で制作まで頼まれてしまった、ただいま私の仕事場はミニチュアの作りかけのパーツがでっかい机一杯になっております、あと数日で終わる予定なのですがここ数日アルコホルも控えて夜も働いております

b0057679_98494.jpg

[PR]
by push-pull | 2016-09-01 09:17 | イベント | Comments(2)

美保蘭、難波屋ライブ

b0057679_851562.jpg

ディープです
金曜日に西成の萩之茶屋にある立ち飲みの「難波屋」で美保欄のライブがあったのでお出かけ、さすが西成!地下鉄動物園前から近いのだが着くまでに路上に飲むグループを3組も遭遇

立ち飲みのカウンターを抜けると奥に30人ぐらい入れそうなライブスペースがある、椅子のあるこの場所で飲み食いするとチャージが付き立ち飲みより50円ほど高くなるシステム、と言っても値段が何を飲んでも食べても300円前後だから安い

艶歌を唄った美保欄さんはこんなスペースにぴったり、今回は演歌のカバーをメインにオリジナルをはさんだライブでした、艶歌の方も美空ひばりに水原ひろしとべたべたの定番ソングを歌い上げてまります

驚いたのはこんなディープな場所なのに女性の姿が多かったこと、私が友人とおしゃべりしていると静かにしてくださいと隣の女性に注意される有様でお恥ずかしい

ライブの後は久しぶりにジャンジャン横町を徘徊してから帰宅、何時ものことながら気持ちよく酔っております、はい

b0057679_85273.jpg

[PR]
by push-pull | 2016-07-10 08:56 | イベント | Comments(2)

きりっとカメラ目線ののらら


by PUSH-PULL