2017年 08月 19日 ( 1 )

「怖い絵展」へ

b0057679_09251624.jpg


b0057679_09253435.jpg

久しぶりの兵庫県美

姪たちと阪神岩屋駅で待ち合わせをして兵庫県立美術館へ行きました、美術館に着いてびっくり、お盆とはいえ平日なのにチケット売り場には5~60人の列が・・・!


著名な名画の中から、神話、伝説、寓話、宗教を題材にした怖いお話の絵を集めた物なのだが、これほど人気とは驚きです、絵のキャプションを読まないと怖さが伝ってこないので人の列は非常にゆっくり、よく見ると音声ガイド付けた人が結構多い


著名なところでは、ドラクロア、ビアズリー、ムンク、ルドン、ゴヤ、ピラネージあたり、他にセザンヌが暗い絵を描いていたのを知りませんでした、大好きなピラネージの建築のエッチングの絵を見ていると、ショーン・コネリーが熱演していた「薔薇の名前」や、ハリーポッターで出てくる学校の動く階段などが思い出されます


エッチングなど小さな作品も多かったので展示作品は80点以上もありました、過装飾の豪華な額を旨く改造し絵の前に薄い樹脂板が入っていました、一つだけ残念だったのは絵を鑑賞するには少々部屋が暗かったなあ~


2枚目はオデュッセウスに杯を差し出すキルケーだそうです、足下にはワインで豚に変えらられた乗組員が・・・鏡を使って、本来のオデュッセウスの位置に自分を入れて写す自撮り作品



b0057679_09254586.jpg

こちらは美術館の移動スペース、安藤さんらしい面白い空間なのですが、美術館の導線としては問題だらけ、駅から歩いてくると陸橋を渡り2階から入るのだが、一度1階に下り切符を買ってから3階へ階段で移動の空間が写真


美術館というのは結構歩くので、こうした余分のアプローチは極力減らして欲しい、フリースペースは広いのだが肝心の展示室がフリースペースと比べると極端に狭い、展示室まで案内板がなければ間違いなく迷子になります(笑)


海側の裏庭には、ユニークな作品で知られる、ヤノベケンジ氏の漫画チックなモニュメントが、海を見るとやっぱり神戸ですね



b0057679_09260280.jpg

[PR]
by push-pull | 2017-08-19 09:41 | Comments(0)

ご近所ののらら、面白い配色


by PUSH-PULL