2015年 03月 31日 ( 1 )

保存食

b0057679_9182287.jpg
久しぶりの料理ネタ
人の受け売りだが「料理の始まりは保存食」、意外に思われるかも知れないがこれだけは間違いない、つまり新鮮だと殆ど調理をしなくて食べられる訳で、刺身に生野菜がこれにあたる

ところが冷蔵などと言う保存する道具を持ち合わせないとどうするか、当たり前のことだが焼いたり煮たり炒めたり料理が始まる、それでも収穫が多い場合は干したり漬けたりと色々と調理が生まれた訳である

しかしそんな知識は料理する段には何の役にも立たない(笑)、富山の久利須村から貰った保存食品が今日の食材、一つは野生のクルミ、もう一つはホダギを使って栽培している椎茸

上の写真がそのクルミ料理なのだが、きっかけはスーパーの食品イベントで鹿児島が、積み上げられたお菓子の中にクルミがあった、さっそく袋の裏を見て原材料を確認したら黒砂糖が使われておりました

さっそく調理をすることに、まずクルミを炒っておきフライパンで黒砂糖を水で溶かしそこに少し蜂蜜、黒砂糖が溶けた頃合いを見計らって炒ったクルミを戻す、粘りが出てきたら用意したクッキングパーパーに広げ冷ましてお終い

な、なんと!メッチャ旨いのだ

下の写真は使わずに仕舞っていた干し椎茸、市販の干し椎茸と違って不揃いだが旨い、一度高野豆腐などと筑前煮風の物を作ったがまずまず、もっと日持ちする物を思い佃にすることにした、こちらはネットで検索

水で昆布も椎茸も戻し、その戻し汁で軟らかくなるまで煮てから、これまた久利須村から貰った山椒を入れ甘辛く味付けし市販の鰹節も入れ煮詰めてお終い、これまたご飯が止まらないぐらい美味しいのです

b0057679_9184187.jpg

[PR]
by push-pull | 2015-03-31 09:24 | うまいもん | Comments(4)

公園でしょっちゅ会っているセナ君、キャバリアってみんな温和しくて愛想が良いのでは・・・


by PUSH-PULL