写すこと←→視ること その4

b0057679_810232.jpg
つゆくさ
ツユクサ科ツユクサ属、この季節全国どこででも見られる花なのだが大阪で見るのと久利須村で見たのと、同じ花と思えないほど違っていた、勿論写真を見ておわかりなように久利須村の方が鮮やかで綺麗である

写真入門の一つに風景やポートレートと並び花の写真がある、今ではコンパクトデジカメのマクロモードでお天気さえ良ければこうして簡単に写すことができる、しかし花のアップとなるとバカデジでは無理でやはり1眼レフカメラにマクロレンズと三脚が必要になる

素人ながら花の写真をポジでかなりの枚数を撮っているがポイントは光!、以前しのぎのカメラマンのプライベートな方の写真展を見た、彼は蓮の連作を発表していたのだが夜明け前に現場に着き、夜明けとともに撮影した開花したばかりの花は今まで見たどの蓮よりも美しかった

花はそれだけで完結していて美しく思考のはいる隙間が皆無に近い、テロリストが写した百合だの、革命家のチューリップだの、右翼団体構成員の菖蒲などというものは視る側にとってあずかり知らぬことであり、花そのものの写真で社会批判をすることは不可能に近い

動物や子供の写真と同じでほとんどが被写体の一人勝ちになるのである

仕事をしながら聞いていたFMで気になる情報が、ゲストに大竹昭子なる人物がでていたのだが、彼女が編集した写真の本が面白そうなので、FMを聞きながら直ぐにアマゾンで注文したら次の日の朝もう我が家に届いた
「この写真が すごい」
である、注文してからまだ24時間も経っていないのには驚かされる、妄想のコメントとシニカルな写真が抜群に面白く、見方を変えるとこんなおもろい本が出来上がるのである、100枚の中の数枚は知っている写真であったが是非一度本屋さんで立ち読みされたし

しかし残念ながら花の写真を1枚もない、花はそれだけで美しく何かを語ると言うことはそれは至難の業なのかもしれない

b0057679_8163594.jpg

[PR]
Commented by GuGuGammo at 2008-08-15 19:24 x
->テロリストが写した百合だの、革命家のチューリップだの、右翼団体構成員の菖蒲

トロッキストの写した、牡丹を見たいです。。\(^o^)/
Commented by GuGuGammo at 2008-08-15 19:26 x
.。o○牡丹でも特に緋牡丹 ね。。
~('O')~
Commented by PUSH-PULL at 2008-08-15 19:40 x
そうなんよね、メットかぶってバカボンのパパを見ながら高倉健の背中に拍手を送ってたんやなあ〜!
Commented by GuGuGammo at 2008-08-15 20:19 x
.。o○とめてくれるな おっかさん 背中のいちょうが 泣いている 男東大どこへ行く
あのころが一番面白かった。。。というのは加藤和彦も言ってますねえ。
もちろん彼が言ってるのは60年代なんですけど。。\(^o^)/
サディスティックミカバンドの再編成に採用する女性ボーカルはすべて60年代のの匂いがする人を選んでるし。選ばれた当人はほとんど気がついていないように思えますが。木村カエラは、もろその雰囲気です。彼女を見ている「イーディー・セジウィック」を思い出します。
Commented by 白髭 at 2008-09-03 09:01 x
「この写真がすごい」 ジュンク堂で立ち読みしてきました。本当にスゴイのもあれば どうかな というのもありますが 見方によって写真はどうにでも変るということですね。
また面白い本を紹介してください。
Commented by PUSH-PULL at 2008-09-03 12:54 x
確かに同じ写真一つでもちょっと見方を変えるだけでも面白くなる、もっとも写真そのものにそれだけの要素があるからでしょうな
by PUSH-PULL | 2008-08-15 08:18 | 写真 | Comments(6)

公園ののらら、仲良く並んでおります


by PUSH-PULL