道頓堀川

b0057679_8195156.jpg
久宝寺橋
カンカン照りのさなかチャリで市内をウロウロ、小さな橋にさしかかった時に涼しい風がすり抜けた、ふと止まったのところが久宝寺橋、橋から眺める道頓堀が木洩れ日で妙に寂しげで美しく、かってグレー色だった川がほんの少し緑色になっていた

道頓堀川は淀川から分離し大阪市内を流れ大阪湾に注ぐ堀である、この写真の少し先で川は右に曲がる、そしてあの熱狂的虎ファンのダイブで有名になった戎橋がある、ミナミの繁華街のあたりだけ川沿いに散策路が設けられ今も工事中

久宝寺商店街の3分の1近く店がしまっていて、その1割以上が更地あるいは駐車場になっている、大阪の洋装小物と雑貨の問屋街としての賑わいは何処に行ってしまったんだろう、シャッターの降りた商店街を見ていると川の真上を走る阪神高速道路が大阪の街に繁栄をもたらしたのかはなはだ疑問に思えてきた

東京の渋谷川のようにまだ暗渠になっていないのは救われるが大阪の川の消失度合いはある意味東京より遙かに多い、このブログで大阪の川と言うか堀が総て残っていて交通手段や散策路として川が残っていたらヨーロッパの都市以上と夢のような話を書いたことがあるが、今夏のようなヒートアイランドは絶対になかったと思われる

先日ソウルのど真ん中を流れるチョンゲチョン(清渓川)の復元のドキュメンタリーを見たが、暗渠の上の高速道路を取っ払っ川を復元すると言う、普通で考えるとアホな話が本当に実現されたのにはビックリした、復元された川も美しく街の温度も下がったとか

10キロほどの川だがイ・ミョンバクが選挙公約として掲げ2003年当選後に実際に実行した所が凄い、勿論自然の川として復元できるわけはなくあくまでも人口の川、今この川の持つ功罪を結論づけることは出来ないが、時と共にこの川の持つ意味がはっきりすると思う

今回大阪市長に何人か立候補表明をしているが誰もこのような公約を掲げる人物は皆無で、相も変わらず福祉と経済発展と言うどれがどの候補か判らない毒にも薬にもならないことを言うだけ、結局共産党を覗くオール与党市政は変わることもなく、地盤沈下はとまらんやろなあ
[PR]
by PUSH-PULL | 2007-09-06 08:36 | 写真 | Comments(0)

良い面構えののらら、私が口を鳴らすと少しだけ近寄ってきた


by PUSH-PULL