浮遊

b0057679_824215.jpg
晩のおかず
今朝は体の後ろ側がピリピリして痛い、特にふくらはぎは装着していたナイフのベルトの跡がくっきりと残っている

雲一つない青空の日本海の海で4時間も漂っていたら焼けない方が不思議なぐらいだ、写真は収穫した種類でサザエ・ガンガラ・亀の手・紫ウニ、サザエは晩ご飯のバーベキューの賑やかしに、紫ウニは生食なのだがこのサイズだとバフンウニに比べ味は良いのだがほんの少ししか身が入っていない、他は茹でて頂いたのだが味の方は見た目は悪いが亀の手が一番美味しいかもしれない

一番嬉しかったのは泳ぐ小さなアオリイカでユーモラスで美しい、目の前に来たのですっと手を伸ばすと一丁前にぱっと墨を吐いて逃げた、逃げたと言ってもほんの1mぐらいだから可愛い

富山湾はドン深なので小魚釣りにはあまり向かない、潜っていて顔見知りの魚はスズキ・ベラ・フグ・鯛?そのほか名の知らない小魚が群れをなして泳いでいる、フグに至っては数十センチに近寄っても逃げない、息の続く限りにらめっこしていたのだが私の負け

美しかったのは小鰯の大群に遭遇したこと、大きな固まりで右へ左へ形を変えながらパッパと移動する、フォルムを変えるたびにキラキラと体がきらめく様はまっこと美しくいくら見ていても飽きることはない

日本海の最大の問題はクラゲ、普段盆が過ぎたらというがもう既に現れていた、まだ10センチぐらいの白くいて可愛い奴だがそれでも刺されるとかなり痛い、運が悪いと30〜40センチ位の足に赤い斑点のあるあんどんクラゲに遭遇する、此奴はちょうど焼け火箸を当てられたようない痛みとその跡の水ぶくれがあるのだが、瞬間的にしびれるので刺されどころが悪いと溺れかねない

クラゲのいる海では、平泳ぎでも手は下にかき毎回顔を海に沈め前方を確認する必要がある、そして長い間海面に漂っていると陸に上がった時に平衡感覚が狂ってつまずくことになる

一緒に海に行った友人のブログで富山湾でお散歩する私の写真発見、無断転載しました、Mさん済みません
b0057679_8421938.jpg

[PR]
Commented at 2007-08-14 23:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PUSH-PULL at 2007-08-15 08:54
海中のクラゲはとても美しく時々恐ろしいのだが、一度和歌山の方で水クラゲの大群に突っ込んだことがあるのだこれだけは堪りませんでした、一面真っ白!
陸に上がったクラゲは見るのも哀れ
by PUSH-PULL | 2007-08-14 08:49 | 写真 | Comments(2)

公園でたんまに合うモモちゃん、遊び好きのコーギーです、ご主人は美味しいもつ鍋屋に焼き肉屋を経営している


by PUSH-PULL