建築パース

b0057679_8202478.jpg
神奈川県横浜市地下鉄センター北駅東
人工地盤の陸橋を歩いていて下を除いてビックリした街が止まっている、街角から少女が自転車のリムをコロがしながら走り出てきそうな不思議な絵に近い、これが休日の朝ならともかくも普通の日で写真の左側の建物は数日前にオープンした巨大な総合ショッピングセンターなのだ、採集日は4月24日(火)午前10時50分晴

取り敢えず撮影したがこうして改めて眺めてみると、映し出された風景は都市開発のプレゼン用のまるで絵に描いたようなコンピューターグラフィックスの建築パースそのものである、真っ新でお洒落な建物とケヤキの街路樹の並木道、この近辺には広大な高層の住宅街は取り囲んでいるはずなのに

むかしむかし幕張メッセが出来て直ぐの展示会の仕事に出かけた時に駅前の広大な風景に驚いたことがある、何もない区画整備された土地に道路だけが走り誰もいない車も通らない道の信号機だけが点滅している、その遙か彼方に巨大な博覧会場の幕張メッセの屋根が見えた、まだホテルなども建築中でパラっとビルがあるだけ

しかしこの写真の風景はすべて出来上がっている、車道より広い歩道を歩く人が存在しないのは誰のための設計だったのだろうか、見えるのはぽつんぽつんと引っ越しか荷下ろしらしき貨物車が数台

b0057679_822598.jpg横浜ノースポートモールの話を少し書いたがその続きがある、仕事が終わってから店内をウロウロしていたとき不思議な場所に遭遇した、それがこのバルーンの写真である、何気なく通り過ぎようとして「?」この場所は何のスペースなのだろう、周りをじっくり眺めて理解したのだがつまりオープンしたばかりなのにテナントが埋まっていないのである、地方の過疎化の市街地ならともかくこれから伸びようとする新興住宅地の商業ビルに空きがあるとは

そういえば大阪の1等地の大阪駅前の桜橋から梅田新道にかけて企画ビルが1〜4と次々と建てられた時、訪れてビックリした、1階と地下の食堂街は立ち退きをしたお店が優先的に入り埋まっていたが2階以上はガラガラなのである、大阪市がらみの三セクが原因か知らないがとてつもない権利金と家賃が設定されていてこれでは普通の商売では入居不可

その中でも大阪駅前第3企画ビルはビルの中にもかかわらず巨大な日本建築もどきの事務所があり、それが2000億詐欺の永野一男率いる「豊田商事」である、現在はもっとテナントが減り完全にゴーストビルとして大阪のど真ん中に建ち続け毎年毎年膨大な赤字を生み出しているのだが誰もその責任を取ることはない
[PR]
by PUSH-PULL | 2007-05-09 08:44 | 写真 | Comments(0)

公園で久しぶりに会ったミニピンの太郎君、商店街に昔からあるお茶屋さんのわんこ、気が向くとこうして飛んでやってくる


by PUSH-PULL