かほる

b0057679_853282.jpg
沈丁花
じんちょうげが今年も咲きました、と思って昨年のブログの書き込みを見たら3月16日で書き込みには数日前に雪が降り最低温度が2度と書かれている、今年は2週間も早くしかもずっと暖かい

昨年と比べることは日記でも残しておかないと難しい、よほどのことでもない限り日付までは覚えていないもので、よく事件の取り調べで「何月何日あなたは何処で何をしていましたか?」などと聞かれても私には絶対に思い出すことが出来ない、行ったことと何を食べたかは覚えていても何月何日はありえない

最近などは1年前どころか数日前でもやばくなっているのだ、先日テレビで若年性認知症をドキュメンタリーで写していたが直視するのが耐えられないぐらいだった、私より若い男がエレベーターの前に立ったがエレベーターの押し方が判らない、やっとエレベーターが来たとたん乗る目的を忘れてしまい直ぐに家に戻ってきてしまう、日常的なことが判らなくなるとは・・・

ネットサイトの認知症チェック
1,曜日が判りますか
2,前と同じように道が判りますか
3,住所・電話番号を覚えていますか
4,物がいつものしまわれている場所を覚えていますか
5,物がいつもの場所にないとき、見つけられることができますか
6,電機製品(洗濯機やテレビのリモコンなど)を使いこなすことが出来ますが
7,自分で状況にあった着衣が出来ますか
8,買い物でお金を払うことが出来ますか
9,身体の具合が悪くなったわけでもないのい、行動が不活発になりましたか
10,本の内容やテレビの筋が判りますか
11,手紙を書いていますか

9と11以外は大丈夫なのだが、次の家族のための認知症あたりからやばい
12,数日前の会話を自分から思い出しますか
13,数日前の会話の内容を思い出させようとしても難しいですか
14,会話の途中で言いたいことを忘れることがありますか
15,会話の途中で適切な単語がでてこないことがありますか

家族の認知症を疑う
16,よく知っている人の顔がわかりますか
17,よく知っている人の名前を覚えていますか
18,その人たちがどこに住んでいるか、仕事などがわかりますか
19、最近忘れっぽくなりましたか

結果はまだまだ大丈夫だったが数個にチェックが付いてしまった、花の香を嗅ぐとどうもお話が滅入りがちになってしまった(笑)私の一番好きなハーブは「ローズマリー」でその理由は主成分のカルノシン酸が神経成長因子の生成を高める効果がある訳で、早い話が記憶力が良うなるちゅうこと、おまけに殺菌効果でお肉が長持ちします

じんちょうげに日が差しすとさわやかな香りが小さな庭一杯に広がった、何とも言えないほんのりとしたあまい香りで身体が落ち着く、街や病院で嗅ぐ人工的な臭いは苦手である、特に芳香剤系はきつめのものを嗅ぐと気分が悪くなる、最近少しはましになったが消臭剤と称する臭いはよくぞまあぬけぬけとTVで臭いを褒め称えるに至ってはメーカー側の神経を疑うが最近特にこの手合いのCMが多いような気がする

10数年前にたばこを止めてから臭いと味覚は戻ったというか敏感になった、だからといってタバコの煙が漂うバーでも少し座っていれば直ぐに慣れかなりの悪臭でも仕事は出来る、アメリカのエセ文化人のような喫煙家蔑視は絶対やらない、と言うか蔑視できるような生き方をしてきていないのだ(笑)

花言葉は栄光・不死・不滅・歓楽・永遠、地味な花の姿には似合わないぐらい勇ましい
[PR]
by PUSH-PULL | 2007-03-03 09:05 | 写真 | Comments(0)

公園で久しぶりに会ったミニピンの太郎君、商店街に昔からあるお茶屋さんのわんこ、気が向くとこうして飛んでやってくる


by PUSH-PULL