中之島

b0057679_955771.jpg
土佐堀川
川の流れは絶えずして悠々とあるが この川を遡れば琵琶湖に行き着く・・・はず

土佐堀川を下がれば堂島川と一度合流し安治川と木津川にふたたび別れ、安治川は六軒屋側と一緒になり大阪湾へ入り込む、木津川は道頓堀川と交差し再び木津川と尻無川に分かれそれぞれが大阪湾へとつづく
逆に上れば中之島挟む堂島川と合流し大川(旧淀川)と名前を変え途中で寝屋川と別れるが毛馬閘門を経て淀川へ、しかし最近まで「毛馬閘門」を毛馬の肛門とばかり思っていた節があり「閘」の字を知っている人はほとんどいない

上町台地から本町あたりが「大坂」の昔からの中心部である、川沿いに米倉が建ちそれぞれの藩が居を構えていた、その名残で地名も土佐堀・肥後橋・阿波座・江戸堀・京町堀・備後町・安土町・筑前橋・・・

私の立っているのは土佐堀川にかかる土佐堀橋、川はビルの中にとけ込むかのように行く手を遮られ立ち止まって見える、デザイン事務所時代この中之島にスポンサーの大手広告代理店がありほとんど毎日のように近くにあった事務所から出かけていた、おかげで何時も渡る肥後橋だけは特に印象が深い

堂島川の橋は上流から天満橋・天神橋(天神祭のお渡りがある、中之島に降りる階段があり途中に石彫りのライオンが鎮座する)・難波橋(ここまで共通)・鉾流橋・水晶橋(この橋は夜になるとライトアップされ放水される)・大江橋・中之島ガーデンブリッジ(橋の上で休息、車不可)・渡辺橋・田蓑橋(このあたりから誰も名前を知らない)・玉江橋・堂島大橋・上船津橋・船津橋とつづく

土佐堀川は同じく上流から天満橋・天神橋・難波橋(この橋の中間に中之島に降りる螺旋状の道があり自転車で降りるとかなりスリルがある)・梅檀橋(北詰に新しくなった中央公会堂がある)・淀屋橋(京阪の終点、中之島側に市役所と日銀が控へ、船場側に日本生命と住友村があり大阪の中心とも言える、江戸時代の豪商「淀屋」が建立管理をしたと言われ御堂筋の北端でもある)・錦橋(階段を上がらないと渡れない橋、北詰にフェスティバルホールがあるが昔ここにスケートリンクがあった)・渡辺橋(東京の日本橋と同じで高速が上を通り景観は最悪)・筑前橋(北詰に市立科学館と最近できた国際美術館があり新しい中之島の顔が出来つつある)・常安橋・越中橋(この橋を渡った人はかなりの中之島通といえるぐらい幅が狭く目立たない橋)・土佐堀橋・湊橋・瑞建蔵橋と木津川に入る昭和橋

大阪の町には橋というなの地名が無数にある、つまり全て川(運河)が流れていたわけだがほとんど埋め立てられてしまっている、もしこれが今も残され交通や観光に使われていたらベニスに勝る美しい町として景観を世界に自慢していただろう、京都や奈良の景観論争などまだ論争が起きるだけマシなぐらい大阪は無作為に経済優先で破壊されてしまっている、その経済優先が成功していたならともかく誰もご存じのように大阪の地盤沈下は激しい、低下と共に行政側の様々な腐敗と癒着が表沙汰になってきた

かって運河を造った行政とはどんな体制を作っていたのだろう、これも町の発展のためと計画されたに違いないのだが、ここ数十年の市の息のかかった建造物は全て赤字!どんな経過を経て計画建造されたのか参加された行政・どこぞのプランナーとマーケティング・広告代理店・ゼネコン・・・は改めの得度の世界には入り懺悔すべきだと思うのだが、連中は今も赤字なんて何処吹く風と新しい金の出何処を模索し吸い上げている
[PR]
by PUSH-PULL | 2006-10-21 09:21 | 写真 | Comments(0)

公園も急に暖かくなりました、のららもノンビリ


by PUSH-PULL