工具考ー鋏

b0057679_9455578.jpg
Scissor
16年前にティム・バートン監督の「シザーハンズ」という心優しくも奇怪なファンタジー映画があった、その主人公のエドワードを演じたのが今は大スターとなったジョニー・デップなのである、よう考えたらその後の彼の出演する映画はアメリカにしては珍しく単なる娯楽映画がほとんど無い事に気づかされる

タイトルに文具考と書こうと思ったがこれは文具の枠を越えているので工具に変更した、一般の家庭にこれだけハサミのある家はあまり無いと思うのだがどうだろう、この中に数本とんでもない高額なハサミが含まれているがそれは最近はあまり使うことがない

工具箱を探せばまだまだ出てくると思うのだが身近にあったモノだけを並べて撮影してみた、写真のハサミは比較的使っているハサミである、普通は下段中央の紙切り用の洋ハサミはどの家庭にもあると思うが、これも百均あたりで入手するとあっという間に切れなくなる

昔のハサミは要のところが外すことが可能で刃を研磨することが出来たのだが、最近は大工道具も含め全て使い捨てでノコギリの目立てなどという文化は20年以上も前に廃れてしまっている
現在研磨文化が存在するのは民芸品や神具関係など高級木工関係の工具類と、板前文化が継承されている料理人の包丁だけではないだろうか(日本刀などの特殊なモノは除く)、肉切り包丁になると砥石は使わず丸ヤスリと空中ですりあわせるだけでかなりのテクニックを必要とするが、日本の何種類もの砥石を使った包丁研ぎと比べると切れ味は桁違いに悪い
そういえば我が家には粗砥から仕上げ用の青砥まで砥石が一応揃っている

研磨で難しいモノの一つがハサミである、特に下段左側の和鋏(別名握りバサミ)で、私もこれだけは研ぐのに何時も四苦八苦している(笑)
写真のハサミの種類を書いておくと、和鋏3本・文具用洋バサミ4本・洋裁バサミ3本(これが一番高い)・金切りバサミ(板用)・金バサミ(針金など)・剪定バサミ2本・花用バサミ・ニッパー2本(内一本は模型制作の必需品)・やっとこ型ニッパー?(釘の頭とばし)・鼻毛切り・けば切り?

バカでかい洋裁バサミがあるのは昔我が家が縫製業を営んでいた名残である、鋏の切れ味と切る技術を試すには良く滑る裏地を二枚合わせ丸を切るとすぐ判る、まず同じ大きさの丸を切るのは至難の業で腕に自信のある方は一度試されたし(笑)

ほかにも若者の仕事で鋏が必要なのは美容院でこの鋏もべらぼうに高い、今何故か美容師が使う鋏やクシを入れる革製の腰に巻くバックがファッションとして流行っているのがよく判らないのだが、ファッションとはどこから火がつくのか読めないところが面白い、美容師になろうと思うと最初に目の前で空中で鋏の切る練習をさせられる、つまり刃の下側を動かさず親指を入れている上の刃だけを上下させる、これも上達するのにはかなり時間を要する

子供の鋏を使うのを見ていると判るのだが、上達には物作りの物好き度と良い文房具、切れない鋏を持たせると子供は作る意欲を喪失してしまう事を世の母親は覚えていて欲しい、多分母親自身が包丁や鋏に何の興味も無いことを想像するに・・・(笑)

自慢ではないが私は高座に上がるレベルには達していないが、音楽を口ずさみながら空中で似顔絵を切ることが出来るのだ
[PR]
Commented by GuGuGammo at 2006-08-08 12:10 x
.。o○40年ほど前に、母が独逸で買い求めた料理包丁と最近日本で買い求めた同じブランドの料理包丁は同じように研いでも切れ味が違います。あまりに不思議なので、その道の権威にたずねてみたら素材の鋼が、違うからだそうです。ふうむ、やはり昔は包丁の鋼ですら良かったのか。。\(^o^)/
Commented by GuGuGammo at 2006-08-08 12:14 x
.。o○砥石。。。
簡単なようにみえて難しくて、いろいろやってみるとあっけないほど簡単にできてしまうのが包丁研ぎでありましょう。
わたしは、左利きというより両利きなので、片刃でも両刃でも左右対称に研げるので、包丁のメンテナンスは大好きな作業の一つです。荒->中->仕上げ+α
などということを無視して中砥だけでやっても、やらないよりははるかにましなので、みなさんにも是非ともおすすめいたします。包丁がうまく研げていると刺身がうまい。。\(^o^)/
Commented by PUSH-PULL at 2006-08-09 09:07
確かに包丁は研ぎがいがありますな、切れた効果がすぐ判ります特に柳刃で切る刺身や菜切り包丁のタマネギのスライス、切れ味を試すのに爪に当てたり、親指を軽く当てたりして見ますが慣れるまでかなり勇気がいりますな、一番簡単なのは片刃の刃物で両刃でしかも薄刃になってくると段々と技術が要求されるようになります
私の家の包丁は初めて使うと皆ビックリされます
Commented by PUSH-PULL at 2006-08-09 09:16
独逸と言えばゾーリンゲンかハーダーかヘンケル・・・最近は錆止めの手入れが面倒でほとんどステンレスになってきましたな
by PUSH-PULL | 2006-08-08 10:03 | 写真 | Comments(4)

公園でたんまに合うモモちゃん、遊び好きのコーギーです、ご主人は美味しいもつ鍋屋に焼き肉屋を経営している


by PUSH-PULL