自転車遍歴

b0057679_1055399.jpg
自転車自慢
今日のお話は自転車に興味のない方には申し訳ないがかなりマニアックである
昔デザイン事務所に勤務するようになった時に通勤用に一番最初に自転車を作ってもらったのはシティサイクルで昨年無くなった五里さんの弟が会社を辞めて自転車屋を始める時だったが、まだお店が出来ていずマンション生活の彼が最初に作った自転車で、金と赤色でまとめた

2台目がセミオーダーしたレーシングタイプ、NAKAGAWAのフレームで自分でデザインしたピンクとグレーのパターンに焼き付け塗装

そして3台目が上の写真のマウンテンバイク!会社を辞めてフリーになったとき買い物と同時に富山からやってきた犬の散歩用に荷台の付いた自転車が必要になって購入
本当はイエティという雪男マークのMTBが欲しかったのだが、買い物用としては高額で断念したがその次のクラスのトム・リッチーと言うアメリカのブランドモノに決定!ママチャリに乗られている人から見たらビックリっするような値段だが10年以上もたった今も軸関係は無給油で錆は一切無し、勿論気が向いたら手入れしていますがパンクもゼロ、と言ってもタイヤがすり減って2回交換した、最初はセミラジアルタイヤにしていたがやはり街乗りでは乗り心地が悪く(四駆の車の連中と同じで山に行くわけではない)、今はノッペラボーのスリックタイヤにしているのだがすこぶる気持ちよく走行できるのだ

フレームは何故か日本製のタンゲのプレステージ、パーツはシマノのDX、リムがマビック、サドルは前にブログに載せたことがあるサンマルコロールスの革張りからAVOCETレーシング(頂き物)の蛍光ピンク色に取り替えた

自転車の善し悪しを見分けるのは簡単で軽さにあると言っていい、おしゃれな自転車でも持ってみるとすぐに値段が判るぐらいはっきりしている、つまり軽い自転車ほど高額なのだが本当にビックリするほど楽に走れて快感を味わうことが出来る、少し長距離を走るとその差は誰にでもはっきりと判る

ただ上の自転車でも軽いのは良いのだが横からの力に弱い、少し前になるのだが犬の散歩に行く途中四つ角で出会い頭にのんびり走っていたにもかかわらず横から女子中学生に前輪に突っ込まれたことがある、ショックは感じたが転けたわけでも無く「気を付けてね!」と注意して別れたのだがスピードを出すと前輪がぶれるではないか

「あ〜あ、やっちゃった!」弁天町の行きつけのサイクルショップにタイヤを外して持っていくとリムが案の定少し曲がっている、修理不能で交換の羽目になったおかげで前輪と後輪リムの色が違っているのだ、リム交換で万札が消えてしまった・・・がっくり

おまけ話:この自転車を購入したとき最初から荷台と買い物カゴの取り付けをお願いしたら、サイクルショップのオーナーが寂しそうに「これ見たらトム・リッチー泣くやろなあ」

今日の大阪は37度まで上がるらしい
最初の自転車も追っかけブログに掲載する予定です
[PR]
by PUSH-PULL | 2006-08-07 10:21 | 写真 | Comments(0)

公園でたんまに合うモモちゃん、遊び好きのコーギーです、ご主人は美味しいもつ鍋屋に焼き肉屋を経営している


by PUSH-PULL