ガチャポン事情

b0057679_833438.jpg
カプセル・トイ
ここはATC・WTCで見つけたカプセルトイだけが何列も並ぶコーナーなのだが土曜にもかかわらず客はゼロ!三セク経営のずさんさと末路を見る思いがした、大阪市民一人あたり百万以上の借金とはあきれかえるが誰も責任を取らずにいまだにジャブジャブと借入金をつぎ込み赤字は増え続ける

ざっと見回しただけで4〜500台近くのガチャポンだけが設置されていて他のゲーム機は一切無い、ただ同然で場所を借りないと成り立たないのと、人件費をかけるわけには行かないのでこんなこんな絵が撮れた、メーカーが週に一度か商品補給に来るだけだろう

WTCの2Fの吹き抜け部分の広いフリースペースも、今では一角にオープンのゲームセンターが出来ている、何処がワールドトレードセンターなのか?思わず疑ってしまった、オープン当初には上には建築関係のショールームが入っていたが今はゴースト状態、フルオープンにして「隠れん坊」か最新式の「音と影像のコンテンポラリーお化け屋敷」なんぞにした方がまだましではないだろうか、ビル自体が豪華なだけにそのギャップは余計に激しい

梅田を起点にした場合、南港へは地下鉄中央線から海底を抜けモノレールの乗り継ぐだけで運賃が200円以上もアップする異常な状態だったがやっと今春?からモノレールも通常地下鉄料金と同じになり少しは行きやすくなったのだが既に手遅れでこんな有様だ、それまでは住之江公園周りで30分以上時間を使った方が値段が安いという馬鹿な状態だったのだ

いまだにおかしいのが北大阪急行で地下鉄御堂筋線と同じ路線の延長なのに江坂を過ぎたとたん料金が一気にアップし、地下鉄の回数カードも利用できないあまりにもバカバカしい路線である、大阪市営地下鉄の天下り定年退職者用に路線が曳かれたと聞くが、北千里沿線に住む人間にはたまったものではない、梅田ー千里中央350円也でつまり梅田から京都まで行く料金390円とほぼ変わらない

ガチャポンとは玩具入りカプセルの手動式自動販売機。硬貨を入れハンドルを回転させて,カプセルを取り出す。かつては子どもが主な購買層だったが,近年では大人のコレクターもそれに加わった。ガチャガチャ・ガシャポン・ガチャポン・ガシャガシャとも。ガシャポンはバンダイの商標でガチャはYujinらしいが私が時々子供に交じって買う学研シリーズはなんていうのだろう(笑)

そういえば今朝初めて蝉の鳴き声を聞きました、幼虫や穴はだいぶ前から確認していたのだが、遅いのか早いのかよく判りませんがこの暑さから考えるともっと早くから鳴いていても良さそうなのだが、問題は音が大きくなるころには私の耳鳴りと共振しかなりヤバイ!
[PR]
by PUSH-PULL | 2006-07-14 08:38 | 写真 | Comments(0)

公園で久しぶりに会ったミニピンの太郎君、商店街に昔からあるお茶屋さんのわんこ、気が向くとこうして飛んでやってくる


by PUSH-PULL