四角の煙突

b0057679_1015447.jpg
カタチと効果
大阪では見かけないカタチの煙突である、これは金沢で見つけた銭湯の煙突なのであるがお昼だったので営業前、最近は町から銭湯以外ほとんど煙突は姿を消した、地方に行けばまだまだ存在するが公害問題や生産システム変化でどんどん消滅している

私が卒業した小学校の校歌でも「淀の流れを汲み分けて/水の通い路いと繁く/煙は高く空を覆いて/鷺洲の里は賑わえり」と歌詞の中に煙が唄われ、水の都が「商業」であり煙の都が「工業」を意味していることは間違いない

結果的には様々な汚染と公害が問題になったのは言うまでもないが、最近は少しは大阪人の意識がましになったのか単に経済の地盤沈下だけかも知れないが、正蓮寺川や安治川もボコボコと泡を吹きだし景色もなくなったようだ

さてこの四角い煙突だが排気という意味では円筒の方が対流の問題も強度の問題も含め効果が高いはずなのに不思議である、考えられるとしたら
1,よそにない煙突を作りたかった
2,たまたま排水溝用のコンクリート角パイプがただ同然に入手できた
3,見た目がっこ良く、銭湯名がペイントしやすい

いずれにしてもたいした理由でないので書いていて馬鹿らしくなってきた、どうせ書くなら
1,細木数子が予言したので仕方なく
2,家訓が全て真っ直ぐ直線で生きることと定められている
ぐらいに書かないと読んでもらえない

先日私の好きな数少ないNHKの番組の中に「プロフェッショナル」(司会が茂木健一郎)があるが先週は世界最先端で活躍する日本人カーデザイナーの話で「工業デザインとは効率が全てを優先しその上にデザインが存在する、元々デザインなどと言うモノは必要がないわけで、よほど良いデザインをやらないと人は買ってくれない」なる話をしていたが、それに続けて茂木氏が「美味しそうな食べ物を見たときと美しいものや素晴らしいデザインされたモノと出会ったときの、快感・満足感は脳の中では同じ細胞が働いているので美しいものや良いデザインは生活に欠かせない」と言っていたのが印象的でありました
[PR]
Commented by PUSH-PULL at 2006-07-26 10:04
TVで見た瞬間にチャンネルを変えるのがこのおばはんの顔です、幾ら視聴率が稼げるが知らないが、的中率5割以下では占いとは言わない、この恫喝と罵声を我慢するタレントも情けないが支持する世のおばさま達も最悪である、ちょうど日本沈没の主犯格コイズミと同調するかのようにマスコミに登場してきたのは「恫喝」「格差」「シンプル」の共通点があるからだろう
Commented by GuGuGammo at 2006-07-26 13:15 x
>>的中率5割以下では占いとは言わない
あれが占いならば私は預言者だ。
\(^o^)/
口からでまかせっていうんでしょうね。
そもそも占いは当たらなくてもかまわ
ないという世間のこもんせんすがある
から当たらなくても居直れますが、
あれは占いなんぞでなくて放言ですな
しかしまああれだけの散財できるだけ
売れるんだからやめられないやめられ
ない。みんなこわいからよいしょ
よいしょ。みんなでおだれてれば
こわくない。。。~('O')~
by PUSH-PULL | 2006-07-11 10:18 | 写真 | Comments(2)

公園でしょっちゅ会っているセナ君、キャバリアってみんな温和しくて愛想が良いのでは・・・


by PUSH-PULL