紫陽花の季節

b0057679_930395.jpg
カラーの面白さ
花をモノクロで表現するのはとても難しい、たとえばこの紫陽花をモノトーンにしたらたぶん青紫系か赤紫系か判らなくなり、無個性な紫陽花という形そのものが現出する

この季節は何処ででも見ることのこのタイプの紫陽花は実は逆輸入ってご存じでしたか?日本古来の額紫陽花がイギリスに渡り品種改良され、花一杯のアジサイになり日本に戻ってきたのです

日本古来の額紫陽花もいろいろな種類があり、「え!これがアジサイ?」と思うモノまであるが、矢張り豪華さという点では負けてしまうが、美しさ清楚さでは断然日本の額紫陽花の方が趣がある

兵庫県の神戸市立森林公園の入り口は数えくれないぐらいのアジサイが延々とお出迎えしてくれるが、さすが森林公園と言うだけに、よほど木が好きな方でないとあまりにも敷地が広く疲れるのがオチであるあるが、鳥は豊富なのだがその時に限って望遠レンズを持っていなかった思いである(笑)

花の写真を撮りに行くときは、標準からマクロレンズが主でズームを持っていっても中望遠まで、矢張りバードウォッチングには500ミリ以上の望遠が面白い、それと視覚の広い7〜10倍ぐらいの双眼鏡!これ以上倍率が高いと手ぶれで何処を見ているのか判らなくなります、バードウォッチング好きの方ならほとんど持っている30倍クラスの単眼望遠鏡は三脚を付けないと、使用不可と言われるぐらいです

それにしても花のアップ写真は何時まで見ていても飽きません
[PR]
Commented by ܂ǂ at 2006-06-08 09:35 x
ǂĂ
}KƂ̗Ă܂A܂ǂł
by PUSH-PULL | 2006-06-08 09:37 | 写真 | Comments(1)

公園のライダーキャッツ


by PUSH-PULL