淀川河口

b0057679_9312870.jpg
釣行
もう10年以上になるのではないだろうか?淀川に竿を出すのは、友達S氏が車で迎えに来るというのでお昼過ぎから出かけた、釣りの基礎から考えるともうその時点で失格である、釣りは朝早くか夕方なのだから

以前は毎週末自転車に乗って釣りに行っていた頃がある、基本は川岸からの「ハゼ」で秋口にフルセと呼ばれる2年物が結構つれた、伝法大橋、淀川大橋、十三大橋あたりまでは汽水域なので潮の加減でカレイ・サヨリなども釣れたりしてびっくりすることがある

今は護岸も綺麗に整備され一見釣れそうに思うが、綺麗になったのだけ釣れなくなった、昔冬場の河口は(ちょうど写真の場所)個人で専用の釣り台を作りボラ釣りが盛んだったが今は見る影もない、後はここらあたりで有名なのはシジミ、他には海に出たあたりの穴子と川沿いのウナギがあるのだが最近は釣った話をとんと聞かなくなった

普段は淀川大橋の上から落とし込む釣りで、えさは「アオイソメ」その頃の釣果の最高は「チヌ」の30センチオーバーとわが富山の友人が釣った70センチオーバーの「スズキ」である

スズキは出世魚で関西では小さいときからコッパ・セイゴ・フッコ・スズキ・オオタロウと名前が変わるらしいがオオタロウなんぞ見たことも食べたことも聞いたこともない(笑)一番有名なのはやっぱりモジャコ・ワカナ・ツバス・ハマチ・メジロ・ブリだろう

神崎川と淀川の最後に出会うところに矢倉海岸という名前の海岸があるのをご存じだろうか?今は矢倉緑地として公園になっている、最初はそこへ車で行こうとしたのだがどのみちも通行止めであきらめた!そういえば以前は自転車なので車止めがあろうがよそ様の敷地内だろうが何処でも走っていたのだ

北港ヨットハーバーも前に埋め立て地の舞洲が出来景観がまるでだめ、そういえば沖側に移転した名門西宮ヨットハーバーも海が見えない、舞洲のさらに南に夢洲が造成中だが大阪オリンピックがの会場としてプランニングされたのに物の見事に断られ、おまけに誰も当分住みそうにもない造成地にオリンピック用の地下鉄道だけは今も中止にならず赤字をどんどんと掘り続けている

たった2〜3キロ四方の埋め立てで大阪湾全体の潮流が変わってしまうのをご存じだろうか、つまり淀川や神崎川から流れ込む淡水の流れが変わってしまい、色な場所によどみが出来海が汚れていっているのです

日光をあびながら釣れもしない竿を河口に垂らしぼ〜っとしているのはなかなかの物である、自宅だと仕事が暇でもなんだかんだと色々とやることが出来るが、「ホンマ何もすることがない」つかの間の時間は、思いっきりアホになれて幸せでございました
[PR]
by PUSH-PULL | 2006-05-08 09:39 | 写真 | Comments(0)

公園でたんまに合うモモちゃん、遊び好きのコーギーです、ご主人は美味しいもつ鍋屋に焼き肉屋を経営している


by PUSH-PULL