不束者の二日続きの二日酔い

b0057679_11104570.jpg
ちょっと手ブレかな
東京の友人のアーティストG氏が出てきていたので又ぞろ京都まで出かけ飲み会、場所は二条堺町の角にあるおしゃれな割烹屋さん、話に夢中になり食べ物の写真を一枚も撮らずじまい、と言うことでいただいた物を並べてみました、お品書きもその日ごとに筆で書いているようで値段はなし、覚悟は良いか!

突き出しが生麩二種と山芋の細切りの和え物、注文したのは
・葉わさびのお浸し
・カウンターに空豆があったので、皮ごと焼いて貰った
・馬刺(大好きなたてがみは置いていませんでした)
・ゆでアスパラ・・・凄く甘く太くて美味しかった
・山菜の天ぷら(三つ葉とタラの目とふきのとう)
・大きな赤貝の刺身
・富山のホタルイカの沖漬け(刺身にしても良いぐらい新鮮でした)
・同じく富山は白エビの素揚げ(塩こしょうを少し付けていただくと、甘くて香ばしい)

急に箸休めって何なんだろうと言う話になり、箸休めお願いしますと注文したら鯛の皮をあぶった酢の物が出てきた、これが又絶品

・タケノコの煮物
・キンキの塩焼き(結構大きいサイズだったので、高かったんやろなあ)

この店を案内してくれたY氏がこじんまりした座敷に座るなり酒と一緒に鯖寿司を注文するのに驚いたが、早く言わないと無くなるからとと言うだけに最後に戴いた鯖寿司は旨かった、鯖の厚みが2センチほどあり〆具合も程々で感動物

帰りがけに近くにあるG氏の知り合いのショットバーに立ち寄ったら結構人が一杯で、ちょっと席を空けて貰ってまたまた男同士のおしゃべりが続く、遠方組だけ先に割り勘払いしようと思ったら何故かマスター曰く「今日はええは、タダにしときます」飲み屋でお金を払わなかったのは初めての経験だ

おきまりの最終電車の乗るなり熟睡、案の定大阪駅で駅員さんに起こされたのだが、こんな経験何十年ぶりだろう、西明石行きや姫路行きだったらたぶん終点まで乗っていたんやろなあ、反省しております
[PR]
Commented by PUSH-PULL at 2006-04-20 10:24
つまみのレシピ数が膨大でびっくり、私も料理が大好きなので時々覗かせていただきます、お酒に合わせたレシピや分類が面白い
by PUSH-PULL | 2006-04-19 11:21 | うまいもん | Comments(1)

公園のライダーキャッツ


by PUSH-PULL