洗濯物

b0057679_1054095.jpg
正当派?
洗剤のCMを見ているとどこもかしこも青空の下、芝生の上に長く張られたロープに真っ白なシャツが延々と干されて風にそよいでいるか?ほっぺに乾いた洗濯物をあてがい「ふっくら!」、何十年も変わらないあまりにもステレオタイプなコマーシャルを見ると、作り手側は退屈しないのだろうかと心配してしまう

それはそうと、あんな広い庭のある家は北海道ぐらいにでも出かけないとあり得ないが、行ってみると郊外でも以外と牧場でも経営していない限り国道沿いに密集してたっている、それに木立もないのにあんなに長くロープを張ろうと思うと鉄柱をたてジャッキでテンションをかけないと洗濯物でたるんでしまう

大量に干されたシャツのCMの家族は何人で生活しているのだろうか?それに白しか着ないのだろうか?下着はズボンはスカートは・・・考えられるのは刑務所の作業服ぐらいしか思いつかない

世の中で何%ぐらいこんな条件で洗濯物を干している家があるのだろう?私のよく行く久利須村でも庭にステンレスの物干し竿スタンドを置いて干している、ロープで干すなどと言うのは長期のキャンプ以外考えられない

写真の洗濯物はもちろん公園の水飲み場の手洗いに違いない、寝泊まりしているところは干すところがないのでこうして木立を利用して干していて1枚の絵になっていた

日本に花王とライオンの2大メーカーがあるがTVで宣伝し売られて商品はすべて合成洗剤で「安かろう悪かろう」で地球環境悪化の片棒を率先して担いでいる、もちろん商品の原価の大半が化粧品と同じCM代が含まれはなはだ商品自体に問題がある、これは大丈夫だろうと思って使ってしまった人からの報告ですが洗濯用合成洗剤で食器を洗ったら匂いが消えず食器としてしばらく使えなかったそうだ(笑)

本来洗剤だから基本的には食器も頭も服も洗えて当然なはず、それがありとあらゆる添加物で怪物と化してしまっているのです、日本ではかろうじて滋賀県だけが琵琶湖を守るため合成洗剤の販売を規制しているが他府県ではそれこそ野放し、おかげで日本の河川も海も身の回りを綺麗にすればするほど汚しているのです

しかしまともな洗剤は探せばあります、パッケージを見ればすぐ判ります成分表示のところに純せっけん分のパーセントが明記されています、間違っても界面活性体など他の成分がいっっぱいかかれたものをお買いなさらぬように・・・
探せば歯磨き粉からシャンプー・食器用・洗濯用とすべてあります、一番驚いたのは歯磨き粉で歯を磨いた後すぐにお茶をいただいたのだが何の違和感もなかったことで、普通の歯磨き粉なら磨いた後は必ずきつい香りが残りまずしばらくはお茶などは飲めません
[PR]
by PUSH-PULL | 2006-04-01 10:18 | 写真 | Comments(0)

公園ののらら、朝ご飯が運ばれるのをみんなで待っております


by PUSH-PULL