アグフア

b0057679_1053468.jpg
欲望・・・BLOW UP
ミケランジェロ・アントニオーニの作品に「欲望」ある、カメラマンが殺人事件に巻き込まれていく面白い映画で、確かカンヌ映画祭でグランプリを取っているはず

カメラ好きの方なら小道具ですぐに気づくのが主人公のカメラマンが使っているニコンF!当時は誰もが憧れるカメラで写真を撮るなら高級ニコンFだったのだ、もう一つの小道具がアグフアのカラーフィルムだった、盗み撮りした写真を引き伸ばし(ブロウアップ)してみるとそこには何かが写っている・・・そこから色々と事件が起きる案配で、ミケランジェロ・アントニオーニらしくかなりシュールな作品に仕上がっていた

いまや写真屋さんでは段々廃れつつあるフィルムカメラだが、日本のフィルムではFUJIとコニカがお馴染みで、その横にあるのが黄色のパッケージのコダック、そしてそのころは滅多に見なかった赤いパッケージのアグファ

アグフアカラーフィルムはドイツの化学メーカー「アグフア・ゲバルト」の製品で、ことビビットなカラー撮影には定評がある、覚えているのは「赤が綺麗!」勿論カメラも作っていたことがありドイツで一番規模のでかい会社でもある

上の写真はカメラ交換会で手に入れた印刷用ポジフィルムである、カラーポジの一部にロゴのモノクロフィルムが貼られきちんとガラス板でサンドイッチされている、フィルムを貼った後は修正液でマスキングされ光が漏れないように丁寧に処理され、今のデジタルしか知らない人には驚くほどの手間が掛かっている

印刷用フィルムを作るのに何と手作業が多かったことが、そう言えば文章の方も文字原稿を一度プリント(写植)し文字を手で厚手の版下ボードにレイアウトしながら切り張りして並べていたのですから、それをまた撮影しフィルムで作る・・・

今時のお手軽さは良いのだけれど、なんだか大事な物を何処かに忘れてきたような気がしてならないのだが

因みにAgfaの日本表記は全部大きい文字の「アグフア」ですのでお間違いなく
[PR]
Commented by ism-d at 2006-01-09 01:41
はじめまして。有益な情報ありがとうございます。映画、探してみてみようとおもいます。
アグフアは、最初に買ったスキャナーがアグフア製品でした。
ドライバーのサポートがなくなったので泣く泣く手放したのですが、
そのデザインも気に入ってました。
Commented by PUSH-PULL at 2006-01-09 13:26
書き込み感謝、私の最初に買ったフラッドヘッドスキャナーも製造中止、天下のニコンもPC業界では散々です、ドライバーの問題もあり今でも古いOSで動かしています
アグフア&映画の捜索に関しては余り私目の文章を信じるべからず、何処かでえらいことが起きるやもしれず(笑)くれぐれも御注意を
by PUSH-PULL | 2006-01-08 10:59 | 写真 | Comments(2)

公園でしょっちゅ会っているセナ君、キャバリアってみんな温和しくて愛想が良いのでは・・・


by PUSH-PULL