積雪

b0057679_10305592.jpg久利須村
富山の友から写真が届いた、富山では何度も雪は降っていたのだが本格的な積雪はこの冬始めてとか、一日で30センチ近く積もり(上)、その次の日は猛吹雪(下)

我が家の巨大猫になりつつある楽学は、この家の廻りをウロウロしていて拾われた猫である、家が7軒(住んでいるのは4軒)しか無いような人里離れた集落なのできっと誰かが捨てていったに違いない、野良にもかかわらず甘えたさんで初対面でもゴロゴロとすり寄ってくる面白い猫なのだが、大阪の生活が性に合ったのかどうかは知らないがあっと言う間に膨張してしまった、餌不足の朝は私の寝床まで暗いうちから起こしに来る目覚まし時計猫になったのである意味感謝している

11才になるシーズーの獅子狗亭犬々も富山生まれで寒さ大好き犬だったのが、10才を越えるとドンドン苦手になったみたいで、今朝の公園でも震えながらの散歩になった、小さい頃新雪の中を走り回り雪玉が体中について歩けなくなり、薪ストーブの廻りを雪解けでびしょびしょにしていたのが嘘みたいだ

夕方の写真は不思議なブルーがかかる、白熱球のイエローと同じで写真を見てびっくりする、人間の目は被写体に勝手に補正を掛けて見ているわけで実は写真の方が色的には実物に近いこともある、ましてや色の記憶なんぞと言うモノは実にあやふやなモノで色に長けたゲイジュツ家なら判らぬでもないが、一般人の記憶はほとんど当てにならない

昨日の国会での耐震構造証人喚問を見ていると、彼等の記憶たるや素晴らしいモノがある、年商何十億の商いをするコンサルの社長や、難しい国家試験を合格し事務所や会社を経営する人たちの記憶力には心底敬服した、となると我々一般人が物忘れが激しくなったと言って決して非難されるモノではないことがよく判る、日常の出来事や人との約束や何処に仕舞ったのか忘れたからと言って自己卑下の必要はない、もっと自信を持って堂々と生きていこうと思います

TVのニュースを見る限り、自民党議員の質問が放映されないと言うことは役に立たない質問ばかりをしていたと言うことであろう、次の証人喚問も与党側だけ保留したと聞くと建設業界との癒着や国土交通省の欠陥隠しなどあらぬ事をどうしても想像してしまう

と言うことで今日の写真はすべて富山県久利須村人の美谷氏(炭焼き)の撮影でブログもあります http://sumiyakist.exblog.jp/
b0057679_103192.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2005-12-15 10:40 | 写真 | Comments(0)

近寄ると直ぐに逃げるのらら、コンデジの望遠で、のららに見えませんね


by PUSH-PULL