運動会

b0057679_10191965.jpg
我が子可愛やほーやれほー
低学年のかけっこは直線でゴールの正面には早くからものの見事に親の山が出来る、ずらっと構えられたビデオとカメラは間違いなくデジタル、最近のデジタルムービーはTVで鑑賞するには十分すぎるほどの画質で10倍以上の望遠機構があり手ぶれ防止装置もある、アングルさえ間違えなければ誰にでも綺麗な絵が撮影できる

私達が陣取った前の席は前日の夕方5時校門待機組だそうだが20人は楽に座れるほどのスペースをブルーシートで確保していた、ところが運動会が始まってもそこに座る家族は4〜5人で最初にいた茶髪のおっちゃんらしき人は始まると直ぐに横になり、そうこうするうちに姿が見えなくなってしまった

b0057679_10193142.jpg昼近くに今度は茶髪のおばちゃんが豪華なお重を下げてやって来た、入れ替わり立ち替わり人が来るのだがまだまだ若いじいちゃんお婆ちゃん若いお父さんお母さん妹に孫すべて茶髪でケバイ!、学校のアナウンスをあざ笑うかのように前の広々としたシートの茶髪の大人達はビールにタバコで、自分たちの関係する種目以外はグランドを見ることもなくしゃべりっぱなしなのである

他の喫煙組はみんな校庭から道路に出て指定の灰皿の所で吸ったり、校門近くで構えるテキ屋の屋台でビールを一気飲みしてグランドに戻っていく、運動会が始まる頃に来た家族は満足にシートを広げる場所も確保できずトラックからかなり離れた場所でお弁当

小学校の姪の子の在籍する低学年では学級崩壊ひどく担任の先生が辞めてしまった、椅子に座らないとか喚きっぱなしは序の口で強烈の子になると泣くか怒るかで、喧嘩して怪我させるぐらいならまだましでひどいのはカッターナイフを持ち出し暴れ回る、勿論そこの家族は父兄参観にはまず来ない

カンカン照り太陽の下、これ見よがしに紋モンを見せているピアス姿の父親を見ていると時代の変化と言うより人間関係の低下を否応なしに見せられた思いがする、本来極道たるもの素人の前では身なりもそれなりにきちっとしていると聞くがどうなってしまったんだろう?

徒競走の意味が不思議なので調べたら「徒歩競争」であった、子供達のかけっこは歩くほどに遅いと言うことなのだろうか?「徒」も「歩」も歩く意味だからやっぱり「歩く競争」なのである、我が幼少時代と違って全種目危険と感じられる(笑)競技はすべてなくなり、かろうじて残っていたのは騎馬戦だけ
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-10-03 10:28 | 写真 | Comments(0)

ご近所ののらら、面白い配色


by PUSH-PULL