入道雲

b0057679_10123735.jpg
夏の終わりの積乱雲
どこにでも見かける写真だがひょっとしたらこんな雲は最後かも知れません、今日は朝から台風が接近中とかでどんよりした雲が空一杯に流れる
休みとは言え(21日)この閑散とした国道2号線は何なんだろうか?まさかまだ夏休みとは思えないし、そして時々平日でもどきっとするぐらいがらがらの道に出会うことがある

前にも書いたことあるが入道雲が大好きだ、あっという間に形を変え数分で高さが倍ぐらいになったりもする、カンカン照りの真夏に海に出ていると真っ青の空の下遠くに直径200メーターぐらいの小さな雨雲を見ることがある、そこだけが雨が降っているので涼を求めて船を転進し雲へ向かってまっしぐら

うまく間に合うとつかの間のスコールに遭遇することが出来る、たいがいは遙か遠くを通り過ぎることが常である、こういった小さな雨雲を陸地で見ることは無い

先日富山で久しぶりに雨に遭遇、滝を見に沢へ降りたときに雨が降り出し慌てて遠くの駐車場へ戻り始めたら雨はどんどん強くなり道は上り坂!こうなったらもう笑うしかない、おちびさんは両手を広げ逆に楽しんでいる、車に戻った頃は全員びしょ濡れになったのは言うまでもない

夕方の入道雲が大好きだ、大阪では必ず生駒山側に出る、タイミングが合うと日が暮れるに従ってばかでかい雲の中を縦横無尽に光る稲妻が見える!遠くなので音は無しでまるで奔放きわまりないイルミネーションである、陽が落ち暗くなると光のショーも終了する、一度ご観覧あれ
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-08-24 10:17 | 写真 | Comments(0)

公園ののらら、朝ご飯が運ばれるのをみんなで待っております


by PUSH-PULL