木の子

b0057679_9222555.jpg
コケ採り
秋口に山にはいると色々な茸が生えている、一雨降った後だと一気に顔を出す、しかし今季節は夏、今朝の茸は見た目はブナシメジそっくりである、木の根っ子に生えていたのでさしずめ「木の子」の方があっている

公園や道路横の植裁に生えているのを見ると何でこんな所に一瞬「?}がよぎる、多分植裁の時の土に菌が含まれていると思われるがきっと都会でも色々な菌が生息しているのだろう

富山では茸狩りと言わずにコケ採りという、どうして茸のことがコケなのかよく解らないが菌には変わりはない、しかしナメコとかマイタケあたりは何となくコケっぽいと思うのだが

私のコケ採りでの収穫は一本シメジとヒメタケとヒラタケぐらいだ、昔折角山歩きをしたのに大した収穫もなくガラガラのかがりで山道を歩いていると知り合いのおばちゃんから声を掛けられてから戴いたのが「サマツ(モミタケ)」、これは旨かった名前のごとく松茸もどきで香りを覗けばすべて同じである、しかも自然の下の茸の味は格別である!残念ながら何度山へ入ってもサマツだけは採ったことがない、向こうではスイ場を自分の子供にすら教えないらしい

最近急に広まった茸にエリンギがある、数年前まで何百円もしていたのにいまは1パック百円以下で、シメジ・マイタケと並んで安い、エリンギも歯ごたえは良いがどうも香りがイマイチで癖がある、しかしそこは料理次第で何とでもなる一番は細く手で裂いて炒めるか焼くのが旨い、後は輪切りにして焼きオイスターソースで味付けすると食べた感触が貝柱そっくりになる
ハウス栽培のシメジを野生のシメジに近づけるには一度干してから料理すること

富山ではコケを沢山採るとすべて塩漬けし保存食、料理法もほとんどが煮付けでレパートリーは狭い、炒める揚げると色々美味しい食べ方があるのに不思議である

富山の悪口を言って恐縮だが、寒鰤を始めあれだけ食材に恵まれているに美味しい料理屋さんと料理法は皆無に近い、良くあって鱈ちりと大根に挟んだ鰤の保存食ぐらい、後は昆布締めかな
[PR]
Commented by sumiyakist at 2005-07-17 21:07
うん、一句出来た。
石動(いするぎ)にうまいものあり駅うどん
まあ、そのくらい、食文化というか外食文化は未発達ですね。ただ、お菓子、特に和菓子はうまいですね〜
Commented by PUSH-PULL at 2005-07-18 09:54
富山県 何で二つの 味がある
by PUSH-PULL | 2005-07-17 09:35 | 写真 | Comments(2)

公園で久しぶりに会ったミニピンの太郎君、商店街に昔からあるお茶屋さんのわんこ、気が向くとこうして飛んでやってくる


by PUSH-PULL