ブッキナトリウス

b0057679_9325782.jpg
夏の扉を開けたら
私の大好きな赤、それもインディアンやオペラやカーマインやローズやワインではないバーミリオン!が一面に広がる、日本語で言えば「朱」で硫化水銀、印刷指定で書けばY100+M90あたりかな

てな調子で書けば花の魅力が半滅する、写真を撮ったは良いがまたぞろ植物図鑑を開くことになった、「ブッキナトリウス」と言う凄い名前でノウゼンカズラ科に属する、まさに灼熱の夏の到来を告げる色と数

日本の朝顔とは思いっきり風情が異なる、しかし真夏の校舎の入口のキョウチクトウや行く道に咲いていたケイトウやダリアは同じ暑苦しさを醸し出す、夏の花は過激だ、こちらの体力が落ちているときに見ると圧倒されて滅入ってしまうことがある

しかしここはマンションの1階、となると色々問題が起きてくるのではないかと心配しだした、外に落ちた花の掃除や花に寄ってくる虫のこと、でもこんな狭い場所で色々な花を咲かせているのはお見事である、花好きであるのには間違いではないが

b0057679_9331255.jpgかって実験映画が華やかりし頃、丁度日本では松本俊男や宮井陸朗が次々と作品を発表していいた時に浅間山までその宮井氏のイベントを手伝いに行ったことがある、スモーキングブギがヒットした頃のダウンタウンブギウギバンドがつなぎを着て放送禁止になったいた「網走番外地」が唄ってくれた
それは置いといて、その時見ていっぺんに好きになった作家にジョーダン・ベルソンがいる、まだCGも何もない時代に円をテーマにした実写のめくるめく曼陀羅のような不思議な映画を見た、どうして撮影したか解らない映像だったのを覚えている

同時に上映された短編で作者を忘れたが、満開の薔薇の垣根が延々と横移動でとぎれることなく映し出される映画があった、エラ・フィッツジェラルドのけだるい歌が流れ歌と共に映像が終わる、こうして書けばどうって事はないが何十年経っても未だに映像を覚えているのは私にとって凄いインパクトがあったのだろう

俗に言うリピート効果だが好きなオブジェが繰り返されると記憶も違うというもんだ
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-06-30 09:40 | 写真 | Comments(0)

公園も急に暖かくなりました、のららもノンビリ


by PUSH-PULL