夏の扉(ハインラインとは何の関係もありません)

b0057679_849557.jpg
ふとん
でかい!取り敢えずバカでかい、布団が何でバカになってしまったのかは知らないが言葉の成り行きなのでご容赦を、ダブルにしたら長すぎるしきっと凄く大きなコタツを持っているに違いない、朝だというのにもう30度近い気温の下でこの風景は体中に汗疹がブツブツと出てきそうだ

b0057679_8494425.jpg昔、泉鏡花の作品を映画化した鈴木清順の「陽炎座」を見たとき、主演の松田勇作と大楠道代の濡れ場で大きな部屋一杯に1枚の布団が敷かれていたのを想い出した、こんなに布団がでかかったら何でも出来そうに思うが、布団を仕舞うのが大変ではないかなど映画と別のことばっかり考えてしまったのだが、ツィゴイネルワイゼンと言いあのころの鈴木清順はよかったなあ〜

この掛け布団は目測2M×3M以上は楽にある、後の物干し竿に掛けられた布団と比べてみるとその大きさの違いが判ると言うモノだ、私はどうでもいいような写真を前にブツブツ呟くことがどうも性に合っているらしい
前にも一度お稽古事でよく似たことを書いたことがあるのだが、演劇の練習で通り過ぎる人を見るだけというのがある、その人の性格や職業を風体や動きから想像し役作りに役立てようと言うモノだが、これが結構面白い!

この布団だけでこの家の家族構成や日常性格まで想像しようと言うのだからはた迷惑な話で、重箱の隅を楊枝でほじくったら何が出るかは知らぬが、もしコタツ布団だとしたら余りにも干すのが季節外れだ、それとも家中の布団の虫干しか?

我が家ではもうすでにタオルケット1枚で窓は開けっぱなしと言う季節なので、朝の散歩の帰りのカンカンでりの場違いな布団が目に入り気になった次第・・・・それにしても今日は暑い、まだ6月だというのにセミの声を聞いた
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-06-28 08:58 | 写真 | Comments(0)

公園のライダーキャッツ


by PUSH-PULL