点滴

b0057679_09154979.jpg

久しぶりの入院

水・木と一泊二日で入院した、滞在時間は約23時間、前回入院したのはC型肝炎の検査のための肝生検で20年以上も前のことになる、一度目のインターフェロンの効果が無く肝生検を2度もやったのだが、最近の肝生検はどうか知らないが私の人生の中の「痛みベストテン」の上位に間違いなく入るぐらい痛かった


それに比べれば内視鏡の手術って嘘みたいに楽である、点滴はポリープを切り取ったときの止血のため、手術の時から5時間以上針が右腕に刺さっておりました


夕食の時も点滴したままなので結構不自由、特に食器を返しに行くときは片手で点滴を転がし片手にお盆で運びました


下の写真を見たら判るように病院食って素朴です、ごはん・煮物・酢の物・すまし汁・お茶でお終い、朝昼と食事抜きだったので一気に残すことなく平らげましたが(笑)


点滴のおかげで夜中に何度もトイレに、一番心配だったのは手術後の便で、5時間後ぐらいやっと出たのですが血が混ざらずで一安心いたしました


病院は新しくなり部屋も広く美しい、今時の病院は無線ランがあるのでiPhoneもiPadも問題なしで快調、おかげでテレビも見ないで読書とゲームで時間を消化できました、談話室には自販機以外に、無料で温冷の水・ほうじ茶・麦茶と氷があり非常に助かりました


笑ったのはスマホを立ち上げたとき、飛んでいるWi-Hiルーターを自動で検知するのだが看護婦さんに「ワイハイはguestで接続すれば良いのですか?」って訪ねたら、若い看護婦さんは「わいふぁい・・?」と怪訝な顔、それを聞いた後ろにいた年配の看護婦さんが「guestで大丈夫です」って返事が、逆じゃないかという状況でした(笑)



b0057679_09155739.jpg

[PR]
Commented by surgeon24hrs at 2017-07-23 08:18 x
こんばんは。

病院の食事というのは、洋の東西を問わずひどいものです。
最近んは、「こんな食事は嫌だ。早く家に帰りたい!」と患者さんたちに思わせるために故意にまずい食事を抱いているのではないかと、疑っています。
: )
Commented by push-pull at 2017-07-23 08:43
サージャン様、
最近日本の病院はホテルのレストランと連携し始めていて、味は格段に良くなっております、京都の府大病院へ友達の見舞いに行ったとき、レストランでグラスワインを売っていてビックリしました。
お腹が減っていたからか残さずに食べました、特に美味しくはないが、不味くはない(笑)
朝食は暖かい薄い食パン2枚、ジャムとマヨネーズとコールスロー、後は紙パックの牛乳とバナナ、普段あまりバナナを食べないので久しぶりでした
by push-pull | 2017-07-22 09:22 | 私事 | Comments(2)

遊歩道の,真っ黒のらら


by PUSH-PULL