てふてふ

b0057679_08410353.jpg

密集

何故か堂島川の遊歩道にあるこの木だけ蝶が舞っていた、ざっと10匹近くが集まっている、蝶は柑橘系の木に集まるとか聞いたことがあるが、この木も柑橘系かしら?


散歩のときは一番簡単なコンデジを持ち歩いているのでこんなときの撮影は大変、すべてオートなので成り行き任せで何枚かシャッターを押してみたら、辛うじて1枚だけ真ん中に飛ぶ蝶が入っておりました、因みにこの蝶はポピュラーなアゲハチョウ


中百舌鳥に住む姪の子が生き物好きで、犬猫は勿論魚に昆虫、ダンゴムシや蝉を一杯集めてきて兄弟に嫌がられております、今は久利須村から送られてくるキャベツと一緒の青虫をカゴに移し、孵化させ蝶になるのを楽しんでおります、部屋に飛び立った蝶を扉を開けて逃がしているそうです


LINEで送られてきた映像は青虫を手に平に載せ、虫が動くの観察するのが楽しみ、それが小3の女の子と言うから凄いのです


蝶と蝶々と二つの言い方がありますね、学術的にはみんな蝶ですが、昔言葉はてふてふなのでちょうちょの方が合っているのかしらね



[PR]
Commented by surgeon24hrs at 2017-06-14 07:11 x
こんばんは、

10匹近くもとなると、すごいですね。アゲハはゴージャスで綺麗ですよね。子供も頃に網を持って追いかけ回したのを思い出しました。懐かしい思い出です。
Commented by push-pull at 2017-06-14 08:40
サージャン様
町中ではなかなか蝶を見かけませんが、この季節は蝶の孵化の時期なのか、大阪の下町でも時々見かけます
私の友人に蝶マニアがいたのですが、一緒に里山を歩いていると、飛ぶ蝶を見て即座に種類と雄雌の判断、さらに羽が欠けていても直ぐ見つけます
ちょっと異常なところは蝶を捕獲したあと、羽に傷が付かないように三角袋に入れるのだそうですが、軽く指で押さえ圧死させるときが快感とか、変わった友人です
by push-pull | 2017-06-13 08:50 | Comments(2)

遊歩道の,真っ黒のらら


by PUSH-PULL