「路地裏遊歩の12」

b0057679_7504384.jpg

私設ギャラリー
折角の作品が模様入りのガラスで台無しである、手芸あり絵画あり盛りだくさん、わざわざ路地を歩く人に向けて並べているのが面白い

普通は部屋の壁に掛け生活する人が楽しむものなのですがここはギャラリー感覚、側に近寄って見たがそれなりに良くできております、特に左下の花の絵はレベルが高い

大学時代は京都で彫刻を学んでいたのですが、よく気に入った作家さんの個展のオープンに駆けつていた、お目当てはタダの飲み食いと美術話、まだ美術の世界に足を突っ込んだばかりでなかなか面白かったですが、画廊で個展を開くってお金を含め大変なのをその時に認識

既存団体に依存しない現代美術が面白く、その後私自身が作品を出品したのは公募展を避け、コネクションもしがらみもないコンクールとアンデパンダン系のみ、コンクールの作品は見る物皆面白かったのです
[PR]
by push-pull | 2016-02-20 07:53 | 写真 | Comments(0)

ご近所ののらら、面白い配色


by PUSH-PULL