白線

b0057679_8102873.jpg
週明けの公園
私が毎朝訪れる公園の土日は朝早くから草野球をやっている、7時台から野球はどうかと思うのだが、スポンサーの都合か何か知らないが夜遅くに始まるスポーツも何だかな~と思っている

週明けの野球の跡の白線、何故に採集したかは余りにも白線が消されずに残っていたからです、もっとも土の内野あたりはほとんど残っていなかった、この白線、長さにすれば約80m位なのだが、もう何十年も同じ道具で線を引いているのが不思議

あのコロコロは「ラインカー」とか「ライン引き」とか呼ばれている、昔は消石灰を使っていたのですが強アルカリ性が危険と言うことで、1990年代から炭酸カルシウムに変わっているそうです

仕事柄印刷の仕事では白線、つまり白色は存在しない、ベースの色をそのまま使うわけで、色の付いた紙に白色で印刷するときは特別に指定しなければならず、結構面倒なのと印刷代も高く付きます、パソコン時代にあって出力はインクジェットプリンターが主力だがも、ちろん白色のインクはない、私が昔使っていたアルプスのリボン式のプリンターには白色があったのだが、今は大阪でもそのてのプリンターを置いているところは数カ所しかございません

検索していて知ったのだが「白線流し」という風習のこと、テレビドラマにもなったのですが余り記憶にない、岐阜高山の高校の卒業で学帽の白線とセーラー服の白いスカーフを、1本につなぎ川に流すという、スカーフはまだ判るが学帽の白線って外すのが面倒の上短すぎるなあ
[PR]
by push-pull | 2015-12-03 08:16 | 写真 | Comments(0)

公園ののらら、何故か立ち止まり私をガン見、写真の粒子が荒れております


by PUSH-PULL