「路地裏遊歩の参」

b0057679_930122.jpg
家の筋交い(すじかい)
時々頭の中で鎹(かすがい)と筋交い(すじかい)の意味が交差することがある、「どっちだっけ?」と、「子は親の鎹」のかすがいは「コ」字型の金属で二つの柱をつなぎ合わせるもので、筋交いは斜めに入れる補強構造のことでした

と言うことは今日の写真は筋交い、「筋違」とも書くのだが北浜の横堀に架かる橋が「筋違橋」、つまり違う筋に繋がっていたわけで、昔の筋違橋の路面に板が張られていたのを記憶している

写真の筋交いは見事に歩道に突き出ております、昔のこの辺りの隣地境界線がかなりややこしかった名残かも知れません、増築するに当たってそのまま取り込んで面白い造形を見せております、しかし写真を見る限り殆ど補強の効果はないような・・・

私の住む下町は古い家が多く、私の家を含め傾いた家が沢山ある、そして家の端っこに筋交いならぬつっかい棒が取り付けられているのです、昔の家の玄関の鍵は棒を斜めに立てかけたつっかい棒ですね
b0057679_9302683.jpg

[PR]
by push-pull | 2015-04-28 09:34 | 写真 | Comments(0)

ご近所ののらら、面白い配色


by PUSH-PULL