水位

b0057679_8144818.jpg
堂島大橋
天候不順で恒例の早朝徘徊が珍しく2日連続で中止になった、天気予報が当たらない、昨日も夕方から雨が上がると言っていたがほぼ一日中雨、今日も新聞ではお天気マークなのだがまだ雨が降っている

多分大阪市内の橋で、このあみだ池筋の堂島川に掛かる堂島大橋が一番低いのでは無いかと思われる、低いというのはあくまでも水面に対する高さのことなのだが・・・

川の水位は護岸を見れば直ぐ分かる、水が漬かるところまで護岸の色が違うので、水位が低いと黒い部分が広いのだが、この日はこの黒い部分はなし

川下から低いエンジン音と共に船が一艘、私を追い越していった、満潮状態なので船のキャビンの屋根を外しても堂島大橋をくぐれないのではと思っていたのだが、船はスピードを落としながらどんどんと進む

最後ははいはいぐらいまでの速度になり、舳先を突っ込んでいったのだが、キャビン手前で完全停止、しばらく船長さん達は頭を下げ様子をうかがっていたが諦めてバックし始めた

最終的にUターンし護岸に係留したが、一度橋の下まで潜ってから戻ってきた船は初めてだ、普通は早くに諦め引き返すか係留するものだが、この船長さん通れると判断したのであろう

話は変わって面白い記事を見つけた、今日本中を騒がしているイスラム国の日本人拘束、昨年の夏の湯川なる人物が拘束されたときから政府の対応が微妙だったのと、湯川なる人物の行動が不気味だった、今回安部の中近東訪問と「イスラム国に対抗する国への支援」発言に、合わせるように出された身代金要求

後で知ったことだが、昨年秋にジャーナリスのと後藤氏は拘束されその後奥さん宛に何度も身代金が請求され、そのことを政府が知っていたこと・・・そんな中での安部の発言は火に油だったのではと

時々覗く「世に倦む日日」で見つけた記事、まさに驚きの文章で、私もまさかと思うのだが何となく納得する部分もある、それは政府と湯川と後藤が全部繋がっているという推理なのです、今回の事件でもやもやされている方は是非読まれたし

ちなみに「倦む」は「あぐむ」と読みます、実は私もこのサイトを知るまでは読めなかったのだ
[PR]
by push-pull | 2015-01-23 08:22 | 写真 | Comments(0)

近寄ると直ぐに逃げるのらら、コンデジの望遠で、のららに見えませんね


by PUSH-PULL