低い煙突

b0057679_944840.jpg
珍しい?
大阪の町中では銭湯や工場の煙突は別にして、煙突を見ることはまずない、今の学校の暖房がどうなっているか知らないが、煙突がない所を見ると石炭ではないことは間違いない

煙突だけの写真って面白くもないので、子供レベルでいじってみた

暖房は全て電気かガス、そして灯油、煙突の必要な石炭や薪を使っている家は郊外か地方に行かねば見ることもない、灯油でも大型のものになると煙突が必要になってくる

この煙突、一冬の間に一度は掃除をしなくては燃焼が悪くなるのだがこの掃除が大変、もっとも私自身長い間やったこともないのだが・・・久利須村ではずっと薪ストーブ、燃料費はタダなのだが、木を切ってきてさらに短く切り刻み乾燥させる労力は大変なのであります

大学時代の授業でアトリエで裸婦の塑像を作るのだが、真冬は部屋の暖房が大変、石炭ストーブを早くからガンガンに燃やしておかないと、モデルさんが大変なことになるのです

阿倍野ミックスジュース政策の円安のお陰で、灯油もガソリンもとんでもない高額になってしまい、寒冷地には暖房費だけでも厳しいことに

それはそうとこの写真の煙突、何のための煙突か興味がある

公園ののらら、1匹が爪研ぎを始めたら、直ぐ近くの猫が同じように爪研ぎを始めた、見ていると昔のサントリーウイスキーのボトルに入っていた「向獅子」のロゴマークを思い出したのだが、たんまに飲む洋酒のラベルが変わっていてびっくり、洋酒も殆ど無縁の生活になりました
b0057679_9442638.jpg

[PR]
by push-pull | 2014-11-29 09:49 | 写真 | Comments(0)

ご近所ののらら、なかなか可愛いですな


by PUSH-PULL