合わせ景色

b0057679_9201614.jpg
無風の朝の非日常
雨でも降らない限り猛暑でも極寒でも毎朝歩く、毎朝橋を渡る、つまり毎朝川を見るのだがこの写真のような川面の状態は1年で数えるほどしかない

少しでも風が吹くと川面には小さな波が立つ、考えれば水って滑りやすそうで摩擦係数が低く思うのだが、少しの風で波が立つとは結構表面の摩擦抵抗があると言うことになる

海でも波のない日は無いと言うことは年中風が吹いているからと言うことになる

写真を見て合わせ鏡を思い出した、簡単なのは散髪屋で後ろのカット具合を見るとき、これがなかなかちゃんと写してくれませんので、いつも適当に返事したりするのだが、ほんの少し角度があると無限遠の空間が生まれる

万華鏡もこの原理で、調べたらアインシュタインの光と時間の関係も、合わせ鏡を利用して時間が遅くなるのを調べたらしい、ああ、知らなんだなあ〜
b0057679_9205123.jpg

[PR]
by push-pull | 2014-11-04 09:30 | 写真 | Comments(0)

遊歩道の,真っ黒のらら


by PUSH-PULL