はしばし

b0057679_8411038.jpg
お散歩コース
上の写真は土佐堀川の最後の橋、「端建蔵橋」と平行して掛けられているパイプラインの橋脚の一部、何故か水耕栽培状態で稲を見ているようだ、反対側に同じ形のパイプのベースがあるのだがそちらには水がたまっておりません

このような状態で長時間水があると言うことは甚だ問題では無かろうか、施工上の問題とは考えられないのでゴミがたまったのだろう、しかしゴミがたまると言うことはやっぱり設計ミスになる

原発事故後の地下水問題も一向に解決される見込みもなく、肝いりで作られた浄化装置のアルプスもトラブル続きでまだ一度も正常に稼働しておりません

これから工事をするという凍土壁もこれまで実例はなく、一説には地盤沈下の心配があるらしい、地中を凍らすと言う発想も凄いが万が一地盤沈下が事故原発で起きたらと思うと薄ら寒くなって参ります

b0057679_8413365.jpg

b0057679_8413534.jpg
こちらの写真はここ2ヶ月ほど掛かってお色直しされた「昭和橋」、土佐堀川から別れた木津川の最初の橋でこのブログには何度も登場しております

昭和橋は名前が示すとおり昭和7年、複雑な水流と舟の航行の関係で木津川を一跨ぎする必要があり、高度なアーチ型の橋となった

まだコンピューターなどの電子計算機が無い時代に設計されたのは賞賛に値します、面白かったのはそのアーチの下の開口部、ここも新しくネットが張られ真っ新な取り付け金具がある

何のために設けられた開口かは判らぬが、開けっ放しだと鳩やネズミが巣を作ること間違いない、低い位置にもあるので入ろうと思えば人間さえも入れる寸法である
[PR]
by push-pull | 2014-05-31 08:46 | 写真 | Comments(0)

ご近所ののらら、なかなか可愛いですな


by PUSH-PULL