隠れ身の術

b0057679_9111332.jpg
修行の果て
この自転車はどうも忍術の修行を長年やって来たように思われる、今回はその「隠れ身の術」、長期間術をかけたままなので一部破綻してしまったようだ

忍者の術には信じられないような技があり、どう考えてもあり得ない物が多数ある、しかし白土三平には「忍者武芸帳」「サスケ」「カムイ伝」なと素晴らしい忍者のコミックがある、凄い技もさることながら彼の漫画はストーリーが素晴らしい

親子代々目的のために身分を隠す「草」なる存在が・・・敵方に就職し長期にわたってその素性を隠しいざというとき反乱を起こすとは、考えただけでも気が遠くなります、昔と違って日本人がスパイ容疑で逮捕された話を聞かないが、存在しないのか?それとも完全に忍者並みに活動しているのか・・・

そう言えば昭和天皇が亡くなったときの葬式で、棺を運ぶために人たちが京都から呼ばれて砂利の庭を足並みをそろえ歩いておりましたが、そのためだけの身分が存在したと考えただけでも恐ろしかった

調べたら、このときは担ぎ手の京都の八瀬童子は、準備をしていたのに呼ばれなかったらしい、私の思い違いだった
[PR]
Commented by ときがわの怪人 at 2013-09-25 11:05 x
今では図書館にも沢山漫画があるようで、うちの子供たちも熱心にカムイ伝など読んでおります。他にもブラックジャック、釣りキチ三平、はだしのゲンなど。名作はやはり読み継がれていきますね。
Commented by mimopowerOM-1 at 2013-09-25 19:26
八瀬童子って初めて知りました
なかなか興味深いですね
Commented by push-pull at 2013-09-26 09:22
ときがわさま 私世代には図書館に漫画って信じられません、先日もゲンが話題になっていましたが、姪は学校で読んだと言っておりました
Commented by push-pull at 2013-09-26 09:24
みーもーさん 八瀬童子は戦前まで減税されていたとか、まさか八瀬にそんな集落があったとは・・・いまでも
by push-pull | 2013-09-25 09:23 | 写真 | Comments(4)

ご近所ののらら、面白い配色


by PUSH-PULL