一等地

b0057679_8364495.jpg
幽霊ビル
繁華街には商店街とか賑やかの方を歩いているとほとんど気付かないのだが、ちょっと離れたところから見るとこういった幽霊ビルがあちこちにある
地上げの名残、はたまたオーナーの倒産、ゼネコンの夜逃げ等理由が色々あるだろうが、梅田のど真ん中で10年以上も放置されている

通常の金銭感覚から行くと何十億の利益が損なわれているはずだが、実質何の損益も出していないのではないかと想像してみた、もし倒産して取り上げられたら国の持ち物のので税金は要らないし、まだ持ち続けて要るなら固定資産税など税だけの支出となる、ましてや借り入れ云々の関係は大昔に崩壊しているはず

ようあんなとこに懸垂幕を掛けたなと思うのだが、このビルの一階は商店街に面し何と営業しているのである、このペットショップは一時新聞テレビを賑わしたお店で、輸入禁止の動物を密輸入し販売していて、確か逮捕されたはずだが未だに営業しているところを見ると、大阪の町の底知れぬ凄さを見せつけられた気がする

商店街にペットショップ!はやはり問題で、隣近所に飲食店が建ち並ぶ所だけに表まで匂ってくるのは甚だ遺憾である、動物好きの私でも店内の臭いのきつさには抵抗感がある、何故ならケージの掃除不足と放し飼いの犬たちのオシッコがそうさせている

場所的に言えばとんでもない家賃が派生するところなのだが、潰れないところを見ると婦人服や&飲み屋と同じくらいあるいはそれ以上の儲けがあると見た

確かこのビルのオーナーは中国系の人で、北やミナミでは知らぬ人がないぐらいの著名人とか、誰かが彼の私有するビルでのアートイベントの企画を持ちかけたぐらい、そちら方面にも繋がっているとか、真偽の方は定かではない
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-02-19 08:42 | 写真 | Comments(0)

公園ののらら、仲良く並んでおります


by PUSH-PULL