「オモクロ写真 その始終惨」

b0057679_8574226.jpg
健康ソフト
健康MC SOFT 45/4.5の写真をモノクロ変換してみました、前のは川面の反射だが今日のは早朝の木の木漏れ日、2月も終わりになると日差しが水平ではなく私の早朝徘徊時間にはかなり昇っておりますがまだちみたい

何でもない何処にでもある木が、レンズ一つでこんな面白い模様を描いてくれる、もしフイルムカメラ時代だったらこのレンズはここまで楽しめなかったと思われる、デジカメならでは愉楽かもしれません

出来上がった物は見たままを取り込む写真という行為を完全に無視してしまっています、これだけだと単なるフィルターと同じなのですが、絞るとちゃんと映るからやっぱりレンズ(笑)

フィルム時代は色々なフィルターを使ったり、現像液を細工したりでソラリゼーションなどアートの世界の作品を作った写真家がたくさんいましたが、今ではド素人の私が簡単に出来てしまうと言うおそろい時代なのです、ますますプロとアマチュアの境界線が限りなく薄くなる代わりに、アートの世界が遠ざかっていくような気がいたします

デジカメにはカメラそのものの楽しみが少なく、とくに私の好きなスチームパンク的メカニカルな要素が希薄である、最近の工業デザインのレベルは低く碌な商品がなくデザイナー達は何を考えているのかと思うのだが、それとも逆に企業体質が面白いデザインを許さない時代なのか
b0057679_858230.jpg

[PR]
Commented by atsushi_63 at 2013-03-01 18:33
日本人は、目立たぬよう控えめにという精神が叩き込まれていますからね。
奇抜な発想は潰される傾向にありますな。
デザインで頑張ったな!という日本製品のほとんどは、海外のデザイナーが手がけていますからね。
Commented by PUSH-PULL at 2013-03-02 09:08
atsushiさん 考えたら私自身がデザインで生活をしておりました(恥)
by push-pull | 2013-03-01 09:06 | 写真 | Comments(2)

ご近所ののらら、面白い配色


by PUSH-PULL