光の文芸復興、またはルネサンスとも言う

b0057679_8501739.jpg

b0057679_8503594.jpg
図書館のお色直し
毎年中之島のイルミネーションを見に行っている、いつもは土日なのでこの図書館の「シャイニング・アートウォール」はすごい列で見たことがなかった、今年は平日に出かけたので長時間待つこともなく見られたのだが、さすが並ぶだけのことはありました

しかし対岸のビルの温度計は4度、下ごしらえのアルコールが入っているから少しましだがそれでもじっとしていると寒いのだ

図書館の古いネオバロック様式の装飾を上手く利用し、見事なまでの精密な映像が音楽に乗せて繰り広げられます、最近はお寺でもどこでもこの手の光のショーがあるのだがなかなか面白い、高輝度の光源と言うかデジタルの映写機が開発されたからだと思われる

この図書館にはなぜか足が遠かった、いつもは中央図書館の使うことが多いが、市長が替わったとたんこの図書館の存続が取りざたされている、彼の頭の中には市役所の隣の一等地に図書館は必要がないらしい、きっとカジノでもあれば満足するのだろうか

そういえば、大阪に市と府の大学が二つもあるのは無駄という、とんでもない発言があったがこちら方は今のところ落ち着いている

学業向上云々を掲げながら、結局のところ石原と同じ新自由主義の経済指向なのだろう
b0057679_8542384.jpg

[PR]
by push-pull | 2012-12-21 08:58 | 写真 | Comments(0)

近寄ると直ぐに逃げるのらら、コンデジの望遠で、のららに見えませんね


by PUSH-PULL