これはきつい

b0057679_914382.jpg
踏面と蹴上げ
少しでもインテリアに興味があれば知っている言葉だが、蹴上げとは階段の高さのことで、現代は23㎝以下と決められているがこの数字は年寄りにはきつい、踏面は水平面の奥行きのこと

古い雑居ビルでは違反の階段が未だに沢山あり、個人の家だともっとひどいのが一杯

通常蹴上げの方を少なくするのだが、ベティーさんの階段は見た目壁のようで酔っぱらっていると上るのが嫌になるぐらい傾斜がきつい、最近リニューアルされたのか手摺りも階段も新しく感じる

調べたら、JRなど駅の階段は、蹴上げ16.5cm、踏面33cmで、階段勾配としては1/2勾配です。駅の階段はかなり緩やかな勾配でした、もっとも普通の家でこの勾配で階段を作ったらとても長い階段になってしまう

手摺りが付けられているのでまだましだが、それでも下りはかなり危険なぐらい、私の知り合いの女性は古い長屋を改装して居酒屋を営んでいるのだが、彼女は下りるときは後ろ向き、私の家の階段は写真よりまだ傾斜がきついが慣れているので怖くないが、たまに訪れる子供達は最初後ろ向きに下りてくる

階段で感が狂うのは、自転車も一緒にあがれる緩やかな階段と止まったエスカレーターあたり、きつかったのは栂池にあった1段ごとに高さの違う階段らしき石積み
[PR]
Commented by やまひら at 2012-12-09 10:33 x
昨夜は、お疲れ様でした
この急勾配の階段も然ることながら、ガス配管の上に電気の配線が施されている。いくら綺麗なお姉ちゃんが居ても、このお店には絶対に行きません。
Commented by PUSH-PULL at 2012-12-10 09:13
やまひらさま、さすが!言われるまで気づきませんでした、レイアウトはきちんとしていますがヤバイ
忘年会の後、ライブを見に行って、さらに友達とショットバーへ、でも二日酔いは無し
by push-pull | 2012-12-09 09:18 | 写真 | Comments(2)

公園も急に暖かくなりました、のららもノンビリ


by PUSH-PULL