針穴写真

b0057679_856568.jpg
手作りピンホール
この秋初めて長袖のシャツをTシャツの上に羽織ったが、歩き始めると直ぐに暑くなり脱いで腰だめに結ぶ、そう言えば腰でくくるファッションって裕次郎か誰かが流行らしたが、ハイソなイメージが嫌いでやらなかったなあ〜

針穴とはよく言ったもので、まさに縫い針で0.1㎜の銅板に穴を開けて作ったレンズである、最近すっかり楽しんでいるネゴ君(NEX-5N)ですが、今回は一番簡単な針穴写真

フイルム時代にも何度か作ったのだが露出計算が大変で、プリントが上がってくるまでハラハラドキドキ、デジカメだとそのワクワク感はないが直ぐに見られる喜びがあります、今回はおよそ0.2Φの穴なので
フランジバック18㎜÷穴の径0.2㎜=絞りFが90

針穴写真はこの絞りが大きいほど綺麗に写るのだが、フランジが短いので穴の径を0.1ミリ以下にする必要がある

下の2枚が三脚を据えて安治川の最上流、つまり中之島の一番西の端で朝早くに撮影した、綺麗な方がカメラと一緒に入手したSONY18-55/3.5-5.6の18㎜、ボケボケの方が手作りピンホール

普通のレンズだと受光部(イメージセンサー)のゴミは気にならないのだが、針穴だとゴミがハッキリクッキリ、さすがの荒っぽい私でもゴミを綿棒で掃除する勇気はない
b0057679_915099.jpg

b0057679_922840.jpg
ピンホールだと三脚を使っても、下の写真を見たら判るように手持ちでもボケ具合は同じで差がない、これもネゴ君の感度の良さが原因していると思われる
b0057679_924779.jpg

b0057679_93268.jpg

[PR]
Commented by 白髭 at 2012-10-15 09:28 x
デジカメを高感度にすれば手持ちで撮影できるのなら ピンホール写真も極々気楽になりましたなあ。
Commented by PUSH-PULL at 2012-10-15 13:13 x
白髭様
なんせネゴ君のISOは100〜25600,と言うとんでもない数字です
by push-pull | 2012-10-15 09:08 | 写真 | Comments(2)

公園ののらら、朝ご飯が運ばれるのをみんなで待っております


by PUSH-PULL