川の顔

b0057679_8401366.jpg
堂島川
毎朝橋を渡る、幾つも渡る、間違ってもひとつだけはありえない、日によって水位がまるで違っていて昨日なんぞは前日より2m近く低い、堂島川逃れはゆっくりで余りゆっくりすぎて下手すると遡上してたりするのだが、昨日は思いっきり早かった

先日の堂島川の写真で丁度朝日放送辺りはゴミが一杯、ゴミの周辺の水面に波紋が沢山見える、近寄ってみると小魚でどうもボラの稚魚のようである、ボラも出世魚らしくハク→オボコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド(関西)、知っていたのはイナだけなのだがボラにこんな名前の種類があるのを初めて知りました、それともひょっとしたら鯉かしら

この川で見るのは鯉が圧倒的に多く、後はボラとチヌぐらいで淀川に行くと汽水域辺りは色々な魚が生息しているが、今年は淀川の鰻が話題になっている

淀川で釣ったり見たことのあるのは、チヌ、セイゴとスズキ、ハゼとフルセ、サヨリ、小さなカレイ、蟹、鰻、鯉、フナ、イタセンバラにオイカワに外来魚

小魚の波紋の向こうにでっかい漂流物が、遠くから見ると大きさ的に余計なことを考えてしまう、実際は大きな枝にゴミが付着した物と思われるが優に2mは越えている、しかも流れは逆でゆっくりと川上へ移動中

普段は少しはましな川なのだが、大雨の後などは何処から流れ込んだかと思うぐらいの色々な漂流物がある、大半は植栽かペットボトルを代表とするゴミ類、日中は余り川沿いを歩かないが、今でも川のゴミを集めて廻るベルトコンベヤ式の掃除の船を操船しているのだろうか
b0057679_8402759.jpg

[PR]
by push-pull | 2012-09-25 08:50 | 写真 | Comments(0)

公園で久しぶりに会ったミニピンの太郎君、商店街に昔からあるお茶屋さんのわんこ、気が向くとこうして飛んでやってくる


by PUSH-PULL