「冗談漫画68」ばっど あっまいど

b0057679_8164076.jpg

b0057679_8171638.jpgアルカイック・スマイル
アルカイックは大学の彫刻のお勉強で知った言葉である、仏像の始まりの頃の顔の表情のひとつで、微妙な笑顔を差す、最初は古代ギリシャのアルカイク美術の彫像に見られるちょっと不気味な顔がそれで、良く知られているところでは、京都太秦広隆寺にある弥勒菩薩半跏思惟像

で、今日の写真の男との関係だが、数年前に最初見た瞬間上の話が繫がったのだが、それ以後数ヶ月間隔で見かけ意識するようになった

もっともこのおっちゃんを意識したのは顔ではなく手に下げている傘!、女性の日傘は珍しくないがおっちゃんでは希有、しかも持っているのは日傘ではなく雨傘、しかも真冬でも曇天でも傘を持ち、しかもこの傘を差しているところを見たことはない、しかも歩き方が大股でゆっくり、しかも歩く姿勢がよろしい、しかも腰の後ろに当てられた手

アンブレラマンの顔は何時も同じで動きがない、口角が少し上がっていて何時も少し笑っているように見える、笑うという表現は当たっていないかも知れないが一度見ただけで記憶に残ったのだ

話は変わって、昨日のニュースと今朝の新聞を見て余りのアホらしさに怒鳴る気力が失せそうになったが、それではダメだと・・・、原子力ムラのやることは図々しいというかぬけぬけと同じことを繰り返す物である

ばれりゃ謝れば済むと思っているのだろうか、話しは「エネルギー意見聴衆会」、3段階に区分すること自体問題があるのに、こともあろうか電力会社に原発関係者が個人として意見を述べたのだ、おまけに他府県からわざわざやってきて発言している

余りの批判の多さに少しは変わりそうだが、こんなプランが大手を振って通ってしまうところに問題がある、広告代理店に丸投げと言われていたが調べたら、請け負ったのは電通ならぬ博報堂でありました

デザイン事務所時代、長い間博報堂の仕事をしていたのである意味思い出深いものがある、代理店の担当者は依頼を受けて何の疑問も抱かず、やらせのプランを飲み込み実施したのかその辺りを知りたいのである
[PR]
by push-pull | 2012-07-18 08:32 | 写真 | Comments(0)

遊歩道の,真っ黒のらら


by PUSH-PULL